【ワンピース】龍のカイドウの強さと熱息(ボロブレス)への考察

ゴッドバレー事件とは、天竜人とロックス海賊団、そしてロジャー海賊団が関与した重要な出来事です。

“海賊になって覇気極めて強くならないと生涯天竜人の犬になる世界
人攫いにあったり運が悪いと奴隷ルートか腐ってるな。カイドウが和の国でやってたことがちっぽけに感じる

“背中アップで見たら天竜人にヘイトまた溜まったわ。
せっかく開放されたのに今度は感情消えて奴隷戻りとか酷すぎる。

シャンクスの正体に迫る

シャンクスは一体どのような存在なのか、その正体について考えてみましょう。

ジョイボーイと天竜人の戦い

ジョイボーイは巨大な王国を引き継いだ存在であり、正解政府との戦いに挑みましたが、残念ながら敗北しました。
この敗北を考えると、ジョイボーイと二重の桜国の連合国との対立は非常に深刻であったことがうかがえます。
二重の桜国は天竜人との対立が激しく、ジョイボーイは彼らにとって天敵である可能性が高いです。
また、20の王国の末裔こそが天竜人であるため、ジョイボーイは彼らの天敵であったと言えます。

また、ロックス快速とロジャー、そしてガープ

との戦闘について考えてみましょう。
この戦闘の規模は非常に大きく、多くの人々が巻き込まれました。
特に子供や親が犠牲となり、孤児となった可能性が高いです。
これらの孤児の中には、天竜人の親が殺されたり、天竜人に置き去りにされた子供も含まれるかもしれません。

さらに、第966話における乗ろう者とレイリーの発言も注目です。
フィガーランド家の血筋や歌の力について、世界政府は危険視していました。
このことからも、フィガーランド家の血筋には特別な力や秘密がある可能性が高いと考えられます。

“シンプルに天竜人の血を継ぐイム様直属の実力者集団じゃないかな
最終編になって、ややこしい設定出してこられても読者困惑する

“実は天竜人は20の王国の末裔(神)、イム様と五老星はある王国の末裔(悪魔)で天竜人たちの権利を担保しながら支配してるなんてストーリーも考えてしまいました。

100年の謎と空白の間

大山51話でははぬ国編の感動的なラストが描かれました。
赤座薬に男が原の京都に姿を現し、桃色の竜の姿のモモの助の背後には複数の人影がありました。
この展開は多くの読者が予想していた通りのものであり、物語がさらに興味深くなっています。

さらに、大山37話に登場した五老老性の会話で、100年の空白が明らかになりました。
この空白期間は、何百年もの間に覚醒することがなかったことを示唆しています。
800年以上の歴史の中で、何が起こったのか、その謎はまだ解明されていない部分が多くあります。

また、大山69話では戦闘丸がルッチの主眼により重傷を負い、指令が出せない状態になりました。
この出来事は物語の展開に大きな影響を与える可能性があり、今後の展開がますます気になります。

“大山先生も長生きしてないですよね。穿刺する医師を殴りにかかったとか。こえーな。どっかで殺気に満ちた人生を変えないといけないという事がわかったような。

ルフィとジョイボーイの関係と未来の展望

ワンピース第100話は多くの注目ポイントを含んでおり、特にルフィとジョイボーイの関係について新たな可能性が浮かび上がっています。
まだご覧になっていない方はネタバレに注意してください。

茶屋の生贄の祭壇でほのめかされた4つの神の存在は、太陽の丸、天の神、毛利の神、大地の神とされています。
これらの神々は第287話で言及されており、物語において重要な役割を果たす可能性が高いです。

しかし、大山14話までの展開から言えるのは、現時点ではルフィはまだジョイボーイに慣れていないということです。
ただし、今後の物語の展開によって、ルフィがジョイボーイになる可能性は高まっています。
その理由は次の3つにまとめることができます。

まず、ルフィは世界政府の打倒を目指しています。
彼の冒険の中で、世界政府に立ち向かう覚悟を固めてきました。
これが彼がジョイボーイになる道に繋がる可能性があります。

次に、ルフィ自身も様々な能力を持っており、パラミシア、ゾオン、ロギアの能力を使いこなしています。
これらの能力は、ジョイボーイになる際に役立つかもしれません。

最後に、ルフィが言語を理解し、動物たちとコミュニケーションをとる能力を持っています。
これは農作物を守る役割を果たすために重要な能力であり、ジョイボーイになる際に役立つでしょう。

“ちょっと話が逸れるかもだけどルフィが好きな"肉"の字の中に人という漢字が2つあるように見えるけど、もしかしてそれもルフィがヒトヒトの実の能力者である伏線だったのかな?

