Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

最後の西遊記

最後の西遊記ネタバレ3最新話確定!漫画あらすじ感想考察も

投稿日:

最後の西遊記ネタバレ3最新話

 

週刊少年ジャンプの人気漫画『最後の西遊記』最新話3話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

自分の恐怖から生まれた妖怪と蔵の中で対峙した龍之介。

かつて母が自分に示してくれたように、実現できないと思われるような事を見事に成し遂げます。

 

コハルのありがとう、という言葉で改めて家族になれたことを実感するのでした。

 

そしてコハルを狙う敵の存在と加速する悪意が新たなる展開に物語を導くのです。

 

前回の話はこちら!

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレあらすじ

最後の西遊記ネタバレ3最新話

 

『最後の西遊記』最新話3話

「サイケイ記」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ:母の死

龍之介はかつて母を看取った時のことを思い返します。

 

病室のベッドの上でけして目覚めないまま死んでいくしかないと言われた母親。

彼女を看取るために寝泊まりしていた龍之介は母の呼ぶ声で目を覚まします。

 

手を握る龍之介に母親は優しく微笑みながらホームランが見られなくてごめん、と謝罪して息を引き取りました。

 

謝る必要などなかったのに。

母親はなに一つ悪くなかったのに。

 

コハルが謝罪するたびに母親の姿と重なって胸が痛くなるのです。

龍之介は決意します。

恐怖を乗り越えて、妖怪を倒すというホームランを打つ、と。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ:恐怖に打ち勝つ

妖怪が吐き出した攻撃を龍之介ははじき返します。

蔵の中は暗闇のはずなのに動きが見えるのです。

 

父親は言いました。

この棒が使える条件は、ありえないことなどないと知っていることだ、と。

 

龍之介はその条件を満たしていました。

 

伸びろ、如意棒!

龍之介が心で叫ぶと棒は伸び、一撃で妖怪を分断したのです。

 

両断された妖怪は蒸発するように消えました。

ゆっくりと蔵の扉が開き、光が満ちていきます。

 

コハルは小さな声でお兄ちゃん、と呼びかけました。

そしてごめんなさい、と言おうとして言葉を飲み込みます。

代わりにありがとう、と笑顔で言ったのでした。

 

コハルの涙を見て龍之介も同じように笑いながら涙を浮かべました。

 

いつのまにか夜は明けています。

微笑むコハルを背負う龍之介。

二人は改めて家族となったのでした。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ:三蔵法師

ガレージで父親が如意棒を分断しています。

電動工具の丸のこで。

半分になった如意棒を差し出す父親に、龍之介はそんなんでいいのか、とツッコみます。

 

どうやら父親もそんな風にして如意棒をもらったらしいのです。

 

龍之介は改めて問いかけます。

家の寺には三蔵法師の像がある。

自分は孫悟空の子孫なのか、と。

 

父親は否定すると続けました。

かつて世界に妖怪があふれた時代。

 

妖怪退治に旅をした三蔵は、蒙が啓いているものに如意棒を分け与えていました。

そうして伝わってきたのが龍之介の持つ如意棒だというのです。

 

それはつまり過去の時代にコハルと同じ能力を持つものが悪意を持ってそれを使ったということなのです。

それの名前は混世魔王、系。

 

魔王には何人もの従者がいました。

龍之介をコハルに愛させる必要があったのは、コハルの力を狙う魔王の従者にコハルを奪われた時の保険だったのです。

従者の目的は世界を妖怪で満たすこと。

 

そして一言で蒙を啓く力があるのはコハルただ一人。

ゆえにコハルは狙われるはずだ、と。

 

そして従者たちも特別な手順を踏めば他人の蒙を啓くことができます。

彼らはいまだに存在し続けているのです。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ:コハルを狙うもの

どこかの文化センターの講演会で。

涼しげな見た目の少年が演壇でさようなら、と言いました。

 

蜘蛛のような妖怪に食われていく人々に向かって。

 

一人残らず食い終わった蜘蛛の妖怪をさらに少年が倒しています。

少年は如意棒のような武器を持っているのです。

 

