【ワンピース】“居眠り狂死郎”の正体とは何者か?その強さや能力に迫る

リング性は英雄的な存在とされています。彼は竜宮王国の人魚姫白星を庇ったことによって処刑されましたが、その行動からも彼が特別な存在であることが伺えます。しかし、この英雄的な地位は天竜人社会内に限られており、彼が人を人と思わないという特性も持っています。
ガーリング性と五老星
ガーリング性は、言葉遣いが普通の天竜人と同じであることからもわかるように、五老星と同様に最高権力を持つ人物と推測されます。彼が天竜人を殺す能力を持つことからもその立場の高さがうかがえます。

“もしもガープが天竜人をゴミクズって言ったことがバレてもガープを圧倒できる人物が海軍にいないから何も出来ないだろうなw
ガープ「ワシはドフラミンゴを生贄に魔法カード『拳骨』を発動!この拳骨で天竜人を攻撃し、さらにセンゴクやおつるちゃんの矛先をドフラミンゴに変更することができる!」

“天竜人をボロくそ言ってもガープを死罪に出来ない気がする海軍大将より強くて相手にしようもんなら四皇相手にしてると思わなければならなそう…
普通は大将とかの位の人には意見なんか言えないのに、ただの兵士に「手伝ってください」って言わせられる、ガープの親近性すごいと思います

“あの英雄ガープを操ることすらとんでもないことなのに、それを利用して間接的に天竜人に復讐するとはなんて恐ろしい奴なんだー!(棒読み)
「じゃあ、今のなし」って言われてもなかったことにできないだろこれwww

あとガープのハチャメチャなとこ大好きw

タイトル: 神の騎士団と特別な王族の謎

神の騎士団と9つの影
最新の第108話において、ドラゴンがイメージしていた神の騎士団のシルエットについて言及されています。その中で、9つの影のうち1つがシャンクスと似た影であることが明らかになりました。これから、神の騎士団のメンバーの中には、まだ明らかにされていない存在がいる可能性が高いです。また、銃の王族の数とも関連しており、9つの特別な王族が神の騎士団を構成していると考察されています。
空白の100年と大きな名前
神の騎士団に登場する8人のメンバーは、今後大きな役割を果たすことが予測されています。特別な王族となったきっかけは、空白の100年と関連しており、多大な成功を収めた戦闘能力の高い王族が神の騎士団の一員となった可能性が高いです。これにより、ガーリング性が英雄的な扱いを受け、シャンクスの強さの根拠が明らかになるでしょう。

“かつてロジャーと渡り合った白ひげ.

俺「そりゃ白ひげなら渡り合えるよな」
かつてロジャーと渡り合ったガープ.

俺「ライバルってとこかな」
かつてロジャーと渡り合ったシキ.

俺「😐」

“ ロジャーと組んで、ロックスDジーベックをぶっ潰したのがこれよりずっと前だとしてもまだバリバリ全盛期だと思えば、まあこの頃のガープ中将ならだいたいの事件はすぐに解決してしまうだろうな笑

“ "0世代"で好きなキャラクターを教えて下さい
※「0世代」とは公式の呼び名ではなくあくまでも読者の間で言われている呼称です。
(①ロジャー、②レイリー、③ガープ、④シキ、⑤つる、⑥センゴク、⑦ロックス、⑧白ひげ、⑨カイドウ、⑩ビッグマム、⑪ゼファー、⑫その他)

タイトル: ドラゴンの謎とルフィの母親

ガープとの関係
ドラゴンはなぜ、海軍の英雄であるガープの息子ながら革命軍の総司令官となったのでしょうか。その理由の一つに、ドラゴンの母親が関与している可能性が考えられます。封書漏れのあるドーンにはゴア王国が存在し、この国が世界の縮図であるとされています。貴族と一般の国民が住み分けられ、低い身分の者はグレイターミナルに住むシステムが存在します。この環境で育ったドラゴンは、自身の正義を追求し、海軍や世界政府を問題視していった可能性が高いです。
ゴッドバレー事件との関連
17歳の時に起きたゴッドバレー事件も、父親であるガープが関与している可能性があります。ドラゴン本人もこの事件と関わりがあるのかもしれません。彼がこの事件を通じて世界に対する疑問を抱き、革命軍の道に進んだ可能性が高いです。

“ ダダンだけエースの死だけじゃなくて、もう一人の息子のルフィのことまで心配してるのが母親すぎて泣ける
息子達のためなら怖かったガープに対してだって殴ってるのが感情むき出しになっててマジ好き