“ ルフィの祖先説が成立するなら
ジョイボーイの約束を果たせなかった理由が元々カナズチだったからで
ルフィの悪魔の実を食べる前からカナズチ設定なのはその伏線なら面白い

“ ガープ-ドラゴンの系譜ではなくルフィの母(ドラゴンの妻)の系譜が王族(ジョイボーイ)だとしたらゴムゴムの実がルフィを選んだ理由になるのかな。Dの一族との融合を待っていたとか。

覇気の成長と重要性

覇気はワンピースの世界で非常に重要な力であり、多くのキャラクターがその力を持っています。
覇気は言葉を超えて相手の心を読み取り、強大な力を行使することができます。

大山24話では、ルフィが覇気の成長を遂げていることが明らかになりました。
彼が子供の頃から覇気を使いこなすことを夢見ていたことが描かれています。
そして、その夢が現実となりつつある様子が示唆されています。

覇気の成長は、ルフィが将来的にさらなる強さを発揮し、仲間や敵との戦いで大きな役割を果たすことにつながるでしょう。
彼の覇気がどれだけ成長し、どのように活かされるのか、今後の展開がますます注目されます。

また、覇気の力は言葉だけでなく、状況や相手の気持ちを読み取る能力としても大きな役割を果たしています。
これが物語の中で重要な局面で活かされることも考えられます。

ワノ国の謎と登場キャラクターの関係

ワノ国編では様々な謎が明らかになっており、特に登場キャラクターの関係に注目が集まっています。
以下、いくつかのポイントを紐解いてみましょう。

まず、キングを倒した後の状況が大山36話で描かれました。
倒れ込む業者や、大山38話で語られた「0y時の超回復」と「後で倍のダメージ」についての情報が示唆されています。
また、大山1話ではヤギのミンクが土産として増の薬を投与したことが言及されています。

大山20号の街道での発言からは、鬼の子として生まれたヤマトが自分の血を引くヤマトを鬼の子として認識していることが明らかになります。
この関係性には深い背景がある可能性があります。

クイーンとジャッジの関係についても考察されています。
大山1話での「お前もいたい なぁ」の発言が、彼らの関係性に新たな視点をもたらしています。

“大山シリ2で広角剥奪される可能性あるから取れるなら取っとくべき
アーチスト 選球眼 チャンス
になると予想
大山めっちゃ欲しいからガチャ回す時って自チームで確定演出狙った方が良いのかそれとも他チームで狙った方がどっちが良いんやろか

“大山選手ファンとしては
ガチオーダー入り嬉しいですね!
自分もセレクション大山悠輔
獲得して称号バズーカ決めました😊
大山倍達さんの剛柔流の先生であった曺寧柱さんは、力道山と木村政彦先生がスパーリングをすると、力道山は3秒と立っていられなかったと言っていましたね。

“大山選手も打ちやすいですけどVIPさんが上手すぎるだけです
最後にこっそり調子君を投げて置いてるの面白かったです
大山通常2番で使ってます、左の方が好きですけど大山が安打数もホームラン(多分)もトップです、まじで打ちやすい、今回のセレで打撃能力ほぼ同じのおかわり取れたのが神です

CP0の指令とセレモの役割

CP0は世界政府の最高機関であり、その中でも優先順位が設定されています。
1位が5世、2位がドクターベガパンク、3位がセントまでとなっています。
これにより、優先順位の高い人物からの指令が優先される仕組みが存在します。

大山69話では、第4位である現実を持った角がSレアに攻撃命令を出しましたが、順位3位の戦闘までが出した指令を優先し、SDがCP0たちを攻撃しました。
これからCP0の指令とその影響が物語にどのような展開をもたらすのかが注目されます。

