【ワンピース】カイドウ傘下の海賊赤旗ドレークの正体は革命軍か?

こいつはすごいんだ、直々の実の能力者だ。なんと、あらゆる金属を操ることができるらしい。攻撃や銃弾を跳ね返す能力まで持っているから、ベックマンのライフによる銃撃ですら無力化できるかもしれない。しかし、一つ気になるのは、金属以外の物質に対してはどうなのかということだ。この能力者の力は、金との戦いでどれほど影響を及ぼすのだろうか?

ソウコク:新たな冒険のはじまり

友達、今回は面白い話を持ってきたぞ!ねぇ、あそぷって名前の男の噂、聞いたことあるか?それが、新たな冒険のはじまりだと言われているんだ。あそぷが、自分の海賊団を結成し、大きな組織を作ろうと思っていたと言われている。最初の仲間は誰だったのかは分からないけど、ペンベックマン

やラッキールー、そしてサイコさんと思われる面々を次々に仲間に加えていったらしいんだ。

“ ベックマンは赤髪に比肩する程の実力って書いてあることからしても相当強いな、準四皇くらいの力はあると思う
恨まれるっていう表現がなんか引っかかる
ベックマンは腕を落としたんじゃなくて、敵であるキッドに塩送ったとか

“ ベックマンはシャンクスの相棒感すごいよな。ルフィとゾロは友達感、白ひげとマルコは家族感、カイドウとキングは信頼できる部下感がそれぞれある。
1番説得力があるというかなんと言うか.
凄い.

ますますベン・ベックマンが好きになりました!!

“ まだあんまり出てないベンベックマンだけどめっちゃ好き(バウンティのシャンクスガチャのベンベックマン以外わな)
これはベックマンが銃という道具の正しい使い方を覚える前の物語

数年後
「何もするな黄猿」でやっと覚えました😊

コビーの野望 – 新たな国家の夢

ええ、みんな、今回はワンピースのエピソード1080話について話そう。このエピソードでは、コビーと黒ひげの興味深い対話が展開されているんだ。
コビーが英雄として成長し、彼はこの海賊島を一つの国家として扱い、世界政府に所属する国にしようと提案している。彼が国王になるという夢を語っているんだが、黒ひげはこれを受け入れるつもりはないようだ。
黒ひげはこの島を犯罪者たちの国として宣言し、コビーの提案に反対している。ここでは人々の夢を尊重し、命を賭けて交渉する覚悟があるようだ。しかし、コビーの野望が予想外の展開を迎える可能性もある。エッグヘッドでの麦わらの一味の行動や、海軍の黄猿がゲートに向かう作戦など、状況は複雑だ。
巨漢船長も出ていないタイミングで、黒ひげの本当の目的が明らかになるかもしれない。一体、彼の計画にはどんな秘密が隠されているのか、注目が集まっている。コビーの解放と蜂の巣の乗っ取りが同時に行われるかもしれない、そんな予感がするね。

“ 個人的 1位 ビスタ
2位コビー
3位赤ロー
恒常で使えるキャラと言ったらゲッターが多いよね。

謎の名前 – ロックスの鍵とは?

今度はワンピースの世界に登場する謎の名前について考えてみよう。まず、”ジーベック“という名前が意味するものは何だろうか?
ジーベック

“は日本語で「鍵」を意味する言葉だ。これは黒ひげがロックスの遺志を継ぎ、新たな活動を始めていることを示唆しているのかもしれない。ロックスとは、伝説的な存在であり、その遺産は多くの者にとって興味深いものだ。
さらに、もう一つの名前、”ロークス”。この名前はおそらく特別な意味を持っているだろう。作中で初めて覚醒のステージを見せたロークスは、ロシアなんてはなぎなぎの実の能力を持ち、周囲の音を遮断する能力を持っている。
そして、15人目の登場人物、JALマック製。彼は世界貴族であり、ルフィの故郷であるゴア王国を視察にやってきた。彼の特徴的な名字は、ワンピースの世界では珍しいもので、ロックスという名字を持つことからも、彼の立場や役割が興味深いことがうかがえる。
ワンピースのキャラクターの名前は、日本人と同じように苗字が先に来るため、ロックスDGベトの場合、苗字が「ロックス」で名前が「ジーベック」になる。この名前の選択には何か特別な意味があるのかもしれない。これからの展開がますます気になるね。
謎めいた名前や登場人物の秘密、ワンピースの世界はいつも新たな驚きが待っている。

