Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

キングダム

キングダム604ネタバレ最新話確定!漫画あらすじ感想考察予想も

投稿日:2019年6月19日 更新日:

キングダムネタバレ604最新話

 

週刊ヤングジャンプの人気漫画『キングダム』最新話604話のネタバレと感想考察、展開予想です。

 

鄴が半日で陥落すると言う知らせを聞いた李牧は、猶予が少ないと予想し、超攻撃布陣の大鶴に変更。

 

王翦もこの時が来るのを待っていて、李牧を討ち取る為に攻撃の陣に変更します。

 

一方秦軍右翼は、徐々に趙軍左翼を押し込んで行くので、馬南慈は中央軍よりも後ろに退いて、秦軍右翼が中央軍を攻撃したら、挟撃しようと考えます。

しかし尭雲は撤退せず前に進み、信や王賁を討とうとするのですが、その狙いとは一体?

 

前回のネタバレはこちら!

『キングダム』直近のネタバレ内容はこちら!
604話 603話 602話
601話 600話 599話
598話 597話 596話

 

4月に公開した実写映画『キングダム』についての情報はこちら!

 

『キングダム』最新刊54巻についての情報もまとめています!

『キングダム』単行本を無料で読める方法も紹介していますので、是非ご覧ください!

↓↓『キングダム』最新刊を実質無料で楽しむなら【U-NEXT】を今すぐチェック!↓↓

キングダムネタバレ604最新話

スポンサードリンク

キングダム最新話604話のネタバレ前に603話の感想と考察

キングダムネタバレ604最新話

 

鄴からの知らせは、予想していた通り、食糧問題で孤立する鄴に、救援に来て欲しいと言う事でした。

そして残された猶予も少ないので、朱海平原の戦いを切り上げなくては行けない所を、李牧はそれを断り、1日で王翦を倒そうとします

しかし15日もかかっている戦いを、1日で終わらせる自信があるので、大鶴の陣がどれだけ強力なのか気になります。

 

一方王翦は、こうなる事を戦いが始まる前から予想していた事に驚きです。

そう考えると、これから予想外の出来事が起きなければ、秦軍の勝ちも見えているのかもしれませんね。

 

あとは信と王賁を狙う尭雲の行動次第で、また戦況は変わるかもしれないですよ。

これから何が起きるのか目が離せません!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話604話のネタバレあらすじ

キングダムネタバレ604最新話

 

それでは、『キングダム』最新話604話

「李牧の戦術」のネタバレが下記となります!

 

 

疲労困憊の信と羌瘣

尭雲軍が前に出てきたぞ!と渕が叫びます。

この軍を突破して、敵将李牧を討ちに行く!と飛信隊を盛り立てます。

そんな渕を見て、さすがだ!と河了貂が感じます。

 

尭雲軍と対峙する中、信と羌瘣は疲労困憊の身体で、なんとか戦っているという状態。

そんな2人を見て、飛信隊が少し押してるが、信と羌瘣が戦場に埋もれてるから、予想の上まではいってないと河了貂が考えます。

 

傷のせいで調子が上がらないのか?と我呂が信に声をかけると、もう少し動けば、体がバカになって痛みを感じなくなると信が答えます。

それは死に際だぞ!と我呂が言い、信の前に出て、後ろで休んでおけ!と伝えます。

そして、飛麃を連れて進軍する我呂

 

すると、我呂の部隊の後ろに信がいることに尭雲軍が気付きます。

そして、それを尭雲に伝えるよう指示を出します。

傷と疲労で苦しんでいる状態も伝えるようにと。

 

宮康の仇

それを聞いた尭雲は、藺相如の言葉を思い出します。

伝えておきたいことが2つあると話す藺相如。

 

1つ目は、もしいつか剣を手にした敵に遭遇したら、全力でその敵と戦うこと。

2つ目は…と。

 

飛信隊の信の首を切り落として持ち帰れ!と十槍に指示を出す尭雲。

趙峩龍よ、後は任せろ!と尭雲が言います。

 

すると、王賁率いる玉鳳隊が、尭雲めがけて動き始めます

一気に尭雲の首を取るぞ!と進軍する玉鳳隊。

 

王賁を探していた尭雲軍は、そんな王賁を見て、捜す手間が省けたと言います。

守りはどうしますか?と聞くと、要らないから行け!と尭雲が言います。

 

雷雲と十槍がいるぞ!と叫ぶ玉鳳隊。

すると、宮康の仇だ!と関常が隊を連れて前に出ます。

 

そんな中、戦況を見極めつつ、睨み合う王賁と尭雲。

 

李牧の戦略の謎

中央では、王翦中央軍と李牧中央軍が、正面からぶつかり合います!

