Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

キングダム

キングダム最新話636話ネタバレ!王翦と昌平君の策は?李牧はまだ諦めない!

投稿日:2020年3月28日 更新日:

キングダム最新話636話ネタバレ

 

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話636話のネタバレと感想考察、展開予想です。

スポンサードリンク

 

鄴の城門が開いたので、桓騎軍が攻撃を開始し、見事鄴を陥落させました

すると援軍に駆け付けた李牧は、鄴が落とされたので、民と一緒に撤退を開始。

一方戦いに勝った秦軍には問題が残っていて、依然として何も食べる物がありません

しかしここで王翦が兵糧問題をある方法で解決するのですが、その方法とは一体何なんでしょうか!?

 

それでは、気になる『キングダム』最新話636話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。

前回635話はこちら!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話636話ネタバレ展開予想

キングダム最新話636話ネタバレ

 

ここからは、『キングダム』最新話636話、そして637話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

鄴の崩落や李伯の身投げも衝撃でしたが、何より兵糧問題を解決する王翦の意外な策の詳細が非常に気になる展開…!

 

スポンサードリンク

キングダム636話ネタバレ展開考察:残してきた兵が活躍する?

読者に疑問を持たせたまま終わった「兵糧問題を解決する王翦の意外な策」の解決策の一つとして考えられるのが、朱海平原に残されている兵たちの活躍です。

李牧を追撃する際に、王翦は朱海平原にて軍を2:8の割合で分けていました。

そこで残された約8割の兵たちは田里弥(でんりみ)が率いており、最終的に南下して鄴へとたどり着く予定になっています。

 

しかし、王翦軍が所持していた少数の兵糧は2割の兵たちにすべて与えられたため、残りの8割の兵たちは何かしらの方法で飢餓を避けなければなりません。

そのため、王翦たちを助ける前に自分たちの兵糧の確保も難しいかもしれません。

鄴を目指している途中で周辺の城から兵糧を集めている可能性もありますが、鄴の周辺の城は既に王翦が落としてしまっているため、この方法は難しいでしょう。

 

スポンサードリンク

キングダム636話ネタバレ展開考察:楊端和の兵糧を届ける?

残された8割の兵たちは兵糧を持っていかれたため、何かしらの支援を受ける必要がありますが、その支援の候補に挙げられるのが楊端和です。

以前にも書きましたが、現在のところ行動が描かれていない亜花錦(あかきん)が、楊端和に伝令を伝えに向かっている可能性が考えられます。

そうなると、楊端和は王翦軍の現状を把握しているということになります。

 

楊端和がいる遼陽では兵糧は燃やされていないため、しっかりと残されていると考えられますので、その兵糧を持って王翦軍と合流できれば問題は解決されます。

 

しかし、「意外な方法」と書かれていたため、この方法はあまり意外とは言えないのではないでしょうか?

おそらく王翦は、もっと読者が度肝を抜かれるような方法を掲示してくる可能性も否定できません。

 

スポンサードリンク

キングダム636話ネタバレ展開考察:黄河から援軍が来る?

意外な方法の1つとして考えられるのが、「黄河を利用して援軍を向かわせる」というもの。

 

秦国~鄴の近くには「黄河」という中国で2番目に長い川があります。

黄河は川なので利用するには水軍を用いる必要がありますが、秦国には蕞の民がいるため利用することはできそうです。

 

蕞の民が援軍として駆け付けるという展開であれば、かなり意外な策と言えるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

キングダム最新話636話ネタバレ

キングダム最新話636話ネタバレ

 

では、『キングダム』636話

「補給軍の行方」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

鄴の食料問題!

朱海平原から鄴に向かっていた後続軍は鄴が見える所まで到着。

すると城の上に秦の旗が立っているので、後続軍にいた飛信隊の面々は無事に落とせたと安心します。

それから信たちと合流し喜び合うのですが、鄴に食料がない事を聞かされ驚きます

 

この時王翦と桓騎たちは食料について話し合います。

 

奪い取った鄴城内には殆ど食料が残っていなく、持って2日分の食料しかない事が判明。

なので摩論は外部から補充する必要があると提言します。

しかし鄴の周りを李牧が囲んでいるので、補充するのも厳しいのではないかと考えます。

 

一方の李牧ですが、王翦たちには食料がないのを知っていました。

更に食料の輸送を咸陽から頼み、列尾を超えて来ると予想します!

 

スポンサードリンク

その時咸陽では?

秦の咸陽では、王翦と桓騎が鄴を落としたという報せが政たちに伝わりました。

するとその場にいる全員が、趙攻略の足がかりを得た事に喜びます。

 

ですが政は冷静になり、趙との出入り口である列尾が落とせてないので鄴は孤立してると考えます。

更に孤立しているから食料問題が起きているのではないかと予想。

しかしその食料問題は昌平君がすでに手を打っていて、鄴に向けて補給軍を送っていました

 

そして補給軍は介億が率いて、列尾の近くまで進軍していました。

 

スポンサードリンク

食料の輸送!!

列尾を肉眼で確認出来る所まで来た介億は、列尾を攻め落とす準備を始めます。

 

一方列尾を守る扈輒は、伏兵を使って介億軍に急襲

この時伏兵を予想していなかった介億は慌てます。

そして伏兵を指揮していた舜水樹が、介億が輸送して来た食料に火を放ち、食料が鄴に届くのを阻止しました。

 

ここで一人の趙兵が食料の中身を偶然見て驚くのですが、中身はなんと空!!

すると介億は密かに笑い、何か作戦が様子を見せます

 

スポンサードリンク

キングダム最新話636ネタバレまとめ

キングダム最新話636話ネタバレ

 

民は鄴の城門を開いたので、城外に逃げ出します

ここで外にいる桓騎軍の摩論と黒桜は、民が途切れるのを待機。

 

一方鄴城内にいる趙軍の将兵は、民が落ち着くまで攻撃は来ない判断し、対抗する為に準備を始めます。

 

ですが桓騎軍のゼノウは民が出てきている所から割って入ったので、外にいた桓騎軍も鄴城内に入って両軍戦闘開始

すると力の差は歴然としていて、李牧はもう間に合わないと判断し撤退します。

そして秦軍は目的の鄴を手に入れました

 

しかしこの時秦軍には食料問題が浮上するのですが、王翦がある手段で解決させます。

果たして王翦は兵糧問題をどの様な方法で解決し、その先にある李牧との戦いをどの様に終わらせるのでしょうか?

 

次回の『キングダム』第637話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-キングダム

Copyright© スイッチ漫画! , 2020 All Rights Reserved.