“ サーベルオブジーベック(ジーベックの剣)と思えば、ロックス海賊団が乗ってた船なんじゃないですか?
だからこの船を黒ひげが見つけて、ロックスのことについて詳しく知ったとか…

“ 単純に思ったのですが、2年前の話なら、ルーキーたちは覇気という概念が無かったのでは無いかと思います。
キッドは、ジキジキの能力を過信してベックマンの銃弾を受けてしまい腕を吹っ飛ばされたと考えました。
もしかして、ルフィ達だけが覇気の存在を知らなかっただけなんでしょうか??

“ シャンクスの腕を落としたのもベックマンだったんじゃないか??
ニカの実を食べてしまったルフィを殺すのには絶好のタイミング(魚に食われたって言い訳できる)だった為能力発動→シャンクス止めに入って腕失う→「俺はこいつに賭けてみたい」って流れだと思ってる

ティーチとロックス – 名前の謎

ねえ、今回はワンピースに登場するティーチ(黒ひげ)の船についての謎について考えてみよう。ティーチの船の名前は「サーベルオブCベック」だ。これは一見してロックスとは無関係に思える名前だが、なぜティーチがこの名前を選んだのか、その理由が気になる。
これまでにもティーチがロックスの遺志を継いでいるのではないかという話が出ていた。しかし、なぜティーチは「ロックス」ではなく「Gネック」の名前を船に付けたのか、これも重要なポイントかもしれない。ティーチは、ロジーベック個人に焦点を当て、彼に対する尊敬や目標を抱いている可能性があるのではないか。
ジーベックは時代の中で突出した存在であり、ゴッドバレー事件があった当時、ティーチは2歳だったと言われている。そのため、ジーベックが彼に何らかの影響を与えた可能性が高い。そして、このロックスとの戦いを生き抜いたのが海軍中将モンキーガープだったことも興味深い。
ガープの英雄伝説の一部として、ロックスとの戦いは38年前にゴッドバレーで起きた出来事の一環だった。

“ ロックスは黒ひげみたいな感じの側のDの一族(またはロックスと親子)でそれをロジャーとガープ中将が協力して打ち倒した。今後それが明らかになって今度はその子孫の黒ひげVSルフィみたいな展開になったら熱い!!

“ ロックス位置で黒ひげ海賊団vsロジャー位置でルフィー、ガープ位置でコビーってなるのはどうでしょう?コビーが将来的に英雄になって麦わら海賊団と海軍協力みたいになったら熱い!

“ あー赤髪海賊団にちょっと感じてた違和感それだわ。
ルフィに対してのゾロやナミ、ロジャーに対するレイリーやクロッカスみたいなのがいなくて「イエスマン」ばっかり。ベックマンも相棒というより部下寄りみたいだし、シャンクスの人生で相棒になりえたのはバギーだけなのかもね。

