Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

ワールドトリガー

ワールドトリガー175ネタバレ画バレ最新話!速報あらすじ感想考察も

投稿日:

ワールドトリガー175ネタバレ最新話

 

ジャンプSQの人気漫画『ワールドトリガー』最新話175話のネタバレです!

 

東隊の陽動によって作戦をまとめられない修でしたが、遊真のフォローもあり、ヒュースは一人で攻めを継続することに。

小荒井を発見したヒュースと東の最後の交戦が始まります。

 

戦いを通して、強くなっていく玉狛第二。

そんな彼らの戦いをB級1位の二宮隊も見つめていました。

 

『ワールドトリガー』単行本最新刊19巻についての情報もまとめています。

『ワールドトリガー』19巻を無料で読む方法も紹介しているので必見です!

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175ネタバレあらすじ

ワールドトリガー175ネタバレ最新話

 

『ワールドトリガー』最新話175話「ヒュース⑦」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175話ネタバレ:最後の攻防

モール内で小荒井を発見したヒュースはアステロイドを準備。

そのヒュースにはそんな自分を狙う影が見えていました。

「そう来ると思っていた!」とその影に弾を放ちます。

 

しかしその弾が捕らえたのはバックワームのみ。

東はその影の逆方向から近距離で射撃し、その弾はヒュースを完全に捕らえます。

 

完全に撃ち抜かれたヒュースでしたが、手元に残しておいた弾の半分で、東へ最後の攻撃。

撃破とはなりませんが、東の足を打ち抜きます。

 

東の活躍で最後に追加点を獲った東隊は、時間切れを狙うか、即ベイルアウトするかの決定を、相手次第と、待ちに徹します。

しかし、東隊の二人が足にダメージがあるのを知っているヒュースはチカに爆撃を指示。

逃げながら狙撃は出来ないはずの東は、一発撃てば退却するだろうと判断します。

 

その言葉で、チカはメテオラで爆撃。

様子を伺っていた東も退却を指示します。

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175話ネタバレ:試合終了と振り返り前半戦

東隊の二人の自発的ベイルアウトで試合は終了。

玉狛第二は生存点を含めて大量6点を獲得し勝利します。

 

玉狛のルーキーの活躍で盛り上がるものの、解説陣の興味は最後の攻防での東の変わり身の術に。

バックワームとライトニングを囮にした恐るべき戦術に犬飼も驚きを隠せません。

一方でヒュースもそんな東にダメージを与えることで、退却に追い込んだ事を嵐山は評価。

 

そして改めて試合の振り返りが始まります。

序盤は鈴鳴第一の暗闇戦術が面白かったと語る犬飼ですが、結果として1点しか取れなかった事を別役は悔しがりますが、すかさず来馬がフォロー。

嵐山もそんな鈴鳴第一をしっかりと評価します。

 

玉狛参戦以降についてはヒュースのエスクードが話題に。

村上の活躍もあり鈴鳴第一と玉狛第二はギリギリの勝負となりましたが、全体を通してフォローに回った遊真の活躍が勝負を分けたとのこと。

そんな解説の言葉を聞いて遊真とヒュースはお互いの活躍を認め、拳を軽く合わせます。

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175話ネタバレ:振り返り後半戦

そんな中で影浦の動きがイマイチだったと犬飼。

いつもよりも消極的な動きに見えたようです。

 

「そうだったの?」と北添に聞く絵馬ですが、北添は、「絵馬の遠征選抜入りがかかっていたから若干気負っていたかも」と答えます。

自分のために、と驚く絵馬に影浦も「まだ終わりじゃねーぞ、やりてーこと見つかったんだろ」と声をかけます。

絵馬の為に選抜入りを意識して戦ってくれた影浦に絵馬も力強く「うん!」と答えます。

 

その後は東隊の奥寺と小荒井が撤退を選んだことに成長を感じる解説陣。

とはいえ逃げることしか出来なかったことに、二人は落ち込んでいますが東さんもその点を評価。

「今まではアタッカーとしての連携に限定してやってきたが、今後はサブトリガーを解禁していこう」と二人のやる気をアップさせます。

 

ここで修は試合中から気になっていた、ヒュースが変化弾を使わなかった理由を聞きます。

ヒュースはこの試合で影浦隊から大きくリードを奪う予定だったものの、影浦が村上の点になった時点で、この試合で決定的な差をつけられないと判断。

この試合で決めきれないのであれば、より次戦が重要となるため、次の試合の切り札として使わなかったのです。

 

修はそんなヒュースの「必ず遠征に連れていく」との発言や遊真の言葉を思い返し、ヒュースへの信頼を深めるのでした。

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175話ネタバレ:そして最終戦へ

夜の部が残っているので暫定的ではあるものの、玉狛第二は影浦隊と並んで同率2位。

しかし同点の場合はシーズン開始時の順位が高い方が上にくるとのことで、最終戦までわからない状態に。

 

そんな戦いを二宮隊隊長の二宮と辻、そして太刀川隊の出水が観ていました。

ランク戦では過去の組み合わせ回数が少ない部隊ほど戦う可能性が多いようで、玉狛第二が遠征選抜に行けるかは二宮隊にかかっていると出水。

しかし二宮は「どこが来ようと、撃ち落とすだけ」とクールな対応。

 

玉狛がここまで来た感想を尋ねる出水でしたが、逆に二宮が尋ねます。

「玉狛の評価は変わったのか?」と。

 

二宮隊と玉狛第二が初めて戦う前にも聞いた出水の玉狛第二の評価。

その時の事を思い出しながら、「今なら面白くなりそうかな」と出水は答えます。

その言葉を肯定するように、「つまりはそういうことだ」と二宮も応じます。

 

長かったB級ランク戦の最終ROUND8まであと4日…!

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175ネタバレ感想考察

ワールドトリガー175ネタバレ最新話

 

ついに長かったB級ランク戦ROUND7が終わりましたね!

ヒュースもまずまずの戦いを見せてくれましたが、本人にとってはいろいろ思うところもあり、隠し技は次戦に取っておくことに。

 

ROUND8が一番の強敵になることは必至ですから、懸命ですね!

やはりそれだけヒュースもこの戦いに懸けているということなのでしょう!

 

総合評価的にもかなり躍進してきた玉狛第二。

修の嫌な空気は晴れたのかな…?

 

スポンサードリンク

ワールドトリガー最新話175話ネタバレまとめ

ワールドトリガー175ネタバレ最新話

 

ヒュースと東の最後の攻防戦が描かれた今回。

結果以上にそれぞれの判断が素晴らしいものでした。

 

負けた部隊も見所が多く、皆今後の更なる成長を感じさせました。

ヒュースは戦いの中で最終戦のこともしっかりと考えた上での行動をとっており、修もヒュースへの信頼を強めました

最終戦では二宮隊との戦いが間違いなくあると思われますが、その他の部隊にも注目です。

 

あと4日間あるので、それぞれどのように過ごすのかも気になりますが、ガロプラの妨害もあり得ますし、次の展開に期待です。

 

次回の『ワールドトリガー』第176話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-ワールドトリガー
-, , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.