【ワンピース】ワノ国に行かないマルコが参戦する可能性を考察

ワンピースの物語はますます緊迫した展開に向かっています。

“個人的にモモの助の頑丈さに驚いたな。ルフィ、ゾロ、サンジでもダメージを負うナミの打撃喰らっても平然と痛くはないって相当頑丈よな
カイドウとビックマムの懸賞金が、合わせて89億ちょっとなのでルフィ、キッド、ロー合わせて90億くらいになるのではと思うので3人とも30億になるなるとおもいまーす

“ バギーに関しては、単行本25巻の表紙がシャンクス、黒ひげ、ルフィ、バギーなのでこれが伏線であれば四皇の可能性ありますね〜
シャンクス、黒ひげ、ルフィ、バキーが四皇でキッドとローは四皇になる確率は低いです。
(多分)
というかバギーは確定です

“ 懸賞金に関しては、シャンクスが更に上がってる可能性もあるから一概にルフィが50億行かないとは言いきれないのなぁ、
ルフィの5656ゴムゴムの実のないことが証明されて麦わらの一味に再び5656の実が入ることになりそうですね。ゴロゴロのエネルでしょうか

ワンピースの謎 – ロードポーネグリフはどこに行ったのか?

現在、ワンピースの物語は非常に興味深い展開を迎えています。
特に、ロードポーネグリフの行方についての謎が気になります。
魚人島にあったロードポーネグリフが現在はどこに行ったのか、その答えを探るべく、さまざまな考察が行われています。

まず、ロードポーネグリフが魚人島にあったことは確定事項です。
最後のロードポーを確認していたのはロジャー海賊団であり、その後も魚人族たち、ネプチューンを含む魚人島の幹部たちが関与している可能性が高いと考えられます。
しかし、その中で誰がロードポーネグリフを持っているのかは謎です。

さらに、黒ひげとシャンクスについても注目が集まっています。
黒ひげはモーニンググリフを持っている可能性が高く、シャンクスも何らかのロードポーネグリフを持っているかもしれません。
黒ひげとシャンクスの対比が興味深く、最後の一つのロードポーネグリフがどちらにあるのかはわかりません。

このように、ワンピースの世界にはまだ解明されていない謎が多くあります。
それぞれのキャラクターの持ち物や戦いの行方が今後の展開で明らかになることを期待しています。

ワンピースの謎 – ロードポーネグリフとトーナメント

ワンピースの物語は常に謎に包まれており、その一つがロードポーネグリフの行方です。
尾田先生が設定したトーナメントが物語を盛り上げるために行われているように感じます。
そして、そのトーナメントの中で黒ひげVSシャンクスという、ワンピース市場で最も期待される対決を生み出すための設定があるのではないでしょうか?
また、犯人が自分自身である可能性についても考えてみましょう。
ポーネグリフの研究が漏れた理由に納得している可能性があります。
これは、個人の内面に悪の部分が存在し、それが外部に影響を及ぼすというテーマと関連しているかもしれません。
しかし、誰がその一部なのかはまだ不明です。

ワンピースの物語は謎に満ちており、その魅力はますます高まっています。
我々はドラゴンボールから始まり、さまざまな展開を迎えてきましたが、まだ解明されていない謎が多く残っています。

ワンピースの謎 – ロードポーネグリフと種族の守護

ワンピースの世界にはさまざまなロードポーネグリフが存在し、その中でも注目されるのが魚人島とホールケーキアイランドにあったロードポーネグリフです。
特に、これらのロードポーネグリフは異なる種族によって守護されていました。

魚人島にあったロードポーネグリフは、魚人族と巨人族という種族によって守られていました。
一方、ホールケーキアイランドにあったロードポーネグリフは、元々Nバフにあったものである可能性が浮上しています。
これらの情報から、つの異なる種族(巨人族、ミンク族、上月系、魚人族)がそれぞれロードポーネグリフを保護していたことが分かります。

さらに、黒ひげと戦うロー、シャンクスと対峙するキットが戦闘を通じてパワーアップする可能性が高いです。
ルフィが突出して強い存在であることも考慮に入れれば、物語がよりスリリングに展開することでしょう。

ワンピースの謎は深まり続けており、ファンとしては今後の展開がますます楽しみです。

“太陽神を信仰している国に古代兵器があり、それを操ることができるのは太陽神。
それがルフィであるってことか。
ニカの構想はもしかしたら、だいぶ前からあったことになるなー
尾田さんえぐい😂

“ルフィがやろうとしていることってなんか新ビックリマンのピアマルコがやった事となんとなく似ているンだケド…。
アラバスタの冒険中の砂の下に
ゾロとルフィが落ちたとき、四角い大きな石がたくさんあった
と思います。

