Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

キングダム

キングダム585話考察!王賁は尭雲に討たれるが死亡しない!

投稿日:

キングダム考察585

 

今回はキングダム585話以降で王賁は尭雲に討たれてしまうが、死亡はしない、と考察したことについて書いていきます!

キングダム583話~最新話584話までの中で、衝撃的だった「王賁が討たれてしまう」という煽りがありました。

実際、尭雲や趙峩龍はここにきて大きく戦術を変えたかのように、完全に連携を取って信たちを圧倒し、集中的に王賁を攻めていく描写がありました。

王賁の兵士たちも翻弄され、尭雲の精鋭部隊である「雷雲」、その中のさらに精鋭「十槍」にことごとくやられていて、本当に王賁が討たれてしまうような感じですよね。

 

しかし、討たれるというのは果たして本当なのか?

討たれた場合、王賁は死んでしまうのか?

 

筆者は、王賁は討たれはしますが、死ぬことはないと考察しています。

 

今回はキングダム585話以降で王賁が討たれるが死にはしない理由を述べていきます。

 

スポンサードリンク

キングダム585話以降で王賁は討たれるが死亡はしない根拠

では改めて王賁がこの朱海平原の十三日目で討たれるが死亡はしない、という根拠について述べていきます。

キングダム583話にて「王賁が討たれてしまう」と煽りがありました。

これには、王賁がここで死んでしまうのか!?と、誰もが驚いたことでしょう。

 

しかしここで書かれているのは「討たれてしまう」とだけ

 

まず、述べられてしまっている以上は確実に王賁は討たれてしまうことになります。

これは合っているのでしょう。

 

ただ、「死んでしまう」まで意味を拡大させてしまうのは間違っている可能性があります。

 

よく歴史ものでは「討ち死に」という言葉があります。

これは、「討たれて死んでしまう」という意味です。

つまり、「討たれる」と「死んでしまう」は全く別物の言葉であり意味だと考えます。

 

このことから、王賁は確実にこの十三日目の戦いで討たれてしまう。

あの鬼のような目でぎらついて王賁の本陣に迫ってきている尭雲によって。

確実に重傷となり、亜光のように戦線離脱する可能性もあるでしょう。

 

しかし、死亡はしない!

「討たれて死んでしまう」と書かれていない以上は、王賁が死亡することはないと言えます。

 

ここで王賁が討たれてしまうことは確かに右翼においては非常に危機的状況ですが、それでも信たちがこの出来事をばねに変えて今こそふんばるときだ!と危機を乗り越えるのではと思っています。

 

こちらでも王賁の今後について詳しく書いているので、読んでいただけると嬉しいです!

キングダムネタバレ584最新話確定感想!王賁が討たれるの意味とは

  2018年12月20日に発売の週刊ヤングジャンプに掲載の漫画『キングダム』最新話584話のネタバレと感想です。 前回583話は、主への想いの違いでカイネと尭雲の口論があったことと、十三日目となって ...

続きを見る

 

スポンサードリンク

キングダム585話以降で王賁が討たれることも王翦は予測している

実は、キングダム585話以降で描かれることにもなるでしょうが、王賁が討たれる可能性は王翦自身予測しているのです。

 

趙左翼に李牧は王賁を狙うように伝言を伝えました。

これが十三日目の戦いに生きており、今王賁が危機的状況に陥っているきっかけとなっています。

 

ただ、王賁が討たれるかもしれないことを王翦は予測していたのです。

それは王翦がこの戦いを総括するような考えを示していたときのこと。

 

右翼は亜光が九日目に討たれたときに、本当は岳嬰ではなく趙左翼の頭脳となっている趙峩龍を狙うべきだったと言う王翦。

これまでの功績を認めるものの、もっとこうすればよかったのにと、まだ信や王賁を認めていない意味合いにもとれます。

 

そして趙峩龍を残してしまったことから、右翼はまた山場を迎えるだろうと。

この山場、という表現には、先を読む王翦のことですから「信または王賁が討たれてしまう可能性」も十分に考慮に入れているのではと推測します。

 