田里弥は、王翦中央軍の第3軍として李牧中央軍と対峙しています。

 

田里弥はガツガツ攻めるタイプの将軍ではなく、知略タイプの将軍

ただ、田里弥軍は兵士達の個々の力が強く、戦闘能力もずば抜けています!

 

さらに、特殊な動きを扱うのが田里弥軍の特徴で、少しでも戦況が悪くなると、すぐにその場で戦略を変えて戦うことができます。

正に柔と剛の両方を併せ持つ部隊だと。

 

しかし、そんな田里弥軍の戦略が、李牧中央軍には一切通じません!

それを見た田里弥が驚きます。

 

そして、なぜ自分達の戦略が李牧中央軍に通じないのか、わからない田里弥。

この戦況で、特殊な戦術を使っているとは思えないし、単純な武力の差でもなさそうだと田里弥が分析します。

それなのにどういうことだ?と。

 

王翦中央軍が戦っている李牧中央軍は、李牧の直属の軍

李牧の戦術をしっかりと理解しているため、田里弥軍の戦術をうまく交わしていました。

そんな戦況を見て、危険な奴らと戦っていることを、わかってるか!とあざ笑う傅抵。

 

王翦本陣では、田里弥軍が李牧中央軍に押されていることに気付きます。

ただ、完全に押されているわけではなく、一部が少しずつ押されていると。

 

この戦況を見つめている王翦は、李牧中央軍の戦略が見抜けず、どう対応するか考えます。

すると、すぐに王翦は李牧中央軍を探るよう指示を出します。

 

それは、倉央を先頭に倉央軍が強行突破するという強烈な探り

次々と李牧中央軍の兵士を切り刻んでいく倉央達。

 

それを見て、王翦軍にもヤバい奴がいるな!と傅抵が言います。

ただ、この戦略の謎がわからない限りは、李牧中央軍にはすぐに通用しなくなる!と。

 

 

 

『キングダム』最新話604話は、6月20日発売の週刊ヤングジャンプに掲載となります。

またネタバレ情報が入り次第追記していきますね!

ではここからは最新話の内容を予想したものを紹介します!

 

 

スポンサードリンク

キングダム最新話604話ネタバレへの展開予想

キングダムネタバレ604最新話

 

ここからは、『キングダム』最新話604話、そして605話以降で起こりうる展開を予想したものを載せていきます!

 

鄴はどうなるのか?

このまま行けば、間違いなく鄴は陥落すると予想します!

 

もし朱海平原の戦いで王翦が敗れたとしても、李牧は椋陽が落ている事を知りません

それに楊端和たちは、朱海平原の戦いが気になっていたので、救援に向かうかもしれませんね。

そうなった場合、間違いなく両軍は戦いになります。

 

いくら李牧軍が強いと言っても、王翦と戦った後では、兵たちも疲弊しています。

なので、突破するのも時間が掛かってしまいます

 

仮に楊端和軍を無事に突破しても、次は桓騎と戦って勝たないと行けないのは、正直厳しいでしょう。

 

尭雲の考えは?

尭雲は趙我龍の意志を受け継いだので、信や王賁を討とうとします。

これは前から話題に上がっていた、藺相如の2つ目遺言に関する事でしょう。

そして藺相如の遺言の内容には、信や王賁が関係している事が、今回判明しました!

 

それを踏まえると、今後趙にとって厄介になる敵を見つけた時は、その場で芽を摘めという事を言っていたのではでしょうか?

そうじゃないと、尭雲が命令を無視してでも、信や王賁を討とうとしません。

 

それと尭雲は右腕を怪我をしているので、捨て身の覚悟で攻撃してくると思いますが、信や王賁がどうやって対応するのか気になります。

 

秦軍右翼はどうなるのか?

