Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

七つの大罪

七つの大罪296最新話ネタバレ確定!マエルとエスカノールが邂逅!

投稿日:

七つの大罪296最新話ネタバレ

 

漫画『七つの大罪』最新話296話のネタバレ確定情報を紹介します!

今回296話ではまさにメリオダスの繭から魔神王が復活するかというところに、マーリンが繭の時間を止める魔法で咄嗟の対応で何とか時間を稼ぎました!

しかし無慈悲にも詠唱中のマーリンへ攻撃を仕掛けるゼルドリスと原初の魔神!

ゼルドリスはキングの霊槍が立ちはだかり、原初の魔神にはエスカノールが対抗しますがもうピークの力が出せずふっ飛ばされてしまいました…。

そんなエスカノールを救ったのがマエル!太陽の恩寵に認められた二人がついに出会います!

そしてリュドシエルもマーリンを助けるために再び戦場へ…。

 

それでは気になる漫画『七つの大罪』最新話296話のネタバレをお届けします!

前回『七つの大罪』295話をまだ読んでいない方はこちらをご覧ください。

 

スポンサードリンク

七つの大罪296ネタバレ最新話「友として 兄として」

七つの大罪296最新話ネタバレ

 

漫画『七つの大罪』最新話296話「友として 兄として」のネタバレ確定情報です。簡易ネタバレはコチラ。

七つの大罪296ネタバレ画バレ最新話!速報あらすじと感想考察も

  漫画『七つの大罪』最新話296話のネタバレです! 前回295話では、キングの霊槍が原初の魔神と交戦する中、ゼルドリスが参戦し、キング対ゼルドリス、エスカノールとマーリン対原初の魔神という戦いになっ ...

続きを見る

 

スポンサードリンク

七つの大罪296最新話ネタバレ:マーリンがメリオダスの繭を止める

5つの戒禁がメリオダスの繭に突入するのを見て、原初の魔神は新しい魔神王の誕生を叫び、喜ぶ!

ゼルドリスもこの光景に満足そうな様子。

 

キングは全速力で飛ぶも、間に合わなかったことを悔やむ。

エスカノールはマーリンに、さらに最悪の展開になったとつぶやくも、まだ諦めない!とマーリンは禁呪を唱える!!

 

【時の棺(クロノ・コフィン】

 

繭の時間を止めてしまうことで、魔神王の復活を阻止しようとした!

 

 

しかしこれには効果発動に時間がかかるようで、止めるためにゼルドリスと原初の魔神が瞬足で近づく!

マーリンが危ない!!

 

 

ドキャ!!

 

何とかキングの霊槍がゼルドリスを止め、エスカノールが原初の魔神を止める。

時間を稼いでほしいとマーリンは懇願するが、霊槍を操るキングはまだ余裕の表情でもエスカノールは既に満身創痍…。

 

スポンサードリンク

七つの大罪296最新話ネタバレ:リュドシエルの不安

メリオダスの繭の鼓動がどんどん高鳴っていく姿に、リュドシエルはすべてが終わったと告げる。

しかしヘンドリクセンは、マーリンなら何とかしてくれると諦めてはいなかった。

 

それでも、リュドシエルの不安はぬぐえない。

マーリンが“時間停止”の術までも操ることには驚いたが、それでもその術が完成するまでには時間がかかるため、完成前に殺されてしまうだろうと。

 

周りで支えている陣営にも不安を告げるリュドシエル。

まずエスカノールは既に余力がなく、原初の魔神にやられっぱなしの状態。原初の魔神を止めることはできない。

キングの腕は相当と見ているが、エスカノールがやられてしまえばゼルドリスと原初の魔神の両方を相手にしないといけなくなるため、攻撃は止められないと言う。

 

そして、メリオダスが魔神王として復活してしまえば、もう自分たちに勝利は無いと。

最高神がいないため、魔神王に対抗するほどの手段がないのがその理由。

 

 

ヘンドリクセンはここまで弱気になっているリュドシエルに、そんなことを言ってはいけない!と発破をかける。

3000年以上前から女神族は人間を励まし、導いてきた過去があるのにと。

 

リュドシエルはその言葉に対し、人間に慕われたからこそ、のぼせ上がったと自らを皮肉る。

他者を駒としか扱わなかったと過去を憂うリュドシエル。

 

しかしそのすべては聖戦に勝利するために仕方のなかったこと。

そして、ヘンドリクセンのことを、この自分から手のひらを返すように去ってしまったと怒る。

 

 

ヘンドリクセンは自分の行った過ちを呪っていた。

だからこそギルサンダーとマーガレットは救わなければならないと心に決め、最終的にリュドシエルからマーガレットを引き離したのだ。

 