海賊の価値 – 賞金と力

さて、海賊の世界では、賞金はその者の力や脅威を示す指標となっている。しかし、ティーチの海賊団のメンバーたちの賞金はどうなのか、考えてみよう。
ティーチの海賊団の中でも、ベリーの賞金が高いメンバーがいることは間違いないだろう。ベックマンやショップルなど、平均的な賞金が5億ベリーであると仮定すると、彼らは10億ベリーを超える可能性がある。その他の幹部たちも、5億ベリー前後の賞金を持っているのではないかと予想してみた。
最近のエピソードでは、レッドが強力な技を披露した。彼らにとって相応の賞金がかけられているかもしれないと考えるのは自然なことだ。
また、ティーチに関する新たな情報も明らかになってきた。彼の出生について、ビガーランド家の血筋である可能性や、風車村に滞在する前にゴムゴムの実を奪っていたという事実が浮かび上がってきた。これからの展開がますます気になるね。
そして、原作ではベックマンがラフテルに向かうことを仲間に伝える場面が登場し、新しい時代の到来を予感させている。新しい冒険が待っていることは間違いない。

ティーチ(黒ひげ)の秘密 – ベックマンとの戦い

ねえ、今回はワンピースのティーチ(黒ひげ)に関する興味深い話題を取り上げよう。ティーチの深みについて、さまざまな要素が明らかになっています。
まず、彼は治療にも詳しく、過去のエピソードで仲間たちの怪我を治療したり、包帯を巻いたりしています。特に、ゴードンが怪我をした後に彼が治療を施した場面は印象的です。シャンクスとの会話では、ティーチは冷静で渋いキャラクターとして描かれており、その深みが感じられます。
また、ティーチは戦闘においても優れた能力を持っており、武器の分解や破壊を瞬時に行うことができると言われています。彼の戦闘スキルも注目されています。
そして、ティーチとベックマンのセリフから、2年前の生徒たちと赤髪海賊団の戦いについてのヒントが明らかになっています。キッドはベックマンに片腕を切り落とされ、ティーチも相当の苦境に立たされたようです。これがシャンクスの目的にどのように関連しているか、今後の展開が楽しみです。

“ ベンベックマンは、海軍大将黄猿を降参に追い込むくらいだと思うけど、能力者か無能力者なのかで展開が変わりそう。
ベックマンの玉武装色もだけど
じきじきを無効化なら海楼石入りの玉とかなのかな、、?って思ってました

“ シャンクスなら裏切ってるの知っててあえて泳がせてそう、それかシャンクスは気づいてないけどベックマンは気づいてるとか

赤髪海賊団の謎 – 力と設定

ワンピースに登場する赤髪海賊団は、その戦闘スタイルや力についての詳細があまり描写されていません。しかし、彼らの強さは大まかには分かっています。
赤髪海賊団のナンバー2であるベックマンの最大の攻撃は、武装色を惑わせた銃弾であり、これが特に注目されています。また、狙撃手であるヤーソプとの攻撃方法がかぶることから、ベックマンは何らかの凄まじい攻撃方法を持っている可能性が考えられます。
しかしながら、ベックマンやラッキードゥ以外の赤髪海賊団の戦闘スタイルについてはあまり描写されていません。彼らの力や設定にはまだ謎が多く残されています。
赤髪海賊団はその強さや秘密が次第に明らかにされていくことでしょう。今後の展開が楽しみです。

シャンクスとベックマン – 謎めいた対話

ワンピースの物語には、シャンクスとベックマンの関係についての謎が残されています。シャンクスが仲間になることを考えているのか、それとも何か別の関係があるのか、興味深い要素がいくつかあります。
まず、45巻のエピソードで、シャンクスが仲間にならないのかという話題が出ています。また、マルコの言葉も注目されており、大海賊のこもりであるマルコがクーンという感じで描かれています。白ひげとシャンクスは、どちらも子供っぽさや可愛げのある部分を持っており、似たような特徴を持っているようです。シャンクスがベックマンを「ベック」と呼びかける場面も、彼らの関係に謎めいた要素を加えています。
また、ロックスDGベックの名前にも注目が集まっています。彼の船にロックスの名前が付けられていることから、ロックスの意志を引き継いでいる可能性が考えられます。ティーチの過去とロックスとの関係についての伏線が明らかにされつつあり、今後の展開が楽しみです。

