Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

ONE PIECE

【ワンピース】ホーキンスとアプーがカイドウ部下になった理由とは

投稿日:2018年10月31日 更新日:

 

ドレスローザ編終了後にカイドウと対峙したキッド・ホーキンス・アプーのうち、ホーキンスとアプーは現在カイドウの部下として動いていることが判明しています。

元々四皇を全部討ち取る予定だったのに、なぜカイドウの部下となってしまったのか?

ホーキンスとアプー、二人の思惑が何なのかという観点で考察していきます!

 

 

スポンサードリンク

ホーキンスとアプーがカイドウの部下になった理由

ホーキンスとアプーがカイドウの部下になった、もしくはならざるを得なかったとする理由を考えていきます。

バジル・ホーキンスのホーキンス海賊団、スクラッチメン・アプーのオンエア海賊団、そしてユースタス・キッドとキラーのキッド海賊団は、3つの海賊団で海賊同盟を結んでいました。

その目的は、四皇の一人である“赤髪”のシャンクス打倒のためですが、シャンクスを倒した後はさらに次の四皇討伐へと向けて考えていたに違いありません。

 

しかし彼らは、空島からの飛び降り自殺を計って傷ひとつつかずに出てきたカイドウと先に遭遇してしまいます。

 

出典:ONE PIECE

 

そして彼らのうちキッドについては、ボロボロになってカイドウのいる鬼ヶ島の牢獄に入っていたので、おそらくキッドはカイドウに向かっていき、全く歯が立たずに倒され、そのまま捕らえられてしまったのでしょう。

 

ではその際、同盟を組んでいたホーキンスとアプー、キラーはどうしたのか?

おそらくは下記のどちらかでしょう。

 

  • キッドと共に立ち向かおうとしたが、カイドウがキッドをつぶす姿を見て、カイドウと戦うことを諦め、降参した
  • もともと最初に狙うはカイドウではなくシャンクスだったので、カイドウとは戦う気はないと諦め、キッドが立ち向かっていくのを傍観していた

 

キラーはおそらくキッドと一緒に立ち向かったのでしょうが、ホーキンスはおそらく先に占いをしたと思います。そこで、この戦いに勝つ確率、生き残る確率などを占ったのでしょう。

状況からして勝つ確率は限りなく0に近い数字、そして生き残る確率は少ないながらもわずかに数字があったと考えます。

生き残る確率が少しでもあるならと、ホーキンスはその数字に基づいて降参したのかもしれません。

 

アプーは陽気な性格でもありますが、戦局を見極める確かな目もあります。

ホーキンスの占いも見て、自分もこの先カイドウの傘下に加わった方が命が続くと考え、降参を考えたのでしょう。

 

ただ、カイドウとしては強い海賊団を作りたいと思っていますから、二人の強さも知らずに仲間に迎え入れることはしないはずです。

事前に超新星としての情報は新聞などで手に入れていたかもしれないので、そうだとすれば二人の心変わりをそのまま受け入れたかもしれません。

しかし何も情報がないなら、二人にワノ国の村などを破壊させたり敢えて部下と戦わせたりすることで二人の行動が嘘でないと知り、改めて部下に加えたとも考えられます。

 

以上のことから、ホーキンスもアプーも、カイドウの傘下に元々加わりたくて入ったとは考えにくいです。

あくまでもこの先のことを考え、どうするのが生き延びられるかとしたときにカイドウの部下になった方がいいとして、カイドウの部下に加わったと考察します。

 

 

スポンサードリンク

ホーキンスとアプーの今後の展開予想

今後のホーキンスとアプーの動きについてですが、おそらくカイドウの元を離れるべく動くことになると予想します。

それは、ホーキンスとアプーがもともとカイドウの部下になりたかったのではなく、自らの野心があって海賊団を立ち上げていることと、一度はキッドと海賊同盟を結んでいることからです。

 

カイドウの強大な力に屈して部下にならざるを得なかったとしても、特にホーキンスであれば今後の行方などを何度も占っているはずです。

占いをする光景は、ルフィに会ったときもありましたね。一ヶ月後に生きている確率を占っていました。

その瞬間に生きている確率ではなく、今から一ヶ月先の生きている確率を占ったのです。これは妙ですよね。

 

ホーキンスに限っては戦局を見極めているのです。現在のワノ国において最も強いのは誰か、どの人に付くのが適しているのかを。

それを、アプーにも適宜知らせて動いているのではないでしょうか。

 

もちろん、キッドと共に戦ったであろうキラーは確実にキッドを助けに行くはずですから、ルフィと共闘することになるでしょう。

そうした動きも見て、戦力の強さがルフィ側にあると悟ったときに、カイドウ側から寝返ってホーキンスとアプーは反旗を翻すことになるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、ホーキンスとアプーがカイドウの部下になった理由と、今後二人はどのようにワノ国編に絡んでいくのかを予想してみました。

もともとカイドウの部下になることを望んではいないはずなので、確実にホーキンスもアプーも寝返ると考えています。

二人は強大な戦力となるので、ぜひルフィ側の力になってほしいですね!

 

 関連  【ワンピース】ホーキンスが謎過ぎ?強さや能力とカイドウとの関係は

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-ONE PIECE
-, , , , , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.