Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

七つの大罪

七つの大罪299ネタバレ確定!最新話画バレ速報あらすじ考察も

投稿日:2019年2月5日 更新日:

七つの大罪299ネタバレ

 

佳境を迎えている『七つの大罪』の最新話299話のネタバレ内容が入ってきたので紹介します!

 

前回298話まではマエルがキャメロットに到着したことで一気に形勢逆転した七つの大罪たち。

原初の魔神を一発で破り、ゼルドリスにも余裕で打ち勝とうとしていました。

 

しかし今回、ついに魔神王が復活してしまうというのです…。

その姿は以前までのメリオダスではなく、かなり成長してエスタロッサのようになってしまうとか…?

 

では、『七つの大罪』最新話299話ネタバレ内容を紹介していきますね!

 

前回の『七つの大罪』298話の内容を知りたい方は別記事にまとめていますのでご覧ください!

 

また次回の『七つの大罪』300話の内容も判明しています!

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ

七つの大罪299ネタバレ

 

現在判明している『七つの大罪』最新話299話「すべてが凍り付く」は下記の通りとなります!

 

 

表紙は上半身裸で引き締まった体を見せるゼルドリス。

力こそ全てだというゼルドリスの強い心が表現されたシーンになっています。

 

しかし冒頭、いきなりゼルドリス殴られます!

前回からの続きとなりますが、『七つの大罪』298話ラストでのマエルのパンチは相当な威力だったようですね。

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ:時間停止まで残り3分

マーリンの詠唱は残り3分!

この様子だと充分にマエルがゼルドリスを倒し、時間を稼げそうです。

 

ゼルドリスは肉弾戦は不利だと思ったのか、溶けてしまった剣に闇の剣を生み出し、再び凶星雲を発動しようとします。

対するマエルは両手の先に手裏剣のような光を生み出しました。それを鋭く回転させた武器を扱うようです。

 

ゼルドリスは低く身をかがめ、一気に突っ込んで連続攻撃を仕掛けます!

しかし全てを止めていくマエル!

やはり両者の力は拮抗しています。

 

マーリンの詠唱は残り2分!

そのことに気づいたゼルドリスは一瞬マーリンの方を見て、隙を与えてしまいます。

 

その隙に連続で突きを繰り出すマエル!

 

あまりの攻撃にゼルドリスはなすすべなく、ついに倒れてしまいました…。

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ:ゼルドリスの意地

しかし!それはゼルドリスがマエルに見せた幻影!

本物のゼルドリスは既にマエルの背後を捉えていました。

 

マエルが気付いた際にはゼルドリスが特攻を仕掛けており、マエルの腹を斬り裂きます!

リュドシエルがマエルを心配して叫ぶ!

マーリンの詠唱は残り1分!

 

ゼルドリスはもう一気に全員に攻撃を仕掛けようと、なりふり構わず斬撃を飛ばします!

 

しかし、七つの大罪たちはキングが霊槍で守ったため全員無事でした。

キングはゼルドリスの暴走を愚かだと嘆きます。

 

 

焦る目をしながらも斬撃を飛ばし続けるゼルドリス!

そんなとき!

 

ゼルドリスの背後を捉えたマエルが、ゼルドリスの背中を斬ります!

 

 

地面に落ちたゼルドリスですが、耐久力が強く再び立ち上がります。

しかし、目が朦朧として闘うことが出来ません…。

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ:時間停止発動

その時、マーリンの詠唱が遂に発動を迎え、時間停止が作動しました!

ゼルドリスは、魔神王を復活させられなかったことを嘆き、涙を流しながら倒れます…!

 

 

何とか最悪の事態は免れたので、七つの大罪たちは喜び合います!

エスカノールはマーリンを、リュドシエルはマエルを、支えながらもねぎらいの言葉をかけます。

ヘンドリクセンはキングが成長したことに気づかず、いまだにキングを探し続けていました。

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ:すべてが凍り付く

繭を上から見ようと、ホークが繭の上に飛んでいきました。

 

そのとき、今まで見ていなかった繭の後ろの部分に、大きな亀裂ができていることが判明します。

 

すると、急に凍り付くような空気感に襲われる七つの大罪、マエル、リュドシエルたち!

 

全員が冷や汗をかきます…。

 

 

エリザベスは背後に、誰かの気配を感じ取ります。

 

ゼルドリスは倒れながらも、その人物の姿を確認。

 

 

そこには、青年の姿となった魔神王メリオダスが妖しい笑みを浮かべて立っていたのでした…!!!

 

 

 

以上が『七つの大罪』299話の最新ネタバレ情報となります!

次回『七つの大罪』300話は「魔神王メリオダス」です!

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレ感想

七つの大罪299ネタバレ

『七つの大罪』最新話299話ネタバレの感想です。

 

ついに復活してしまいましたね…、闇の盟王、魔神王メリオダス。

やはり、キリよく300話を狙っていたのでしょうか!

 

見た目的にはエスタロッサに近くなったと言えるほど、体格が成長を遂げています。

髪も長髪で、ストレート。ただ髭などはありません。

 

そしてエスタロッサと違う点といえば、眉です。

エスタロッサは悲しそうな下がり眉をしていましたが、メリオダスの場合は上がり眉で完全に自信たっぷりの様子です。

この辺りはメリオダスを徴収している部分ですね。

 

さて、時間停止の禁呪がようやく発動したにもかかわらずなぜ出てこれたのか。

おそらく禁呪が発動する直前に繭を破って出てきたのではないでしょうか。

 

マーリンの禁呪、かなり効果的だったのですが、やはり詠唱の時間がかかってしまったのが問題でした。

これはもう、そうなるべくしてなってしまった結果ですね…。

 

 

ゼルドリスはよく禁呪発動まで耐え抜いたと言っても過言ではないでしょう。

最後は暴走しなければならないほど、マエルとの実力差は開いていたのでしょうね。

 

しかし最後にはゼルドリスの想いが届き、魔神王メリオダスは復活することになってしまった。

皮肉にも、ゼルドリスが真の勝者といえそうです。

 

 

この魔神王メリオダスに、七つの大罪たちはどうやって打ち勝つことが出来るのでしょうか!?

 

スポンサードリンク

七つの大罪最新話299ネタバレまとめ

七つの大罪299ネタバレ

 

『七つの大罪』最新話299話のネタバレを紹介してきました。

 

サブタイトル、「すべては凍り付く」というのは言葉通り、すべての人の表情が凍り付くほどマズい事態になったということでしたね。

魔神王ゼルドリスはかなり自信がありそうなので、余裕で七つの大罪たちを倒してしまいそうです。

もしかしたら全員一気にやられてしまうかもしれません…!!

 

次回の『七つの大罪』300話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-七つの大罪
-, ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.