Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

七つの大罪

七つの大罪297最新話ネタバレ確定!マエル原初の魔神と決戦へ!

投稿日:

七つの大罪297最新話ネタバレ

 

漫画『七つの大罪』最新話297話のネタバレ確定情報を紹介します!

今回297話はマエルに受け止められたエスカノールが、自分の持つ太陽の恩寵をマエルに返そうとするも拒否され…という問答が続きます!

マエルとしては、一度闇に染まってしまったので自分は持つ資格がないと考えています。

しかしこの先の大戦では確実にマエルの力が必要となる!エスカノールはある方法を使って見事にマエルに太陽の恩寵を渡しました!

そして、原初の魔神VSリュドシエルも大きく展開を見せています!

 

それでは気になる漫画『七つの大罪』最新話297話のネタバレをお届けします!

前回『七つの大罪』296話をまだ読んでいない方はこちらをご覧ください。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297ネタバレ最新話「太陽の救済」

七つの大罪297最新話ネタバレ

 

漫画『七つの大罪』最新話297話「太陽の救済」のネタバレ確定情報です。簡易ネタバレはコチラ。

七つの大罪297ネタバレ画バレ最新話!速報あらすじと感想考察も

  漫画『七つの大罪』最新話297話のネタバレです! 前回296話では、メリオダスの繭に戒禁がすべて集結してしまい、魔神王が復活してしまうのかという窮地に、マーリンが奥の手で時間操作の禁呪を繰り出しま ...

続きを見る

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:エスカノールが七つの大罪に合流

原初の魔神によって飛ばされたエスカノールをキャッチしたのはマエル!

マエル自身、一度は敵として戦ったエスカノールとこんな形で再会するということに驚いていて、きっと太陽の恩寵がもたらした巡り合わせなのだろうと感じていた。

 

エスカノールは自分を抱えているマエルを見上げる。

最初は十戒のエスタロッサかと思ったが、その雰囲気からすぐ、四大天使のマエルだと気付く!

 

マエルの周りを飛んでいるディアンヌ、キング、ゴウセル、ホーク、エリザベスたちはエスカノールが心配!

ボロボロじゃない!と不安になるディアンヌ。

ゴウセルは、かなりひどくやられてしまったねとエスカノールの姿を見て言うが、それをホークがお前も変わらんと伝える。

 

エスカノールは皆に対し、不甲斐なくて申し訳ない…と謝るも、そんなことは気にするなとばかりにエリザベスが“健やかなれ”を与え、エスカノールの傷が回復する。

 

 

よく自分を捕まえられたなとエスカノールがマエルに言うと、妖精王が見ていたからだとキングの方を見る。

エスカノールはまだキングの姿が進化したことを知らなかったので、その姿の変わりように驚きを隠せない!

 

キングはエスカノールが無事だったことを喜ぶも、エスカノールがキャメロットから抜けてしまったことでかなり苦しい状況になってしまったと、現状の報告をする。

 

 

エスカノールはマーリンがメリオダスの繭を必死に止めていることを思い出す。

 

そして、マエルに兄からいろいろ聞いていると話をし始めた。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:マエルには太陽の恩寵を持つ資格がない

エスカノールが聞いたのは、自らの魔力である「太陽(サンシャイン)」は、元々はマエルのものだったということ。

 

それを聞いてキング、ディアンヌ、ホークは驚く!

 

エスカノールは思いのたけを伝える!

どうか力を貸してほしい、そのためならこの「太陽」をお返しするから!と。

 

 

マエルは、力になるのは当然と言った。

しかし、恩寵を受け取ることはできない、と拒否をする。

 

そもそも太陽の恩寵がマエルから離れてしまったのは、マエルが闇に染まってしまったために見限ったのだということ。

そして、永い永い年月を経た後に出会ったエスカノールを新しい宿主と選んだ、という真っ当な順序がある。

マエル自身は一度闇に飲まれてしまった以上、太陽の恩寵を持つ資格などないと伝えてしまう。

 

エスカノールは、それでもお願いを続ける。マエルに太陽の恩寵を戻したいと。

 

それは、自分自身の寿命がもう、太陽の恩寵に耐えられるだけのものがないということを知っていたからでもあった。

そして、この「太陽」がなければ、原初の魔神、ゼルドリス、そして復活するかもしれない魔神王にはかなわないと。

 

 

それでも迷うマエルに、エスカノールはある言葉を伝える。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:エスカノールは太陽の恩寵を貸すと言う

どうしても受け取れないというなら、どうしてもあなたにその資格がないというなら、それでも私はあなただからこそ使ってほしい!