“ロビンは今まで読んだポーネグリフの内容を一切言わないことは合理的じゃないな。せめてルフィたちと共有するぐらい。。

ワンピースの謎 – キングの正体と能力

ワンピースの物語に登場するキングは、非常に貴重な存在であると言えます。
その予測不能な種族と圧倒的な能力について考察してみましょう。

キングの戦闘力は非常に高く、ゾロとの戦いでその強さを実感させられました。
圧倒的な体の強靭性を持ち、背中に炎を灯すことでどんな攻撃も通さない鉄壁の守りを持っています。
また、炎が消えた際には電圧で強力な技を繰り出すこともでき、大きな翼があることから飛行能力を兼ね備えている可能性も考えられます。
さらに、キングが太陽の神ニカとの関連言語を知っていることも謎の一つです。

ワンピースに登場するキャラクターの名前には、尾田先生が様々な意味を込めていることがあります。
例えば、ガープ

、スモーカー、田尻、ホビーヘルメットなどがそれに該当します。
コビーはルフィと冒険を共にし、友達としての絆を深めました。
スモーカーはアラバスターやパンクハザードでルフィと共闘し、ガープもルフィとの関係が特別です。
ウォーターセブンでの出来事や頂上戦争での行動など、彼らのキャラクターには個性的な要素が詰まっています。
ドレイクも特殊な存在であり、物語に独自の要素を持ち込んでいます。

ワンピースの謎 – ルフィの最終対戦相手

ワンピースの物語はクライマックスに向かっており、今後の展開が非常に注目されています。
その中でも特に気になるのは、主人公モンキーDルフィの最終対戦相手です。
ルフィはこれまで数々の困難を乗り越え、大逆転により多くの激闘に勝利してきました。
しかし、最終章においては世界政府や革命軍などさまざまな勢力が台頭し、ルフィに立ちはだかるラスボスとしての候補が増えています。

ルフィの超パワーアップを考えると、誰が彼を倒すことができるのかが重要な問題となります。
四皇や武器などによる倒し方について徹底的に考察してみましょう。

ワンピース第1090話までのネタバレを含む情報がありますので、まだ知らない方はご注意ください。
物語のクライマックスに向けて、ルフィの運命がどのように展開されるのか、今後の展望が非常に楽しみです。

“推しは別だけど1番であって欲しいって聞きすぎて自然とルフィ以外で推しを作ろうとしてたけど、個人的にはルフィ推し!!
不可抗力を除いてルフィがサンジを殴ったのあれが初めてなんだよね。
あれはサンジもこたえたんじゃないかな。凄ぇいいシーンだった。

“ ルフィに死を覚悟させた唯一のキャラ、バギー。
いずれルフィが誰かに殺されるならバギーであって欲しい。
蕾(あなた):わぁ良いなぁそしてルフィもやれいさんがルフィは誰かって教えてあげたしでもルフィ見た目かっこいいなぁ

“ 藤虎は間違いなくルフィを太陽としてみてる
俺も立派だった!のシーンすきだな
光強すぎて焼けそう(妬けそう)
ルフィが本心では黄猿を仲間だと思ってたことが発覚した名シーンですね!
本誌で呼んだ時感動の涙を流したのを思い出します!

ワンピースの謎 – ルフィの最終対戦相手

4人目の考察対象はモンキー・D・ドラゴンです。
彼はルフィの実の父親であり、革命軍の総司令官として世界政府から最悪の犯罪者と呼ばれています。
革命軍は天竜

人の統治に反対する組織であり、海賊との協力関係は必ずしも確立されていないため、ルフィとドラゴンが戦う展開は可能性が低いと言えます。

ただし、ルフィとドラゴンの親子対決が実現すれば、物語は大きな盛り上がりを見せることでしょう。
ルフィとドラゴンがどちらかに勝利するのか、その行方が注目されます。

また、ドラゴンの覇気についても考えてみましょう。
ルフィの覇王色の近隣を見据えたガープの発言から、ドラゴンの覇気の強大さが明らかになっています。
覇気に生まれながらの才能を持つ彼がルフィにどのような影響を及ぼすか、今後の展開が非常に興味深いです。

“ 考察ですが、ルフィが29歳になったとき、モモノスケが海賊王になり、ルフィやガープを56したじゃないかと思います。
ルフィとナミはレイリーとシャッキーみたいに結婚はしないけど一緒に居そう。ルフィの面倒見れるのはナミくらいだからな

