Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

キングダム

キングダム最新話638話ネタバレ!王翦が昌平君へ託した起死回生案とは?

投稿日:

キングダム最新話638話ネタバレ

 

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話638話のネタバレと感想考察、展開予想です。

スポンサードリンク

 

介億の補給部隊は囮で、本命は黄河を渡って鄴を目指します。

ですが、この行動を予測していた李牧にしっかり対処され、秦は食料の輸送に失敗してしまいました

一方鄴で王翦たちの動きを見守る李牧は、悼襄王の使いに連行されて邯鄲に向かいます!

そして咸陽では昌平君が、出発前に王翦から託された言葉を思い出すのですが、その託された内容で現状を打開出来るのでしょうか!?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話638話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

前回637話はこちら!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話638話ネタバレ

キングダム最新話638話ネタバレ

 

では、『キングダム』638話のネタバレです!

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:兵糧不足を先読みした王翦

『キングダム』638話は、鄴への出陣前に、王翦が昌平君へ何かを申し入れていた様子から幕開けです。

王翦は昌平君と二人きりになって、これからの作戦を直接伝えることにします。

昌文君や介億にも知らせなかったのは、それほどまで秘密裏に進めることが今回の作戦にとって非常に重要だったからです。

というのも王翦は、鄴を陥落した時点で兵糧が尽きるだろうということを予想していたのです。

この予想は、見事に当たる形になりました!

昌平君が驚きの表情を見せたのは、驚くほど先の展開を呼んでいた王翦の戦術眼だったのだと納得できます。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:橑陽にも鄴の様子が伝わる

時は、兵糧争いの真っただ中に戻ります。

楊端和のいる橑陽にも、王翦が鄴へ入城した知らせが届いていました。

且つ、兵糧が尽きてしまい飢え死に寸前の危険な状態であることも、同時に伝わっていきます。

壁将軍は、このままではまずいと、何とか橑陽から兵糧を届けられないものかと楊端和へ進言しますが、それは厳しい状況でした。

橑陽は既に李牧の策によって唐利将軍に包囲されているので動けないのです。

楊端和は橑陽から兵糧を送るのは困難だと壁を一蹴します。

鄴へ兵糧を補給するなら秦国からの補給部隊に頼るほかはない、こうした考えは楊端和でも考え付くこと。

水路を使うしか手がないと誰もが考えられるので、当然李牧は黄河からの水軍に対し、大勢で立ち向かうことができたわけです。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:介億が深刻水軍の壊滅を知る

列尾にいた介億は、黄河が見える位置にいました。

霧が晴れてきて、これからやってくる秦軍からの兵糧隊がどうなっているかを…。

しかし介億が見たのは、黄河を渡る秦軍青忠水軍の大補給船団ですが、それらは趙軍の甲鬼央の大水軍によって一斉に放たれた矢により、ボロボロな姿をさらしているのでした。

介億は、驚愕の表情を浮かべながら黄河を見つめています…。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:勝利を確信した舜水樹の油断

趙国の舜水樹も、介億と同じように黄河を見つめています。

黄河では甲鬼央水軍が秦の水軍に向けて一斉に矢を放ったため、秦軍が積んでいた兵糧は皆海に沈んでしまいました…。

秦国本命である黄河からの水路を使った補給部隊を壊滅させたと確信している舜水樹。

これで王翦は、鄴に入城するまでは果たすことができましたが、結局は鄴を陥落させることなく失敗に終わったのだと。

しかしこの舜水樹の確信こそが最大の油断でした。

舜水樹では、李牧の軍略には到底及びません。

そんな李牧が、何かを思いついたというのです。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:李牧が王翦の狙いに気づくも

趙国へ向かう馬車の中で、李牧は何かを見落としていると考えていました。

誰もが秦国からの補給手段として、水路の利用を考えるでしょう。

ただ、王翦がそんなに分かりやすい手段を選ぶでしょうか?

そのことを考えていると遂にひらめくのですが、それに気づいてももう間に合わないところに来ていた李牧。

馬車を止めるように訴えますが、王名に逆らうことはできません。

馬車は止まることなく、趙国へ進み続けます。

カイネ達に伝令を送るように叫ぶ李牧ですが、その声は届かなかったのです。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:鄴へ大量の兵糧が!

鄴では、餓死寸前で地面に横たわりながら兵が苦しんでいました。

目は虚ろで頬は痩せこけ、今にも死んでしまいそうな状況…。

そこへ突然、鄴の門が開かれたのです!

入ってきたのは、目を見開いてしまうほど大量の兵糧!

晩飯の準備をしろと言われた兵士たちは、そろって歓喜の声を上げて涙を流しました!

兵糧を鄴まで届かせてしまったことに気づいたカイネでしたが、どうやって鄴まで兵糧が届いたのか見当もつきません…。

 

スポンサードリンク

キングダム638話ネタバレ:斉国から兵糧を補給した!

実は、斉国から兵糧を用意するように王翦が仕組んでいたのです。

秦国側が黄河からの水路を利用すると趙国に読まれるだろうと確信していた王翦は、逆に位置する斉国側の水路が無防備になる状態を見越していたのです。

これを王翦は事前に昌平君へと伝えていたのでした。

斉国の王建王は、秦国王である嬴政のことを認めています。

呂不韋四柱の一人である蔡沢が亡くなってから、王建王が結末を見届けると語っていたことから、頼れる存在と言ってよいでしょう。

助けてもらう形にはなったものの、秦国は斉国から二倍の値段で兵糧を購入していました。

これで斉国は大義名分ができ、秦国へと援軍を送ったという意味合いにはならないと言い張れます。

実際に取引先である鄴にまで兵糧を運んでお金を受け取って売ったわけですから、単なる商売の範疇に留まりますね。

何はともあれ、これで鄴の兵糧不足は解消されました。

趙国との兵糧争いに完全勝利した応戦は、鄴を攻略することができたと言っても過言ではないでしょう。

これからは空腹を満たして元気になった秦国を率いて、鄴を拠点にしながら戦いを進展させていくことになるでしょう!

 

次回639話に続く!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話638ネタバレまとめ

キングダム最新話638話ネタバレ

 

食料輸送の本命は黄河にいる補給部隊なので、囮だった介億は撤退。

しかしそうなる事を予測していた李牧は、黄河に部隊を配置し迎え撃ちます

そして舜水樹は、李牧の予想を聞いて裏をかかれる心配を消す為に、介億を攻撃していた事が判明!

 

この時鄴を囲んでいる李牧の元に、王令を持った悼襄王の使いが訪ねて来ます。

その王令は李牧を邯鄲に連れて行くと言う内容なのですが、カイネたちを人質に取られたので、李牧は従う事にします

 

一方黄河で戦っていた秦軍が壊滅し、咸陽では鄴をどうやって救うか話し合います。

 

ここで昌平君は王翦に頼まれていた事を思い出し、実行しようとします。

果たしてその王翦から託された事で、秦を逆転に導けるのでしょうか!?

 

次回の『キングダム』第639話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-キングダム

Copyright© スイッチ漫画! , 2020 All Rights Reserved.