“ ルフィとかシャンクス以上に、ゴールドロジャー程の方は地位、財産、名声において、伝説に残る人だから結論処刑にされても悔いはないんだろうな。

“ ロジャーについて語れる存在は「レイリー」「白ひげ」「ガープ」の3人が筆頭
今後海賊王の旅がおでん目線ではなくロジャー自身の体験として語られる時に相棒のレイリーだけが語るのか?
海軍側のガープからの話も聞きてぇから生きててくれよマジで

タイトル: ガープの強さとその可能性

ローとの戦いの結末
ローとの戦いが終わり、黒ひげが一旦戦いを終わりにしようと提案しました。ローはすでに倒れ、命だけは取られずに生きていますが、ホビー同様に蜂の巣に運ばれたと伝えられています。ガープもこの状況に関与し、ロッキーポート事件の最大の戦いのように戦闘の規模が拡大する可能性があります。
プリンとオーガの動向
プリンの処分とオーガがカカオトンに出向き、シャーロット

プリンを拉致したことが分かります。彼らの行動は、黒ひげ海賊団との関連性を示唆しています。これにより、黒ひげ海賊団に追い込まれた団体の立場が変化し、クザの信念は開閉的なものではなくなりました。
ガープの憧れと覇気
釜山は大海賊時代以前からガープに対する憧れを抱いており、彼を尊敬していることが明らかにされています。ガープの昇格に喜びを示し、彼をかっこいいと評価しています。一方、覇気についてもラップが武装色の破棄を使えることから、覇王色の覇気を使える可能性が高いと考えられます。また、ガープの覇気は非常に強力であり、その熟練度はロジャーに匹敵するほどであると評価されています。

“ 黒ひげは頭いいから、さすがにガープを利用しそう
シリュウもクザンも黒ひげの指示なしでガープ殺さんと思う
ガープぐらいのネームドキャラがこんなヌルッと死ぬとは思えないが.

そうでなくともガープは四皇、革命軍、海軍の中枢全部に繋がる貴重すぎる人間、これを交渉に使わないでどうする

“ センゴクがあんな止め方するってことは本当にサカズキを殺しかねないってことやんな

ガープ強すぎ
なんでガープが大将じゃないん?

“ ガープが負けるって言ってる人ガープが老いてるのはわかるけどロジャーと対等に渡り合った男だってこと忘れてんの?
ガープ死ぬ時にルフィについての言及がセリフでもモノローグでもみられないからまだ死んでないと思うんだがなあ

タイトル: ドラミングと戦国の過去

ドラミングの過去
戦国が海軍本部大目付の戦国師匠の犬を持つ伝説の開 という過去を持っていることが明らかになりました。彼はかつて怪物に変えてしまった出来事を知っており、自分の手で心を洗いたいと考えている可能性が高いです。この過去が彼の信念に影響を与えている可能性があるでしょう。

タイトル: ワンピースの「鬼の子」の謎

鬼の子という言葉
ワンピースの物語の中で、「鬼」や「鬼の子」という言葉が何度も登場してきました。例えば、第54話ではエースが死ぬ直前に「扇の血を引くこの俺」という発言をしました。また、大588話ではガープが路地青鬼と呼んだり、第583話ではドンがエースを「鬼の子」と呼んでいます。
芍薬シャクヤクと中国
ワンピースの世界において、「中国」という言葉は特定の意味を持っています。それは、シャボンディ諸島にある酒場の女店主である芍薬シャクヤクのことを指します。彼女がなぜ「悪役」なのか、その理由について考えてみましょう。
26種海賊団との繋がり
芍薬シャクヤクは、大海賊時代以前から活動していたとされています。彼女は40年前に改心し、足を洗ったとされています。この時期はボックス海賊団の壊滅と関連しており、海賊王に対する悪役との関連性が高まります。
名前の意味
「芍薬」という名前は実はカンフーに関連するもので、非常に美しい花という意味があります。この名前が持つ意味やシャクヤクの役割についても考察してみましょう。

タイトル: 涙家の生き残りとDの一族

涙家の生き残り
オイコット王国は「Dの一族」であると言われています。この一族が滅びる前に生き残ることができた例として、ガープ、ドラゴン、ルフィ、黒ひげ、ローなどが挙げられます。彼らがなぜ生き残ったのか、その理由について考えてみましょう。
ガープのトレーニング
ガープは地獄のトレーニングを行い、海兵隊の訓練も行っていました。その一方で、ホビーはガープを凌ぐほどの威力の拳を持っており、その力を発揮できる軍艦バックのおかげもあるとされています。ホビーの成長には才能だけでなく、練習量や意志の強さも大きな要因となっています。
ロジャーの性格と海軍との関係
ロジャーは楽天的で仲間思いな性格を持つ一方で、海賊としては戦闘狂な一面も持っています。海軍との関係において、ガープや戦国、白ひげ、おでんなどとの戦闘的な場面もあり、その複雑な性格が浮き彫りになっています。