スポンサードリンク

七つの大罪296最新話ネタバレ:リュドシエルの決意

リュドシエルは、自分に心酔するものがまだいたのだと思い上がっていたと嘆く。

その言葉が終わるや否や、ヘンドリクセンは立つのもままならなくなり、足の力が無くなって座り込んでしまう。

 

しかし、そこでヘンドリクセンがつぶやくように言ったのは、今でもリュドシエルを尊敬し崇拝しているという、心からの言葉だった。

 

リュドシエルは騙されないと言うも、ヘンドリクセンが女神族として人間を勝利に導いてくれたことそのものが今も教義として心に刻まれていると伝え、リュドシエルはうろたえる。

 

ただ、失望もしたと言い、ヘンドリクセンは少し態度を変える。

ギルサンダーとマーガレットへの仕打ちはあんまりだったし、マエルの生存がわかってからの狼狽ぶりには失笑しかなかったと。

この言葉に、正直に言い過ぎだ!と文句を言うリュドシエル。

 

ヘンドリクセンはにこやかに笑って告げる。

もっとあなたのことが好きになったと。

女神族であっても、完璧な存在ではなかった。

人間と同じく、完璧な存在ではないのだと分かったからこそ、もっと好きになったのだと。

 

 

そんなことより自分を早く器にと頼み込むヘンドリクセン。

崇拝するドルイドではなく、一人の友として、器にしてほしいとヘンドリクセンは願う。

 

覚悟しろ…とリュドシエルがつぶやき、ヘンドリクセンが目を閉じると…

 

“健やかなれ”

引用:七つの大罪

 

途端にヘンドリクセンの傷が回復してしまった!

 

自分のことなどどうでもいいとばかりで、人の世話のことだけを気にする愚か者…と言いながらリュドシエルはヘンドリクセンに背を向ける。

何故器にしなかったのですか!?とヘンドリクセンが言うと、お前ごときでは出せる力も出せないからだとリュドシエルは答える。

 

リュドシエルは過去を想っていた。

ヘンドリクセンと同じようにお人好しで、人の為に命を捨てた友のことを。

 

そして友としてヘンドリクセンに言う。

死ぬなよ、と。

 

スポンサードリンク

七つの大罪296最新話ネタバレ:マエルとエスカノールの邂逅

一方、原初の魔神と戦っていたエスカノールは既に瀕死状態。

身体を数回斬り刻まれ、立ってるのでやっと。

 

そして、原初の魔神はエスカノールの腹に杖を当て、叫ぶ!

「“死衝(デス・ドライブ)”」

 

 

バギュン!!

 

瞬間、エスカノールは杖から放たれた強力な光によってふっ飛ばされてしまった!

 

マーリンの名前をかすかに発しながら、神斧リッタも砕けてしまい、身体がどんどん小さくなっていくエスカノール。

 

 

マーリンは飛ばされてしまったエスカノールの名を叫ぶも、すぐに剣を振り下ろしてくる原初の魔神!

 

しかし、それを止めたのはリュドシエルだった!

器が無いために精神体ではいつまでもつかわからないと言うも、原初の魔神を足止めするくらいやってやる!と決意を言う!

 

 

エスカノールは飛ばされながら、ものすごく弱気になり、涙があふれて止まらなかった。

自分のような男が誰かを守るなんておこがましい。

この命、この太陽の力を引き換えに、誰か、マーリンを守ってくれ…と心でしかもう言うことができないエスカノール。

 

手を何とか伸ばそうとするも、誰も、どこにも、届く場所は無く、エスカノールは落ちようとしていた…。

 

 

そんなエスカノールを受け止めたのは、マエルだった!

 

太陽の導きかと、笑顔でエスカノールを支えるマエル。

 

 

また戻ろう!決戦の地へ!

太陽が見定めた、この二人で!!

 

 

ここまでが漫画『七つの大罪』最新話296話のネタバレ確定情報となります!

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察

七つの大罪296最新話ネタバレ

 

『七つの大罪』最新話296話のネタバレからの感想考察です!

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察:マーリンによって止められるメリオダスの繭

まさかマーリンが奥の手を隠し持っていたとは!

てっきりもう魔神王メリオダスが復活してしまって大ピンチに陥るとばかり考えていたのですが、まだまだ復活は先延ばしになりそうですね。

 

エスカノールがマーリンを守れずともリュドシエルが代わりの盾となってくれているので、禁呪の詠唱はこのままいけば成功するでしょう。

しかし、それはそれで逆にあっさり止められすぎな気も…。

 

メリオダスの繭には10の戒禁がすべて揃ってしまいました。

戒禁それぞれには途方もない力が備わっているので、10揃ってしまった以上、もしかしたら禁呪をたやすくうち破ってしまう可能性もありますよね。

 

マーリン、時間停止以外にも何か隠し持っている秘術がありそうですが、マーリン自身もかなり疲れが出てきているので、禁呪がうち破られたらかなり苦しい展開になりそうです!

