Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話!漫画バレあらすじと感想考察

投稿日:2019年2月27日 更新日:

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話

 

週刊ヤングジャンプの人気漫画『ゴールデンカムイ』最新話191話のネタバレと感想考察、展開予想です!

 

怒りの鯉登と執念のキロランケの戦いがいまだ印象的です。

谷垣との戦いで深手を負っているキロランケですが、奇襲と執念で鯉登を追い詰めました。

しかし、大切な部下を手負いにされて、黙っている鯉登ではありませんでしたね!

 

可愛かったですねアザラシ!(『金カム』第189話参照)

 

ピンチに陥りながらも、キロランケの首に小刀をお見舞いした鯉登!

鯉登の攻撃はとどめになっていたのでしょうか?

あれで決着がついたのでしょうか?

 

 

 

そして月島、谷垣、アシリパが合流し、キロランケが散ることに…。

 

様々な想いが交差する、『金カム』!!!

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレ:前回190話感想考察

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話

 

キロランケ…ウゥ…。

 

もうこの人、死なないんじゃないのかってくらい、手負いでも強かったですね。

 

そしてアシリパから、全部思い出したと聞いた時のキロランケの顔…。

穏やかでしたね…。

杉元達とわちゃわちゃしてた時の、楽しかった頃のキロランケの顔ですよ…。

 

回想シーンも、涙を誘う前に笑いを誘われちゃいました。

さすが、『金カム』ですね。

 

「いやいや、ハハハ、やっぱそうなってたの君たちも」 ってクスッとしてからの、しみじみ回想。

 

キロランケ…。

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレ:前回190話感想考察②

そしてアシリパが駆けつけたということは、当然杉元・白石・リュウも居るわけですが。

杉元が誰かをおぶっていましたね。

 

 

この人ですよね。 そうですよね、応急処置しても、あんな極寒の地に置き去りにしたらしんじゃいますもんね…。

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレ

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話

 

では『ゴールデンカムイ』最新話191話

「故郷の水」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191話ネタバレ:真実はどっち…?

永い眠りについたキロランケ。

 

白石が言います。

 

「この流氷は、アムール川の水が凍ったものだってキロちゃんが言ってた。」

「春が来て流氷が溶けたら、故郷に帰って眠ることができる…。」

 

 

父を殺したのは本当にキロランケなのか、だとしたら理由はなぜなのか。

キロランケから説明してほしかったというアシリパ。

 

現在は、「父がアイヌを裏切った」というキロランケからの情報と。

「父は裏切っていない」という杉元からの情報で…揺れています。

 

ソフィアは全て知っているかもしれない、まだ近くにいるはず…。

 

あたりを見渡すと、遠くに人影があります。

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191話ネタバレ:暑苦しい男

キロランケ戦で負傷した月島を気にかけつつ、自分の傷の手当てをする鯉登。

 

遠くの人影を見つけたアシリパに対し、「私の許可なしに行動するな」と釘をさしますが…。

 

「見に行ってくる」

「俺も」

アシリパと杉元は鯉登を完全無視で走って行ってしまいます。

 

 

物陰からそっと様子をうかがうアシリパと杉元。

人影はもめているようですが、なんだか聞き覚えのあるセリフ…。

見覚えのあるハイテンション…。

うるさめのスタンプをあしらった集中線を背負って、振り向いたのは!

 

刺青を持つ囚人、岩息です!

 

振り向いた顔が暑苦しい!(褒めています)

 

杉元達と合流し、出血がひどく動けない月島を、お姫様抱っこで運ぶ岩息。

船で入国するのはリスクが高いため、陸路で北上していたということを、キラッキラしながら説明します。

なんとも言えない表情の月島…。

 

白石だけは、キロランケを埋葬した場所を振り返り、別れを口にします。

 

「怪我人を亜港まで運んだ後、またソフィアを探しに行く?」

とアシリパに尋ねる杉元。

「いや、ソフィアが私を探しに来る、必ず会える」

アシリパは確信しています。

 

「あ、アシリパさん、これ」

 

と軽い感じで杉元はアシリパにあるものを渡します。

ほっとした表情で受け取るアシリパ。

 

杉元が渡したのは、網走監獄の時に預かっていた、アシリパのマキリ(小刀)でした。

 

一行は北海道を目指します!

 

 

アシリパ達が去った後、ソフィアは氷の下に眠るキロランケに、別れを告げに来ていました…。

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191話ネタバレ:ダンディー登場

場所は変わって登別。

 

二階堂と宇佐美が温泉に来ており、打たせ湯を楽しんでいます。

 

「うわー!」

どこに打たせ湯当ててんの宇佐美…あの二階堂がちゃんとしてるのに。

そうツッコミたくなったところに、位の高いダンディー、菊田特務曹長が登場します。

一瞬まともになって、菊田に怪我の経過を尋ねる宇佐美。

ダンディー菊田が答えている最中、また「うわー!」とやりだします。…なにやってんの。

 

菊田は二階堂に、有古一等卒の話は聞いたか?と尋ねます。

どんな話ですか?と質問する二階堂。

菊田が言うには、こうです。

 

「昨夜、登別よりさらに山奥の温泉で、雪山を明かりもなく下駄で逃げていった男がいたらしい」

 

新展開の予感ですね…!

 

「うわぁあ!!き(あほなこと言ってますので、是非本誌で確認を)るぅ~!」

とまだやっている宇佐美は放っておいて、今回はここまで!です!

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレ展開予想

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話

 

ではここからは『ゴールデンカムイ』最新話191話、192話へと続く展開予想を考えていきます!

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレ展開予想:鶴見中尉?

アシリパが思い出したことについて、触れていくのではないかと思います。

いや、ひと段落ついたので、鶴見チームか土方チームの方の話になるかもしれませんね?

 

私としては、尾形の意識がいつ戻るのかと、どう出るのかということが気になるんですが…。

杉元がずっとおぶっていくのは、さすがに重そうですし。

アシリパに対して何か言うのかも、気になるところです。

 

いや、鶴見中尉最近見てないから、鶴見中尉方面の話になるのかな…。

 

キロランケの回想シーンで、ちょっとフフッとなりましたが、悲しくないお笑い回が見たいなぁと私は思っているのですが…皆さんはどうですか?

 

作者様のTwitterで笑わせてもらってますけども。

 

 

スポンサードリンク

ゴールデンカムイ最新話191ネタバレまとめ

ゴールデンカムイ191ネタバレ最新話

 

  • キロランケ強すぎ問題
  • 鯉登の身体能力はすごい
  • さようなら、キロランケ

 

ついにキロランケと決着がつき、展開は更なる方向へ…。

しかしキロランケと鯉登の死闘、すごかったですね。

お互い腕と掌、刃物貫通しちゃってました…。

 

アシリパが聞きたかったことは、結局聞けず…。

 

「父を殺したのは、キロランケなのか」

 

本人に、確認できませんでした。

 

アシリパの気持ちはここからどこへ向かうのか、何を手にするのか。

 

次回の『ゴールデンカムイ』第192話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-ゴールデンカムイ

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.