そしてさらに、その山場を迎えるとあっても王翦は中央軍の進撃を開始しました。

それは右翼が山場を越えると読んだから。

つまり、信または王賁が討たれたとしても、王翦の中での勝利の読みは全く狂わない、ということなのでしょう。

 

実際に史実では、趙を滅ぼすときに王翦と共に将軍として進軍するのは羌瘣です。

この右翼の山場で羌瘣が覚醒することも、王翦は視野に入れているのではないでしょうか。

 

つまり、王翦は王賁が討たれてしまうという可能性も考えた上で、中央軍を前進させるという現在の行動を起こしていると考察できます。

本当に芯がしっかりと根を据えた男だと感じます…!

 

スポンサードリンク

キングダム585話以降で討たれる王賁が復活する可能性

では、キングダム585話以降で、討たれる王賁が今後戦いに復活する可能性はあるのか?と考えますが、おそらく最終的には戦場に復帰するでしょう。

 

どういった形かは読めない部分もありますが、かなりの重傷であったとしてもそこから限界を超えて、秦国を勝利へと導く決めの一手を与えてくれるのではないかと。

 

その理由は、今の王賁には武功が少ないからです。

この戦を生き残れば将軍という話はありましたが、生き残っただけでは正直なところ将軍へ地位を上げる決め手には欠けます

他の総大将が王賁以上の躍進となる武功を上げていたら、生き残るだけでは弱いからです。

 

例えば信は岳嬰を討ち取りました。

相性で言うなら、今王賁を攻めている尭雲を討ち取るのは信、もしくは羌瘣でしょう。

 

こうした武功を上げようとしている二人がいる中、王賁は現在様々な局面で持ちこたえるような読みを展開してはいるものの、いまだ武将の一人も討ち取ってはいません。

それで逆に討たれてしまい、戦線離脱までしてしまっては地位を上げるなど悔しいですが言語道断でしょう。

 

それを王賁もわかっているはず。なんとしてもこの戦いに懸ける想いは誰よりもあるはずです。

そのため、もし尭雲によって戦闘不能に至るまでの傷を負ってしまったとしても、限界を超えて覚醒し、最終、王賁が深刻を勝利へと導くような攻撃を行うと信じたいです。

 

李牧を討てなくとも、王賁のあの行動があったからこそ秦国はこの朱海平原に勝利できた!

そう誰もが認める武功を上げて、将軍に昇格してほしいと願います!

 

スポンサードリンク

まとめ

今回はキングダム585話以降で王賁が討たれるも死亡することはないと考察した内容をまとめました。

キングダム584話で尭雲が王賁の本陣目前へ迫っていますから、キングダム585話では確実に王賁が討たれてしまうと予測できます。

2018年末にこの場面を持ってくるとは…。

しかし、王賁はそれで死亡することはなく、討たれはするものの起死回生の一手を打ってくると思っていて間違いないでしょう!

 

キングダム585話以降の展開に大いに期待しましょう!

 

<キングダム関連記事>

キングダムネタバレ584最新話確定感想!王賁が討たれるの意味とは

  2018年12月20日に発売の週刊ヤングジャンプに掲載の漫画『キングダム』最新話584話のネタバレと感想です。 前回583話は、主への想いの違いでカイネと尭雲の口論があったことと、十三日目となって ...

続きを見る

キングダムネタバレ583最新話確定感想!王賁が標的となり王翦の想いは

  2018年12月13日に発売の週刊ヤングジャンプ2号に掲載の漫画『キングダム』最新話583話のネタバレと感想です。 前回は束の間の夜の休息、信や隊長たちはこれまで勇敢に戦ってきた兵士たち一人ひとり ...

続きを見る

キングダム582-583ネタバレ最新話感想考察!信と王賁の活躍で王翦と李牧は

  2018年12月6日に発売した週刊ヤングジャンプ1号に掲載の漫画『キングダム』最新話582話のネタバレと感想考察です。 前回までに飛信隊と玉鳳隊が覚醒し、多くの兵がさらに成長してこの激戦の中素晴ら ...

続きを見る

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-キングダム
-, , , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.