Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

キングダム

キングダム586ネタバレ予想!最新話で関常死に王賁覚醒するも討たれる!?

投稿日:2018年12月30日 更新日:

キングダム586ネタバレ予想

 

かなり白熱した展開を見せている漫画『キングダム』の最新586話のネタバレ予想です!

前回『キングダム』585話では、王賁を討ち取ろうという目的のために尭雲が趙峩龍と連携し、玉鳳隊を奇襲!

尭雲は王賁本陣に踏み込み、精鋭部隊雷雲のさらに精鋭「十槍」と共に王賁を取り囲んで攻撃をする「雷獄」を繰り出しました。

しかし、王賁は関常の発破もあって何とかその包囲網を抜け出すことに成功しますが、追ってきた尭雲が今にも攻撃をしそうなところ、関常が王賁の身代わりになろうとしていました!

 

こんな大変なラストとなった585話の続きとなる586話はどんな展開になっていくのか!

緊迫している状況の『キングダム』586話のネタバレ展開を予想してみました!

 

スポンサードリンク

キングダム586話最新ネタバレ予想①:関常が死に王賁がさらに覚醒する

 

 

『キングダム』586話では、尭雲の攻撃によって関常が重傷を負ってしまい、そのまま死んでしまう。

それを見た王賁が悲しみと怒りで覚醒し、尭雲を討ちに行くという予想です。

 

「覚醒」が今まで起こっていたのは、何かしらの困難を迎えている状況の場合でした。

例えば今回の信と王賁の覚醒は、兵糧が不足していたことで極限状態に陥っていたため、精神的に強さのレベルが上がったような感じでしたよね。

 

危機的状況を乗り越えるために自らのレベルを上げる、強くなるというのは、他の少年漫画にも多くあるパターンでもあります。

例えば、『ドラゴンボール』のサイヤ人が超サイヤ人になるときのように、悲しみと怒りで進化を遂げる、みたいな描写がありますよね。

 

今回、関常が王賁の盾となって尭雲の凶刃に裂かれてしまうことで、王賁は自分が何もできなかったことを呪い、悔やみ、何としてでも仇を取る!!と心が猛る。

それで王賁は更なる覚醒を起こし、無我夢中にも尭雲に立ち向かっていくのではないでしょうか。

 

もしかすると、関常を亡くしてしまったことでの王賁の心の声などから覚醒のシーンまでで『キングダム』586話は終わり、『キングダム』587話で尭雲との決着シーンが描かれることになるかもしれませんね。

 

キングダム586話最新ネタバレ予想①続き:王賁と尭雲は相打ち

尭雲との一騎打ち、もしくは十槍も襲ってくるでしょうから多勢対王賁ただ一人となるかもしれませんが、極限なる戦いを起こします。

そして王賁と尭雲は最後相打ちとなり、共に重傷を負わせ、尭雲は死に、王賁はかろうじて生きるもここで戦線離脱となるのではないでしょうか。

 

重傷となって王賁が抜ける理由は、やはり「王賁が討たれてしまう」という明確な煽りがあったからです。

あれがなければ王賁は雷獄で受けた傷で済んだかもしれませんが、今でもまだ戦える状態ですから、討たれたというわけではありません。

あのテロップが今後の未来のことであれば、やはり王賁はこの尭雲との戦いでやられてしまい、命までは奪われずとも戦うことができなくなるほどの怪我となるのではないでしょうか。

 

そして、関常も死んでしまい、もしかすると番陽でさえも趙峩龍に敵わずやられてしまうかもしれません。

となると、玉鳳隊は崩壊となります。

 

ただ、二人の重要な部下がやられてしまったことを王賁は身にしみてわかっていますから、覚醒の段階がさらに上がった状態で、いずれは復活するのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

キングダム586話最新ネタバレ予想②:関常と王賁が共に重傷を負う

 

 

『キングダム』586話の2つ目の予想としては、関常と王賁が二人とも尭雲によって重傷を負ってしまうというものです。

 