“大佐ってことは新世界前のスモーカーくらいの地位があるてことだよね。
早いよね、流石ガープに仕込まれただけある

“ ここまで昔と今で印象変わるシーン無いよね。連載時は大将の赤犬に中将のガープが勝てるんか?って思ってたけど今見たら命拾いしたな赤犬…ってなるの面白い。

タイトル: ゾンダロックスの謎とガープの強さ

ゾンダロックスの謎
ゾンダロックスという存在は、その年齢や身長など、ほとんどの情報が謎に包まれています。彼の姿は逆立った髪とつり上がった目のシルエットのみが知られており、その強さについても謎が多いです。彼がポップクラスの強さを持っていることが示唆されていますが、その実力や経歴については不明確です。
ロックスの組織と事件
ロックスとは、かつて西街道という組織を率いていた存在で、世界中で恐れられていました。彼らは海賊たちを結集し、世界を牙にかけるような事件を起こしていました。その事件が奥深い謎と結びついていることから、彼らの存在は多くの謎を秘めています。

“ 元帥の話途中に退出するガープもさすがやけど中におる人も止めるどころか敬礼してるのがおもろい笑
ガープさんはシャーないかみたいな笑

タイトル: ガープの覇気と強さ

ガープの強さ
ガープはその覇気の強さで知られており、スピードやタフネスにも優れています。彼の覇気は武装色の破棄を使うことが明らかにされており、覇王色の秘密も含めて多くの可能性を秘めています。また、ガープは非能力者でありながら、ロジャーと互角に渡り合ったことからその実力が証明されています。
タフネスと耐久力
ガープは時代系譜57の簿と針事件で血まみれになりながらも、周囲からの称賛を受けるほどの耐久力を持っています。彼はロックスとの戦闘で多くのダメージを受けつつも、一定量の戦果を挙げたことから、そのタフネスも注目されています。
ガープの覇気の可能性
ガープの覇気は武装色だけでなく、覇王色についても可能性が高いと言われています。その熟練度はロジャーに匹敵し、彼の強さの根底にある要素とされています。果たしてガープは今後、どのような活躍を見せるのでしょうか。

タイトル: ガープの大食いとゲンコツの秘密

ガープの大食い
ガープは大食いとして知られており、その食欲は犬のようだとも言われています。彼の大食いぶりは、ちょっとした弱点の一つとされており、ゲンコツなどの表現で「brok」と書かれることがあります。この表現は、ガープが大地を割って進むようなイメージを示す言葉として使われています。
天竜人の組織
天竜人は、天竜人の中でも特に腕っぷしが強いと言われる組織です。彼らは同じ階級である人たちと組織を形成しており、一筋縄ではいかない存在とされています。ガープのようなポジションを持つ者も独立した動きをすることがあり、その内部にも複雑な関係があると考えられています。
神の1083話とドラゴンの言及
神の1083話において、ドラゴンが神神社について言及したシーンで影が描かれました。これは、過去から伝えられている情報が少なく、その謎が深まっていることを示唆しています。また、以前からロックスの存在を知っていた会議の一員も登場し、物語がより複雑に絡み合っています。

タイトル: ルフィの謎と家族

ルフィの謎と家族
ルフィの出身地はイーストブルーのドーン島にある風車村で判明しています。彼の父親は革命軍の総司令官ドラゴンであり、祖父は海軍本部中将のガープです。しかし、母親の存在については依然として謎が解明されていません。
黒ひげとの戦闘
ルフィがローに敗北した後、彼は黒ひげの船に乗せられました。その後、黒ひげがエッグヘッドに戻ってガープと戦う流れや、エルフ行ってシャンクスと戦う流れなど、今後の展開が注目されています。さまざまな質問に答えていただき、ありがとうございました。ガープの格好良さがさらにブーストされそうですね。

“回想シーンでガープが年寄りは見捨てて未来を優先しろ的なこと言ってたから、クザンはここでガープを見捨てることにより黒髭たちの信頼を勝ち取とってもっと重要な未来で裏切る展開がくると予想しとく

“ガープがルフィは生きてるっていうのを話す時にめっちゃ声が掠れてる感じが本当は悲しくて連れてた海兵にも無理やり元気に接してたんだろうなって思うと泣ける