 

だから、マエル、あなたにこの「太陽」の恩寵、貸してあげましょう!!

 

この言葉にマエルは驚く。

貸すって…そんな強引な…。

 

ただ、エスカノールの想いが本気であることに、エスカノールの目から流れる涙を見て、マエルは気づく。

この者は私を心から頼っているのだと。

 

そして、エスカノールはさらに続ける。

僕の大切な人たちをどうか、救ってください!!

 

マエルにも大切な人がいた。兄であるリュドシエルだ。

彼のことを救わねばならない。救えるのは自分だ。

 

マエルの決意が固まっていく。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:リュドシエルVS原初の魔神

一方、キャメロットでは戦いが熾烈を極めていた。

空は暗雲がさらに黒くおぞましく立ち込め、異様な雰囲気に包まれている。

 

ゼルドリスと霊槍の勝負はほぼ互角!

連続で剣技を放つゼルドリス。しかし霊槍も確実にその技に対応していく!

 

 

マーリンの詠唱はまだ続いていた。

しかしメリオダスの繭もまだ目覚める気配はない。

 

マーリンの禁呪が発動するまで、残り時間は10分。

まだ時間を必要とするため、マーリンのそばを守っているリュドシエルが頼りだ。

 

 

そのリュドシエルは原初の魔神に互角の戦いぶりを見せていた。

原初の魔神はリュドシエルが放つ光に剣技を当てることしかできない。

 

かなり余裕なリュドシエル。

笑みを見せながら、四大天使の長であるこのリュドシエルの力を見せようと言い、原初の魔神の四方八方に無数の光を出現させていく。

その光から、原初の魔神に向かって一斉に閃光が放たれる!

“乱閃光(ライトニング・スプリー)”

 

エスカノールでも手に負えなかった原初の魔神に初めて傷を与えたリュドシエル!

遠くで見ているヘンドリクセンも驚きの表情。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:原初の魔神の真の力

原初の魔神も負けじと、黒い炎の塊を放つ!

“獄炎極(ヘルブレイズ・オメガ)”

 

そんなものは効かない、とばかりに、リュドシエルはさらに大きな光を目の前に出現させ、そこから巨大な閃光を放つ!

“狂える電光(スパーキング・ドライブ)”

 

原初の魔神にさらにダメージを与える!

 

しかし、原初の魔神はまたも“獄炎極”を放つ!

同じ技を放っても無駄だと、余裕で受け止めようとするリュドシエル。

 

だが、急に技の威力が増し、若干後ずさりするリュドシエル。

突然に力が大きくなったことに戸惑うも、原初の魔神のニヤリとした笑いが気に食わず、さらに光の攻撃を浴びせる!

 

そこでまた原初の魔神が“獄炎極”を放つ!

今度はさらに威力が高まっていて、リュドシエルはかなり後ろまで下がってしまい、詠唱していたマーリンに当たってしまう!

 

 

リュドシエルは混乱していた。

確実に原初の魔神にはダメージが入っているはずなのに、技の威力が増し続けているのはなぜなのだ?と。

 

そして、よくよく原初の魔神を感じてみると、リュドシエルの攻撃で受けた傷だけではなく、自ら少しずつ少しずつ体が崩壊していたのだ!

 

 

マーリンは原初の魔神の様子がおかしいことを察し、リュドシエルに原初の魔神へこれ以上の攻撃をしてはいけないと忠告する。

 

原初の魔神の真の力がここで判明する。

それが「終局(クライシス)」。

 

自分の命を削れば削るほど自らの魔力はダメージに反比例して上がり続けるという仕組み。

 

実のところ、罪に逆らって元の姿に戻ってしまったため、原初の魔神の身体はもうすぐ崩壊を迎えようとしていた。

しかし、原初の魔神のパワーがかなり上がってしまい、マーリンはこのままだと原初の魔神が崩壊する前に自分たちがやられてしまうと危機感を抱いていた。

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話:マエルが到着!

新たな魔神王が誕生するなら、そのために命を捧げる!と原初の魔神はリュドシエルに渾身の一撃を放とうと突進する!

リュドシエルはその速さに対応することができない!

ヘンドリクセンもリュドシエルの名を叫ぶ!

 

するとそのとき、上空で渦を巻いていた雲の真ん中から、大きく、そして優しい光がリュドシエルたちのもとに差し込んできた!