関常が王賁の盾となり両手を広げている状態で立ち塞がっているので、尭雲が矛を振り下ろしたら確実に当たることになりますよね。

ただあの矛はものすごく大きく、リーチも相当に長いものだと思うのです。

そして王賁も、いくら関常にそのまま走れと言われたとしても、大切な家臣の危機を見逃すことなどできないでしょう。

 

おそらく王賁は振り返って関常を救けに戻るのではないでしょうか。

しかし王賁は間に合わず、逆に切り裂かれた関常が王賁側に倒れてきてしまう。

もしくは王賁は助けようとするも、長い矛が関常も王賁も斬ってしまい、そのまま王賁は落馬してしまうのではと考えます。

 

現に、亜光軍の亜光が戦線離脱した際、虞寧副官が亜光を守ろうとして尭雲に立ち向かいますが、尭雲の凶刃によって斬られてしまいましたよね。

このシーンと、今回の関常が王賁を守って尭雲に立ち向かうという一連の流れがとてもよく似ているのです。

 

つまり、亜光が戦線離脱した際と同じように、王賁も関常を失いながらも重傷を負い、戦線離脱することになると考えます。

ここで王賁を救うのは亜花錦でしょう。亜光を救ったときと同じように、戦局を見極めて危機一髪のタイミングで何とか助け出してくれるのではないでしょうか。

 

王賁は部下を救うことができなかった悲しみと、ただ逃げることしかできなかった悔しさで闇に埋もれそうな気がします。

しかしこの、肉親にも近い存在を失うというこの出来事こそが、更なる覚醒を生み出すきっかけになるかもしれません。

次に王賁が立ち上がるときは、これまで以上に強い武将となっているに違いないですね。

 

スポンサードリンク

キングダム586話最新ネタバレ予想③:尭雲を討つは羌瘣

『キングダム』586話の3つ目の予想ですが、587話以降につながっていく予想です。

それは、王賁がやられて玉鳳隊が崩壊してしまった後、尭雲を討つのは羌瘣になるというものです。

 

尭雲が尭雲軍の後ろから玉鳳隊の方へ向かう時、羌瘣は自分が相手をするなら尭雲になら勝てると言っていました。

飛信隊としては尭雲の動きを見失ってしまいましたが、羌瘣だけはその後も一度狙いを定めた尭雲の動きを追い続けていたかもしれません。

 

それで、関常がやられてしまって王賁もすでに力尽きそうなとき、羌瘣の隊が岳嬰軍を打ち倒して参戦し、羌瘣が雷雲と尭雲に戦いを挑むと予想します。

 

羌瘣は、尭雲だけなら、と言っていたので、もし上記のようにあいまみえるなら、先に羌瘣隊は尭雲を仕留めようとはせず、雷雲から殲滅を図るでしょう。

精鋭部隊で来ている雷雲は、攻撃力は確かにありますが、羌瘣の防壁にはおそらく敵わないはず。

というのは、玉鳳隊を沈めようとしているあまりに雷雲はここで体力をかなり消耗していそうだからです。

 

弱体化しつつある相手の攻撃なら、羌瘣隊にとっては決して負けるような相手ではないでしょう。

十槍、そして雷雲を次々と倒し、最後に尭雲に羌瘣が戦いを挑む。

そんな展開になっていくのではないでしょうか!

 

スポンサードリンク

キングダム586話最新ネタバレ予想まとめ

今回は『キングダム』最新話586話にてどのような展開になっていくかを予想し、ネタバレも含めて考えてみました。

確実に関常は尭雲の攻撃によってやられてしまうでしょう。

王賁が再び関常を救けに戻るか、それとも関常がやられたのを見て覚醒するかとはなりますが、既に雷獄による攻撃を受けている王賁はもうそこまで持たないはずです。

一旦はここで亜花錦などの助けによって王賁は戦線離脱。しかしこの出来事を機にさらに強くなって戻ってくるでしょう。

 

その時までにこの右翼での戦いがどう動いていくか!また『キングダム』を読みながら考えていきたいと思います!

 

<キングダムに関する記事>

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-キングダム
-, ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.