飛信隊は尭雲軍の予想外の攻撃に苦戦します。

ここで馬南慈も今が好機と思い攻撃に参加して、戦場は乱戦状態

 

信は今度は尭雲と相手をするのですが、前日の趙我龍との戦いの疲れや怪我で、力を出す事が出来ず、中々倒す事が出来ません

そんな苦戦している時に、王賁が助けられた借りを返す為に、救援に来ます。

そして最終的には、信と王賁の2人で力を合わせて、尭雲を討ち取るでしょう

 

馬南慈は尭雲が討たれたのを見て、趙軍中央軍の後ろに撤退します。

しかし亜花錦が、前日馬南慈を倒せなかったので、今度こそは倒そうと攻撃を開始

 

亜花錦はそのチャンスに、見事馬南慈を討ち取り、秦軍右翼が勝つと予想します。

 

2つ目の伝えたいこと

以前、中華について藺相如が伝えたいことが2つあると話していました。

1つ目は語られたものの、2つ目についてはまだ語られていません。

 

そんな中、尭雲が信と王賁を探すために、趙左翼に現れました。

普通に考えたら、趙峩龍の敵討ちのために信を狙い、負傷を負わされた王賁を狙っていると考えられますよね。

 

ただ、もしかしたらここで藺相如の伝えたいことの2つ目が語られるのではないかと予想しています。

そして、その内容とは、趙峩龍や尭雲が認める者が現れたら、中華についてのことを語り継いでほしい!というものではないかと考えています。

 

正直、敵同士なのにそんなことあり得るのか?とも考えましたが、藺相如クラスなら常識では考えられないことを考えそうだと思いませんか?

もし、趙峩龍も尭雲も死んでしまったら、藺相如の想いはそこで途絶えてしまいます。

そうならないために、自分達以外で中華統一の可能性があり、認められる者に伝え引き継いでほしい!と願ったのではないでしょうか?

 

そのため、尭雲は信と王賁を探していると考えています。

もちろん、尭雲軍の兵士達はそんなこと聞かされてないので、飛信隊と全力で戦っていますが…。

 

王賁の現況

信と王賁を探す尭雲ですが、王賁の姿は見ていません。

危険な状態に陥っていましたが、回復し立ち上がる王賁は以前描かれました。

 

ただ、その後王賁がどうしているのかは描かれていません。

そのため、このタイミングで王賁の現況が描かれると予想しています!

 

重症を負ったとはいえ、あの王賁が大事な戦の時に、黙って休んでいるはずないですよね?

玉鳳隊の士気を上げるために、後方で戦に参戦するというのは考えられます。

 

ただ、あの王賁なので、動けるなら間違いなく前線に立つと予想しています!

そして王賁は、飛信隊の援軍として、秦右翼に現れ、信と一緒に尭雲と対峙することになると考えています。

 

李牧の攻撃の布陣

尭雲の行動も気になりますが、もう一つ気になるのが、李牧の攻撃の布陣です。

事前に攻撃の布陣を敷いていたわけではなく、王翦によって攻撃の布陣を敷かざるを得なくなったという状況です。

 

ただ、李牧は1日で王翦を倒さなくてはいけないという状況に追い込まれています!

そんな状況で敷かれたのが、大鶴という攻撃の布陣です。

しかも滅多に使わない攻撃の布陣だと言っていました。

 

そう考えると、李牧にとっては早く決着をつけたい時に使用する布陣か、最終手段として残している布陣なのではないかと考えています。

そのため、王翦中央軍は苦戦を強いられるのではないかと予想しています!

 

蒙恬対紀彗

各戦況で進軍の準備が進められている中、一番最初に開戦するのは蒙恬対紀彗だと予想しています。

蒙恬は何とか部隊を立て直し、紀彗の攻撃を受け流すように凌いできました。

 

ただ、この最終日では紀彗に李牧への援軍を送らせないために、真っ向勝負しないといけません。

そして、その状況を紀彗も把握していて、全力で返り討ちにしようと考えています。

 

戦力的には、紀彗軍の方が多いため、蒙恬の方が不利な状況と言えます。

ただ、蒙恬じぃを失った悲しみを堪えながら、この大事な局面に向かう蒙恬からは、覚悟のようなものを感じます!