“ 私だけかも知れないけど、ベックのプレイボーイって設定、頭よくて女を上手くあしらうイメージで、責任取るってイメージはないな。

リンクする頂上戦争 – サボの謎

ワンピースの物語には、頂上戦争と呼ばれる大きな戦いが幾つか存在しています。これらの戦いには興味深いリンクがあるかもしれません。
まず、マリンフォード戦争と白ひげ海賊団の戦いは、マリンフォード頂上戦争と関連がある可能性があります。サボ

が回復本部に伝わり、公開処刑の危機に立たされる場面が描かれています。この事件が、バイフォードの頂上戦争とリンクすることが考えられます。
さらに、殺人未遂事件についても言及されており、サボの関与が示唆されています。これらの事件が、新たな伏線や物語の展開につながる可能性があり、今後の展開が注目されます。

“ このルフィのレッドロックの炎がエースに始まりサボに受け継がれてエースの意思って形でルフィにも受け継がれてるのが本当に大好き
えっ!?
 サボがピーチ姫!(笑)
ルフィハンコック推しだからもっとハンコックがルフィ達と合流して欲しい!(笑)

“ 「もっと昔に死んだ・・・」でルフィがサボと気づくなんて凄いなぁ😄サボとルフィの再会は素敵すぎる‼️大人になったサボの声もかっこいい‼️

ガープとコビーの因縁 – 海軍の未来

エースが黒ひげに敗北し、マリンフォードでの処刑が決定されたことで、マリンフォード戦争が勃発し、時代の節目となりました。この戦争では、ガープに関する新たな謎も浮かび上がっています。コビーは将来的に海軍大将になりたいと思っており、ガープに対する尊敬の念から、その人物を黒ひげが手にかけたことに疑問符がついています。
さらに、コビーは海軍でスピード出世を果たし、特別な訓練を受けています。彼はガープに引き取られ、ガープの指導のもとで成長しています。コビーの過去と今後の役割についての期待が高まっており、彼がどのように成長し、物語に影響を与えるのかが注目されています。
また、黄猿との作戦やエッグヘッドでの麦わらの一味の行動など、物語の展開に関する新たな要素も登場しており、今後の展開が楽しみです。

“エースを助けに行くために白ひげがマリンフォードへ向かった。
これと対比させて、コビー奪還のために海軍が黒ひげのところ(ハチノス?)に向かって頂上戦争とかはないですかね…
ガープ「そうやって入った方がかっこいいじゃろう」って面白すぎか😂
ガープのそういう所、ルフィにそっくりですね😅

“ なんかここにきてコビーが10人目候補として上がった感じがするけど、それは嫌なんだよなぁ。できたら海軍で大成してほしい。
コビーは海軍側の主人公みたいなところあるから活躍するのある程度は既定路線的なとこあるからその分ヘルメッポの活躍みれるとうれしい

“ コビーは大将にならずにガープと同じで中将で落ち着きそうだけど、個人的にはコビーは大将、ヘルメッポは中将で落ち着きそう。
「俺は一生お前を支えていく」って今のヘルメッポなら言いそうだし。

ジョイボーイの謎 – 100年の時代

ジョイボーイという謎めいた存在が、ワンピースの世界で重要な役割を果たしています。彼は世界政府によって隠されており、ルナーリア族や光月家など一部の種族にその名前が伝えられています。
魚人島に残されたポーネグリフは、かつてジョイボーイから人魚姫に贈られたものであり、彼の存在は重要な伝説と結びついています。さらに、百獣海賊団のキングがカイドウこそジョイボーイだと期待されており、ルナーリア族にもジョイボーイの伝説が存在することが示唆されています。
光月おでんがワノ国を開国しようとしたのも、ジョイボーイを迎えるためであったとの説や、古代人の祖先やDの一族との関連性についての考察も存在します。ジョイボーイにまつわる謎が今後の物語にどのように関わってくるのか、楽しみです。