【ワンピース】カイドウがおでん城を懐かしい理由は?光月家の関係か

一方で、キングとの戦闘において、ゾロが特定の技を使用しなかったことが気になります。キングはルナーリア族の性質を持ち、背中の火を使った防御が鉄壁であると言われています。そのため、キングはカイドウよりも強力かもしれません。

“「やっと会えたー!」って……!
ルフィ、ゾロに会いたいと思ってたんやなと考えるだけで可愛さにオーバーキルされる
ゾロが世界一になったらルフィ無しでも四皇レベルだもんな。ゾロに引けを取らないサンジも居るって考えたら麦わらの一味どんだけつよくなってしまうんだ😂

“ なんかルフィといる時のゾロは昔のゾロに戻った感じ
なんか昔はめっちゃ笑ったり怒ったり感情豊かだったけど最近は凄いクールだしなー

“ 割と後から登場したローやサボがすごい人気だけど、
なんだかんだゾロこそがルフィの一番の相棒だよな
ゾロとルフィは価値観がちょっと同じなんよな
最初に出会ったのがゾロとルフィで良かったと思う
そうじゃなきゃゾロは仲間になってなかった気がするから

ゾロと核の関係について

ゾロと核は、お互いに正直すぎる性格で、それが彼らの関係を特別なものにしています。ゾロは嘘をつかない性格で、核も同様です。そのため、彼らはお互いを信頼し合っているようです。
ゾロは、核が嘘をつかないことを知っており、核が何かを言った場合、それが真実であると信じています。逆に、核もゾロの言葉を信じています。この正直さが、彼らの関係を強化しており、互いに支え合っています。
また、ゾロと核はお互いをツッコミ合うこともあります。ゾロが何かを言うと、核が「嘘に決まってんだろが」とツッコミを入れることがあり、これが彼らの関係において軽やかな雰囲気を生んでいます。さらに、核が女性であることについてのジョークもあり、彼らのコミュニケーションにおいてバランスを取っています。
このように、ゾロと核はお互いの性格を尊重し、信頼し合う良い仲間であると言えます。

ゾロの謎と死神的存在

ゾロにはまだ解明されていない謎が多く存在します。彼の能力や死神的な存在についての情報も不明瞭です。この点について考察してみましょう。
ゾロがキングに勝利した後、ミンク族の飛躍を投与されたことが判明しますが、その副作用については謎です。ゾロが現実と幻覚の境界にあるような状態になり、死神的な存在が彼の前に現れました。しかし、その存在の正体は不明です。
また、ゾロの要求についても謎めいています。彼がオイルベガパンクに要求を出し、釈迦と通信で繋がっていることが明らかになりました。その一味に興味を持っているようですが、詳細な目的や計画はまだ不明です。
これらの謎が今後のストーリーで解明されるかどうか、楽しみに待ちたいと思います。

ゾロの船場での役割

最後に、ゾロが船場に残ったことについて触れましょう。彼は船場のためにサニーゴーに留まり、海賊6rの一員としての役割を果たしています。ゾロは実質1位の中で名実ともにナンバー2のポジションとされ、その存在感は非常に大きいです。
ゾロは、クイーンとの戦闘においてもその力を発揮し、船長ルフィにとって初めての仲間として大きな役割を果たしました。彼の戦闘力と貢献度は非常に高いと言えるでしょう。
船場でのゾロの活躍が今後どのように展開していくのか、期待して待ちたいと思います。

“仲間も増えて、名実共に海賊として強大になっていくルフィと、その右腕として鬼のように強くなっていくゾロなのに、2人でいる時だけはなんも変わってないのが嬉しいよね
シェルズタウンから始まった二人だけの親友感というか、ルフィとゾロだけの特別な親密さを感じられるこういうやり取りがほんまに好き