 

そのため、蒙恬の成長が紀彗の力を凌ぐのではないかと予想しています。

 

龐煖の狙いは何?

李牧は、龐煖がこの戦いに参戦した理由を、何かに決着をつける為と予想しました。

 

龐煖は王騎の様な強者と戦い、戦場で散りたいと考えているはずです。

そして今秦軍に、王騎ほどの実力があるのは信です。

なので信との決着をつける為に、この戦いに参戦したのではないでしょうか

 

そうなると龐煖は信がいる右翼に現れ、2人は戦う事になり、戦いの中で、着実に実力をつけている事を喜ぶ龐煖。

しかし信は怪我を負っているので、今度完璧な状態で戦いたいと考え、龐煖は退くでしょう。

 

王翦の秘策とは

李牧は守りの布陣から攻めの布陣「大鶴」に変化し、王翦を一日で仕留めようとしています。

これに対し、負ける戦を絶対にしないという王翦はどんな策を考えているのでしょうか。

 

数だけで言えば、王翦軍は3万に対し、李牧軍は5万ですから、李牧の方が有利です。

ただ、王翦は「あの時描いた勝機がようやく形を成して浮かび上がった」と言っているので、完全に勝つ気満々です。

 

その勝機とは、おそらく秦軍右翼の目覚ましい成長によるものでしょう。

覚醒した飛信隊の力は相当なものです。趙峩龍をも討ち取ってしまいましたから。

 

そう考えると、やはり数で負けている王翦が考えているのは、飛信隊による横撃への期待、でしょう。

そのためには飛信隊と玉鳳隊は、最後の砦である尭雲を倒さねばなりません。

 

尭雲は利き腕である右腕を負傷しています。

一方で王賁は満身創痍の状態から何とか回復したという状況、そして信も14日目に横腹に怪我をし、趙峩龍との戦いの疲れもあるでしょう。

お互いに万全の状態ではありませんが、2対1と数では秦軍が有利。

藺相如の矛と言われた尭雲も、ここで討ち取られてしまうのでしょうか。

 

 

ここまで最新話の展開予想を紹介してきました!

『キングダム』単行本を無料で読める方法も別記事で紹介していますので、是非ご覧ください!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話604話の感想と考察

キングダムネタバレ604最新話

 

※確定ネタバレが出次第、感想についても更新予定です!

 

604話では尭雲の暴走なのか、それとも李牧の命に従っているだけなのかはまだ不明ではあるものの、何としても勝利をと前進する信と尭雲との戦いが見れそうですね!

ただ、やはり一番は王翦軍対李牧軍の直接対決が遂に始まるところではないでしょうか。

そして暗躍する龐煖も気になります…。

 

早く604話の確定内容が見たいですね!

 

スポンサードリンク

キングダム最新話604話ネタバレのまとめ

キングダムネタバレ604最新話

 

鄴が後半日で陥落すると言う報せが、李牧の元に届きます。

残された猶予は少ないので、李牧は早期決着をつける為に、攻撃の陣である大鶴を展開

 

その動きを見た王翦は、前から予想していた展開になっている事を喜び、王翦も攻撃の陣に切り替えます。

 

一方戦いを続けている秦軍右翼と趙軍左翼ですが、秦軍には昨日の勢いがあり、徐々に押していきます

趙軍を指揮する馬南慈は、旗色が悪いと思い、趙軍中央軍と挟撃が出来る位置まで退きます。

しかし尭雲は退かずに進軍を開始し、信や王賁を狙おうとします

 

朱海平原の戦いの要である秦軍右翼は、尭雲の思惑を打ち破って、李牧の首を取る事が出来るのでしょうか!?

 

次回の『キングダム』第605話を楽しみに待ちましょう!

 

 

『キングダム』直近のネタバレ内容はこちら!
604話 603話 602話
601話 600話 599話
598話 597話 596話

 

4月に公開した実写映画『キングダム』についての情報はこちら!

 

『キングダム』最新刊54巻についての情報もまとめています!

『キングダム』単行本を無料で読める方法も紹介していますので、是非ご覧ください!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-キングダム
-, , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.