また、CP0の指令に関連して、セレモの役割も重要です。
CP0がベガパンクを暗殺するためにセレモを借りる可能性が示唆されています。
また、ルフィがベガパンク側で戦っていることから、黄猿もベガパンク側に手を貸す理由が揃っていると考えられます。
しかし、大山69話のラストで物語が変化し、今後の展開に注目が集まります。

現在、覇王色の覇気についてもさまざまな情報が示唆されていますが、最も強力な覇気を持つキャラクターの一人として、赤髪のシャンクスが名前を挙げられています。
彼の覇気の真実やその力の行使についても今後の展開で明らかになることでしょう。

“ 個人的には黒ひげかイム様あたりが穢土転生みたいなかんじでロックス復活させてルフィたちと戦いそう。十分強くて悪役なのに全然掘り下げられてないし、回想でちょっと出る分だけだともったいないキャラやと思う。ロックスと戦えとは言わんがガープ、ドラゴン、ルフィの共闘が見たい

ルフィーとジョイボーイの関係性

ワノ国編において、について新たな視点が提供されています。
これまでのストーリーから、ルフィーがジョイボーイになる可能性が高いと考えられています。
ジョイボーイに関連する伏線が多く散りばめられています。

ルフィーがジョイボーイになる可能性を示す一つの要因は、彼の五芒わら帽子です。
これまでジョイボーイがかぶっていたことが示唆されており、これがルフィーの最大の特徴の一つとして取り上げられています。

さらに、12年前に政府の船で悪魔の実が奪われたことや、2年前にエネルギーが頭角を現したことなど、ルフィーとジョイボーイの関連性が明らかになっています。
また、大山17話のフーズフーの発言から、政府がルフィーのゴムゴムの実を奪おうとしたことが示唆されています。

緑牛の能力と悪魔の実の拡大解釈

緑牛の能力について注目が集まっています。
彼は花を具現化し、種子を生み出して既存のように分身台を作り出すことができるようです。
また、緑牛の飛行能力についても大山52話で言及されており、これについての詳細が交雑していると考えられています。

一般的に、悪魔の実の能力者たちは、自分の能力を拡大解釈して新たな能力を使えるようになることがあります。
例えば、トリケラトプスの能力者である佐々木は、自分の能力を使って飛行できるようになりました。
これは悪魔の実の能力に関する新たな理解が物語に影響を与えている可能性を示唆しています。

これらの要素が今後のストーリーにどのように結びつくのか、注目が集まるでしょう。

ルフィーの変身と悪魔の実の秘密

最近のワンピースの展開では、ルフィーの変身に関する新たな情報が明らかにされています。
ルフィーが変身する際に、その外見や髪型が大きく変化し、さらに性格や心臓の鼓動まで変化することが示唆されています。
これは彼の「ゾーン」能力に関連しています。

また、大山44話では、「ゾーン系の悪魔の実」についての情報が提供されました。
特に、「神の名を持つ悪魔の実」がゾーン系の中でも注目されており、これによって大きな展開が予想されています。

五老星の役割も大山86話で明らかになり、財務、フォーム、ノーム、環境化学、防衛といった役割がそれぞれの星に割り当てられています。
また、フィガーランド系は天竜人を裁く役割を担当しており、司法に関する役割も示唆されています。

“ ルフィが天竜人の血筋っていうのは盲点だった
天竜人を公の場でぶっ飛ばしてるのに、そこまで大きく取り扱われてないことを考えると、あながちそうであってもおかしくはないかも

“ 結婚とかまどろっこしいことじゃ無くて
ロックスの目的は天竜人を皆殺しにして自分達が天竜人になることだと思う

ルフィーの悪魔の実とゾーン券

ルフィーの悪魔の実について、新たな情報が明らかになりました。
それは、「ゴムゴムの実」がパラミシア系ではなく「ゾーン型」だったという事実です。
これにより、ルフィーの覚醒能力についても大きな変化が予想されています。

さらに、「ゾーン券」についても説明されました。
これは悪魔の実の能力者たちが自分の能力を拡大解釈して新たな能力を使うためのキーとなる要素です。
具体的な能力については今後説明される予定です。

これらの新たな情報が物語にどのような影響を与えるのか、ファンたちは今後の展開に期待しています。

関連 投稿