 

チャンドラーが放っていた、夜を展開する“暗夜の帳(ダークネス)”が、陽の光によってどんどん浄化されていく。

 

リュドシエルはこの出来事が誰の仕業なのかに気付き、安堵の表情を浮かべながら上空を見上げる!

 

偽りの帳(とばり)よ、我、太陽の恩寵の前に消し去れ…と言葉が告げられると、キャメロット全体を覆っていた黒い闇夜と暗い雲が一瞬にして晴れてしまった!!

 

晴れた空、そしてゼルドリスの目の前に現れたのは七つの大罪たち。

しかしそれよりゼルドリスが気になるのは、上空に浮かんでいる人物だった。

 

戻ってきたのはエスタロッサではなかった。

 

太陽の恩寵をエスカノールから借りてしっかりと身にまとい、光り輝く存在となったマエルが、ついにキャメロットに到着した!!

 

兄、リュドシエルの危機に、四大天使マエルが挑む!!

 

 

 

ここまでが漫画『七つの大罪』最新話297話のネタバレ確定情報です!

次回『七つの大罪』298話は「マエルvs.ゼルドリス」となります!

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話感想考察

七つの大罪297最新話ネタバレ

 

『七つの大罪』最新話297話のネタバレからの感想考察です!

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話感想考察:エスカノールの心からの想いと人を動かすということ

まずはじめに、エスカノールが元々の太陽の恩寵の持ち主であるマエルに、太陽の恩寵を貸しましょう!と言ったエスカノールがなんだかカッコ良かったですね!

いや、本当はマエルのものなんですよ?太陽の恩寵。

返す、でそのまま通したかったはずなんですよ、エスカノールにしても。

 

でもマエルは真面目なので、今の自分には太陽の恩寵を持つ資格がないとの一点張り。

どんなにエスカノールが返すよと言っても聞きませんでした。

まぁ聞いてはいたのでしょうけど、その思いを受け取れるほどの器は、自分にはないって言い聞かせてしまったのかもしれません。

 

だからエスカノールは別の言い方をします。

貸しましょう!と。

 

返すんじゃなくて、貸すんです!

それならちょっとは気が楽でしょってことなんですよね。

 

ある意味、人を動かすってこういうこと。

言葉のちょっとした使い方なんですね。

もう一度あなたのもとに返すよ、あげるよ、あなたのものなんだから、と言っても、自分はもうそんな存在じゃない…と深く過去のことを引きずっている人にはそう簡単には受け入れられない。

 

じゃあ、貸すよ、ということだったら?

自分のものになるわけではないから、今後ずっと持つということじゃない。

でもここからはあなたにしかこの太陽の恩寵は使えない。

だから使ってほしい。

 

こういう気持ちだったら、ちょっとマエルも拍子抜けしていましたけれども、あ、だったらこの間だけでも持とうかな、と思えたりしますよね。

言葉の使い方、選び方って大事だなってエスカノールから学びました…。

さすが、伊達に年は取ってないですね、エスカノール。

 

 

きっとこの後、もしすべてがうまくいって、改めてエスカノールとマエルが話すことになったら。

やはりその「太陽」はあなたのものだから、あなたが持っていてこそふさわしい、なんてエスカノールが言ってマエルの元に結果戻りそうですよね。

 

でも、マエルがそれを制して。

確かに自分のものだった太陽の恩寵だが、これからのエスカノールの命として、やはりエスカノールが持つべきだ。

そして大切な人のそばにいてあげなさい。

 

というような感じで、エスカノールとマーリンの仲を後押ししてくれるかもしれませんね!

 

 

スポンサードリンク

七つの大罪297話ネタバレ最新話まとめ

七つの大罪297最新話ネタバレ

 

以上が漫画『七つの大罪』最新話297話のネタバレ確定情報と感想となります!

 

総括すると…

今回も、メリオダスの繭はやはり復活しませんでした!結構長引くものですね~!!

しかし、実際のところマーリンの禁呪が完成するまでには約10分かかるらしいので、もしかしたらその間に繭が復活してしまうかもしれませんよね!

もう戒禁はすべて揃っているのだから、いつ出てきてもおかしくないはず!

七つの大罪もバン以外は全員集結したので、本当にクライマックスが近い展開となってきました!

次回298話では太陽の恩寵を手にしたマエル対ゼルドリスが激戦となりそうですね!

 

次回の『七つの大罪』298話を楽しみに待ちましょう!

 

<七つの大罪関連記事>

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-七つの大罪

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.