少年は仮面をつけた二人の怪しげな人物を連れていました。

そしてその一人に話しかけます。

結構な人数の恐怖を一つの形にまとめることができた、と。

 

しかしただの人間みたいに長い時間がかかってしまった。

早く系が欲しい、と少年は虚空に向ってつぶやきます。

 

そしてそっと訂正します。

今の名前は杜子春だった、と。

 

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ感想考察

最後の西遊記ネタバレ3最新話

 

「サイケイ記」というサブタイトルからすでに意味深な感じがしましたね。

 

今回登場したサイと呼ばれる少年とかつて系(ケイ)と呼ばれていたコハル。

 

二人の関係性が気になります。

系は魔王の名ですがコハルと同一人物なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ展開予想

最後の西遊記ネタバレ3最新話

 

ここからは、『最後の西遊記』最新話3話、4話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ展開予想:コハルの能力

人間の持つ恐怖を妖怪として具現化させる能力というのはとても厄介ですね。

恐怖が強ければそれだけ強い妖怪が出て来てしまう。

龍之介は恐怖を乗り越える度に強くなっていくのだろうなと思います。

 

次回は見事、コハルの信頼を勝ち取れるような気がします。

 

コハルが龍之介に出会うまでどのような生き方をしてきたのかも気になりますね。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレ展開予想:新たなる仲間

それにしても、龍之介の武器は如意棒をモチーフにしているということでしょうか。

タイトルの西遊記、武器が如意棒、ということは少なくともあと二人の仲間が出てくるんじゃないかな、と思います。

どのような性格のキャラが出てくるか楽しみです。

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新刊への準備・他ジャンプ最新刊が今すぐ無料で読める方法

ここまで『最後の西遊記』最新話についていろいろ書いてきましたが、やはり絵付きの方が面白いですよね!

ただ、漫画村やzipなどの違法アップロードで読んでいる方は危険性も多いので、今から紹介するオススメの方法に変えましょう!

 

最近は、若者の間で大流行している電子書籍+動画配信サービス【U-NEXT】が一番オススメです!

漫画の品揃えが160,000作品と非常に充実しているだけではなく、アニメの見放題も2,000作品ととても多いことでも話題です。

さらに、雑誌『家電批評』2019年4月号にて、最新ベストバイランキングVOD編で見事1位にもなった超人気サービスです!

 

そして今回、U-NEXTをオススメする理由は!!!

31日間無料トライアルキャンペーンという非常にお得なキャンペーンを展開中!

且つ登録直後にもらえる600ポイントですぐに最新刊を1冊無料で読めるからです!

 

『最後の西遊記』はまだ連載が始まったばかりで単行本は発売していませんが、最新刊が出る前に登録しておく、または他ジャンプ単行本を読むために登録しておくのもオススメですよ!

 

私も実際に無料トライアル期間ということで登録し、体験してみました!

そして31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした!

 

↓↓【U-NEXT】を今すぐチェック!↓↓

最後の西遊記ネタバレ3最新話

読める漫画の種類も豊富ですし、見放題の動画もあるU-NEXTのサービスは非常に充実しています。

『最後の西遊記』最新刊を読むために準備しておきたい方は、この31日間無料トライアルキャンペーンを絶対逃さないようにしてくださいね!

今回の内容は2019年4月時点のものになるので、最新配信状況はU-NEXT公式HPにて確認してみてください。

ただ、31日間無料トライアルキャンペーンがいつ終わるかというのは分からないので、この機会に是非利用してみましょう!

 

スポンサードリンク

最後の西遊記最新話3話ネタバレまとめ

最後の西遊記ネタバレ3最新話

 

龍之介の心の強さと決意の力により、見事に妖怪を打ち倒すことができました。

 

そんな龍之介を見てコハルもごめんなさいという謝罪ではなく、ありがとうと感謝の言葉を伝えるのでした。

 

父親により過去の敵の存在が明かされ、その言葉を裏付けるように新たな妖怪が現れます。

 

次回、龍之介たちはこの敵と遭遇することになるのでしょうか。

 

次回の『最後の西遊記』第4話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-最後の西遊記
-, , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.