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察:リュドシエルの感情の動き

今回のリュドシエルは不安になったり、失望したり、怒りを抱いたり、文句を言ったり、そして最後にはヘンドリクセンを認めたりと、かなり忙しく感情を出しまくっていましたね。

それだけ、ゴウセルによる記憶操作からの回復が著しい影響を与えたのだと思いますし、いろいろ取り戻したことで気持ちを思い切り出すしかなかったのかもしれません。

 

そんなリュドシエルを見て、崇拝していると言いながらも色々ツッコミを入れるヘンドリクセンもなかなかでしたね。

失望したとか、失笑したとか。なかなか言えるもんじゃありません。

 

ただこれは、リュドシエルがより身近な存在に思えたからこそのヘンドリクセンの深い愛情。

普通に生活していても、完璧だと思える人がいたとして、その人が不意に見せる不完全さ、ちょっとバカっぽいところとか、無垢な表情などを見てしまうと、あぁこの人も自分と同じ人間なんだなって思う、それと同じなんだなと。

どんなにすばらしい存在でも、必ずどこかで足りない部分があるもの。

崇拝している存在でもそんな部分があるのだと思えたことが本当に嬉しかったのでしょう。

 

そんなヘンドリクセンを見たからこそ、リュドシエルの気持ちも変化しました。

怒りが収まり、今この場で自分が何をすべきかに向けて明確に動いていましたね!

 

リュドシエルの力を本領発揮すれば、原初の魔神も止められる?

この戦いもますます白熱しそうです!

 

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察:リュドシエルとマエルが合体する?

何の根拠もなく思ったことなんですが、もうすぐキャメロットに辿り着くマエルと、原初の魔神と戦うリュドシエルとが、融合してしまう…というのはどうでしょうか。

現状、リュドシエルでは、原初の魔神を「倒す」とは言いませんでした。

「足止めする程度のことなら」とだけです。

 

足止めだけじゃ、心許なくないですか?

できれば倒してよ!!って思いますよね。

 

倒すとなると、今のリュドシエルではおそらく身体を保てない。

しかし向かってきているマエルがいれば、女神同士、兄弟という関係でもあるので、融合することもできるのでは?

融合が可能なら原初の魔神以上の力を持つ女神族が誕生!となるかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察:マエルとエスカノールが邂逅

遂に出会えた、「太陽」の恩寵にかかわる二人!

次回のサブタイトルが「太陽の救済」とあるので、確実にこのマエルとエスカノールが何らかの協力関係、または力を与え合う関係になって、強大な力を放つのではないでしょうか!

 

前回『七つの大罪』295話では、戒禁が揃うことに汗をかくほど狼狽えていたマエルでしたが、エスカノールをキャッチしたマエルはかなり余裕そうにも見えます。

エスカノールと出会えたことで、何かしらの秘策があるのかも??

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話感想考察:「友として 兄として」とは

ここでサブタイトルについて触れてみましょう。

まず「友として」はリュドシエルとヘンドリクセンの関係でしたね。

 

ヘンドリクセンが、自らを器にしてほしいと頼んだ背景。そこにあったのは、ドルイドとしてではなく、これまでのリュドシエルとの関係性から、一人の友としての依頼でした。

 

これに対してリュドシエルは、ヘンドリクセンを器にはしませんでした。

理由はお人好しだから、自分を担うほどの器じゃないから、とのことでしたが、リュドシエルもまたヘンドリクセンの友として、生きていてほしいからこそ、器を逆に拒否したのでしょう。

 

 

そしてまた「兄として」はリュドシエルがマエルを想う気持ちなのかもしれませんね。

マエルが生きているとわかったときの狼狽ぶりとヘンドリクセンは言っていましたが、やはり兄として、リュドシエルはずっとマエルを想っていたからこそうろたえてしまった。

涙もあふれ、立つことすらままならないほどだった。

そんな一人の兄という立場のリュドシエルを見れたのも、ヘンドリクセンにとっては嬉しい出来事だったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

七つの大罪296話ネタバレ最新話まとめ

七つの大罪296最新話ネタバレ

 

以上が漫画『七つの大罪』最新話296話のネタバレ確定情報と感想となります!

 

総括すると…

まだ、メリオダスの繭は復活しませんでした!

安堵するような何かやきもきする気持ちにもなるようなという感じですが、ただ復活されても困るので時間稼ぎを選んだマーリンは素晴らしい!

次回297話ではキャメロットに辿り着いたマエルとリュドシエルが何らかのやり取りがあり、キング対ゼルドリスも本格化しそうです!

 

次回の『七つの大罪』297話を楽しみに待ちましょう!

 

<七つの大罪関連記事>

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-七つの大罪

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.