“ お茶目なルフィといつもはクールだけど、再会を嬉しそうにするゾロ。
このシーン本当に好き。友情だわー

“ アンリミテッドクルーズの2つ目の島みたいにルフィ、ゾロ対シャンクス、ミホークとか実現したらやばそうまずありえんだろうけど
ルフィ「ヒーローは肉を分けてやるんだ!俺は肉が食いてえ!」
ゾロ「ヒーローは酒を分けてやるんだ!俺は酒が吞みてえ!」

ゾロの実力と役割

について考えてみましょう。彼はビッグの道路での戦いを通じて、その強さを証明しました。しかし、ゾロの強さは総合的な強さと継承の強さで評価されるべきです。
ビッグバンクのフェスと比較すると、総合的な強さではゾロは6位となっています。しかし、ゾロは継承の強さにおいてはトップと言えるでしょう。彼はピアノ破壊力などの面でビッグバンクとほぼ互角ですが、武器や献華検測などの面ではゾロが優れていると考えられます。
特に、ゾロが近木に追い詰められながらも「at」の力を発揮し、ロロノア・ゾロがランクインしました。ゾロはコーすけおでんの首を平定し、自由奔放な性格からわが国の司令回復弾2番隊隊長となりました。
また、ゾロは選曲や敵の能力の分析にも長けており、大きな戦いにおいて周囲を指揮し、圧倒的な行動力を発揮します。彼の切り方さは交わした約束を守り、約束を守ることに誇りを持っています。は非常に重要で、彼は仲間たちにとって頼りにされています。

ゾロの未来の戦いと成長

ゾロの未来にはさらなる戦いと成長が待っています。彼は世界一の剣豪であるミホークとの戦いを夢に抱いており、その日が来ることを信じています。また、ワノ国での戦いにおいて四皇の幹部キングを倒し、ルフィの仲間である四個の幹部となりました。
一方で、ミホークは懸賞金額が非常に高く、彼の実力は並外れています。しかし、ゾロもまた成長し続けており、ミホーク戦までに四皇の幹部クラスの剣士との戦いを経て、ますます強くなるでしょう。
ゾロの未来には楽しみな戦いと成長が待っており、彼の剣術の進化に期待しています。

“ ルフィとゾロ関係は船長と右腕の関係でいいけど、ロジャー海賊団と一つ違うところとして、
サシで勝負したらどっちが勝つか分からない、シャンクスとタカの目のような実力関係であってほしい

“ ルフィにとってのお兄ちゃんは間違いなくエースとサボだけど、船上ではやっぱりゾロがいっちゃんルフィのお兄ちゃんや!

“ ゾロがこんな笑顔見せてデレるのってルフィだけだろうな…ルフィ以外の仲間が来たら『何だ、お前か』みたいな冷静な感じだと思う

ゾロの脳と核の反応

ゾロと核の関係について興味深い情報が明らかになりました。核は自身の脳がどこにあるのかという疑問を解決しました。それは、世界最大の頭脳に成長し、今も巨大化し続けている島の頂上にあるということです。その脳は巨大な卵の裏側に格納され、電波を通じて離れていても通信が可能な仕組みだったのです。
また、50巻でクマが説明していたように、世界最大の頭脳を持つ男は物理的にも巨大であることが分かりました。そして、その巨大な脳は現在も成長し続けているようです。
核は麦わらの一味に負けたことで悔しさを感じ、海軍からの追及もあった経験があるため、立場に関係なく戦いたい気持ちがあるようです。しかし、ルフィが四個に昇格したため、現在は戦うことができない状況です。

“ 黒ひげって絶対ルフィみたいに覚醒するよね?