“ 最終的にルフィーもサンジと同じように
サンジ「やめてくれー!ロビンちゅわーん」
ルフィー「やめろー!ロビン!」

“ ルフィは複雑な家族見てきてるし、エースがロジャーの息子で世間から鬼呼ばわりされてたりサボの複雑な家庭見てるからルフィは結婚しなさそう。
くまはゾロの言葉を聞いてシャボンディ諸島で逃してくれたんかな?
そうならくまもルフィが海賊王になると思ってるという意味で仲間になるかもw

ワンピースの謎 – エースとの最後の対決

ワンピースの物語において、エースは長らく霧の兄として登場し、ルフィとの関係は特別なものでした。
エースはロジャーなき世界で最もONE PIECEに近い存在とまで称され、その存在感は非常に大きかったです。
しかし、エースはすでに命を落としており、現在ではルフィとの対決は不可能です。
それでも、エースがルフィとの対戦相手に選ばれた場合、その戦いは非常に見所あるものとなるでしょう。

また、かつてアイスバーグがフランキーの兵器を見た際の反応について触れています。
当時、人間に作れるとは考えられないほどの兵器でしたが、現在のフランキーにとってはそれほど驚くことではないでしょう。
ルフィ自身は兵器や武力にはあまりこだわりがなく、その理解が足りないかもしれません。

“ 【私は死にたいのよ!】って言っていたロビンが最後に見せた笑顔に感動してまた泣きました。このシーンロビンの苦悩が解放された瞬間ですよね誰に対しても人望と正義心のあるルフィに感動!いつか本当に『海賊王』になって欲しいです亡き父親【ゴールDロジャー】の様に…

ワンピースの謎 – ルフィとの信頼と対等な関係

ルフィとモノスケの会話について考察します。
モノスケはかつてルフィたちと一緒に行く選択を覆し、別の方向へ進むことを選びました。
この小さな会話からは、ルフィと彼の仲間たちとの信頼関係が感じられます。
ルフィはこれまで仲間たちとの絆を築いてきましたが、彼らの中には弱気になる瞬間もあるでしょう。
しかし、ルフィは彼らを信じ、仲間として接しています。
これが彼の魅力の一つであり、物語をさらに魅力的にしています。

“ 昔、ワンピースアンチだったけど年取ってから読んだらまじで好きになった。各章泣いちゃう。ルフィかっこいいよ。
ルフィさん見てるとなんか泣けて来てしまいます。人気投票、他の漫画なら一位が入れ替わることあるけど、ルフィさんぶっち切りの一位って頷ける。

“ どれだけ傷付いてもルフィは、1番最初に仲間にした、ゾロをしっかりと覚えていることにだけは感動した!すごいよ
ルフィ。、ゾロ、サンジ、チョッパーと仲間が順番で登場してたからカクが仲間になると思ったのマジで懐かしいw

“ 世界最高の主人公だよ。ゾロに対しては命と引き換えに海賊をやるというえぐすぎる取引してたけど笑ほんとルフィだいすき。

ワンピースの謎 – ラフテルの不確かな存在

ワンピースの物語において、ラフテルやワンピースなどの存在は非常に不確かなものとされています。
なぜなら、800年間も誰もたどり着けなかったのは、それが存在しないと認識されていたからかもしれません。
このような状況下で、ルフィとベガパンクが出会う意味がさらに大きなものになる可能性を感じます。
アトラスのキャラデザインも、歌を意識しているように見え、その見た目からも何かを感じさせます。
攻撃の理由が海賊や侵入者ではなく、無差別に襲うというこの島の仕組みは、いびつさを感じさせます。

“本人自覚なしだけど、誰かといないと永遠に迷子を続けて目的地に辿り着けないゾロにとってもルフィとの出会いはまさしく暁光だったわけですね。

“ ルフィは自分の夢に向かって突き進む(女性に興味なし)
ゾロは自分の野望に向かって突き進む(女性に興味なし、例外あり)
サンジはあらゆる女性を対等に対応する(例外を除いて、オカマとか)

この3人は自分の物にするんじゃなくて救って解放してあげる方がかっこいいのよ✨

“ ルフィ「宝があるかないかなんて聞きたくねぇ」

白ヒゲ「ワンピースは実在する」

ルフィ「・・・」

ワンピースの謎 – ロビンの名前と信頼

ロビンが新聞記事を読みながらルフィに関連する名前に触れました。
ルフィは新たに関わりのある名前が出ていることにはあまり驚かず、「お前に任せる」と返しました。
この会話から、ルフィと彼の仲間たちとの信頼関係が伝わります。
また、ロビンがルフィにとって関連のある名前を認識していなければ、彼女にとってはそれほど重要でない可能性も考えられます。
名前が物語にどのような役割を果たすか、今後の展開が楽しみです。