多分黒ヒゲもヒトヒトの実なんやろうし……

ローとの戦いで一回死んで覚醒しそう

“ 戦闘してるときとか他の面々と会話してるとしっかりしてるんだが
なんもない時にルフィと会話すると同級生の悪友っぽいおふざけ感丸出しになるの好き
魚人島前のとことか、ヒーローについて語ってる時とか

“ サンジとかナミの前だと「なんだお前か」って感じなのにルフィの前だと「ルゥゥフィィイイーー!来てたのかーー!!」ってw

ゾロと核の再会

さらに、についても触れてみましょう。核がゾロの眠りを妨げることに不快感を抱いているようです。この場面はウォーターセブン編のオマージュと思われ、34巻326話を読み返すと関連があるかもしれません。
核はメリー号の状態を見るために船に乗り込み、ゾロが船場にいたことに気付きました。最初はウソップと勘違いしていましたが、すぐに違うことに気付き、ゾロを起こす場面も再現されています。ここで再び2人の戦いが始まります。
ゾロと核の関係が今後どのように進展するのか、楽しみに待ちたいと思います。

マーク3とセラフィムの比較

ゾロと核の関係についてさらに深く考えてみましょう。核がゾロの脳を備えていることが明らかになり、その機能が2年間で大幅に向上したことが示されています。さらに、核はマーク3とセラフィムを比較することができるでしょう。
セラフィムはパシフィスタの中でも究極の形とされ、学習と成長の能力を持ち、ルナーリア族の体に元七武海の血糖因子クローンの要素が組み込まれており、悪魔の実の力も使用できる存在です。しかし、マーク3はセラフィムに比べて多くのパシフィスタがまだ配備されていることから、総合力ではセラフィムの方が優れていると考えられます。セラフィム1体がマーク3の5体分または10体分に匹敵する可能性があると言えます。

表紙連載とマッズ時代の謎

次に、表紙連載に関する情報を見てみましょう。表紙連載では、マッズ時代の話が何話か続く可能性があると示唆されています。マッズ全体のメンバーやベガパンクの研究内容についても探求されるでしょう。
表紙連載は本編と関連性が高く、物語の謎や背景に光を当てる重要な要素となることが予想されます。今後の展開が楽しみですね。

平和研究所とマッズの謎

今回は平和研究所とジャッジ、クイーン、シーザーの活動について探求します。平和研究所は名前の通り平和を研究する組織ですが、実際には反社会的な行動も行っており、ジャッジは槍のような武器を持ち、クリーンが薬品の実験を行っています。シーザーは元々人工悪魔の実の研究を進めており、血糖因子の研究も行っていたようです。ベガパンクの姿は見えませんが、各々が独自の研究成果に取り組んでいることが描写されています。
ジャッジは自身の非力な体を補うために武器の開発に従事し、クイーンは化学兵器の開発に情熱を傾けています。しかし、クイーンと周防メガバンクの思想は対立しており、シーザーは自身の能力者であることから、悪魔の実の研究にも熱心であった可能性が高いです。
また、今回の表紙にはジャッジ、クイーン、シーザーの姿が映っていますが、ベガパンクともう一人の謎の女性は別の位置にいた可能性が示唆されています。

“ シーザーにランブルボールを強化するメリット全くないのに構造式見て改良したくなっちゃうの科学者してて好き

“ 賄賂でも渡さないと無罪無理じゃん…どうあがいても擁護出来る部分を見つけれないのスゲェよシーザー、いやでも中国には発明すれば減刑になるからワンピース世界にそれがあれば死刑は避けられるな

シーザーの悪魔の実の研究

シーザーは悪魔の実の力を研究し、特に悪魔の実を食べる技術に関心を持っていました。彼は悪魔の実の日を食べる技術や、それに宿る石の力について研究していたようです。また、白金月のビールカードや見聞色の理由についても一部明らかにされています。
クイーンの後にブラキオボールという要素が登場し、フィーの過去についても少しずつ明らかになっています。さらなる展開が楽しみですね。

“ ランブルボールは「医療・薬学分野」だから
「科学分野」のベガパンクがやってなく
「化学分野」のシーザーがすぐにわかった

ってのが面白い

関連 投稿