【ワンピース】アシュラ童子の正体は?おでんとの関係やその強さは

103巻や1044話では、ヤマトとのやり取りの中で、ルフィがジョイボーイである可能性が示唆されています。特に1043話では、ジョイボーイが帰還したという情報が伝えられ、ルフィがその力を発揮し始める瞬間が描かれています。かつてのジョイボーイと同じ力を持つことが示唆されています。

“「海賊王になる」って言うときルフィは基本笑ってるけど仲間傷つけられて怒りながら言うの神作画も相まって最高にかっこいい
「やっと会えたー!」って……!
ルフィ、ゾロに会いたいと思ってたんやなと考えるだけで可愛さにオーバーキルされる

“ ヤマトはルフィの夢の果てを知ってるから仲間になれる条件は揃ってるけど、今回は隠れ傘下って立場として後に参戦なんやろなぁ
ゾロがこんな笑顔見せてデレるのってルフィだけだろうな…ルフィ以外の仲間が来たら『何だ、お前か』みたいな冷静な感じだと思う

“ ルフィとローとキッドの絡みめっちゃすき。あと作画すごすぎ。あと3人の船長強すぎでしょ。この3人大好きなんだよな。
サンジとかナミの前だと「なんだお前か」って感じなのにルフィの前だと「ルゥゥフィィイイーー!来てたのかーー!!」ってw

「ねゾウの謎とルフィの覚醒」

大昔、ねゾウは何らかの罪を犯し、それ以来歩くことしか許されないという言い伝えが残っています。そして、03巻040話ではモモの助がヤマトとの会話の中で、受任者が近くにいることを語りました。800年前、ジョイボーイと呼ばれる仲間が罪を犯したことが示唆されています。

「ヤマトとモモの助の違い」

ふつうに解釈すると、ヤマトとモモの助はワノ国における違った役割を果たしています。ヤマトはもすけに会いたいと思っており、モモの助とは直接的な縁がないようです。しかし、ワノ国の解放という目標においては、彼らが協力することが重要です。政府を倒すことは、奴隷解放と同じように世界を変える力を持つことを意味しています。ルフィ一味の仲間たちが10人集まることが示唆されており、最後の仲間が誰になるかが注目されています。あなたは誰が仲間になると思いますか?

“ ヤマト仲間にならないなら最初からあんなに船に乗る乗る言わないで欲しかった。

読者はヤマトが仲間になる気持ちで毎週読んでたのに
真田さんだけはピッタリで褒めれる(まぁなんで斎藤に駆け寄ってわざわざ撃たれたのかはしらんけど)
当時6歳の俺はこれでヤマトにハマったから感謝はしてる…

“ プルトンを起動するのにヤマトの幻獣種が必要になるんだと思う
じゃないと本当に何のために出てきたキャラかわからん

“ 因みに、ヤマトタケルは元々は ヤマトタケ でしたが、江戸時代の学者の伴信友が勝手にヤマトタケルと言い出して、それが明治に入って定着してヤマトタケルになりました、

「ヤマトの役割」

ヤマトの発言から、モモの助はジョイ合意ではないことが分かります。ヤマトはモモの助が世界を弱体化させる存在ではなく、むしろ世界を夜明けに導く手助けをする存在であると語っています。ヤマトは強力な実力者であり、神の能力を持つかもしれませんが、ルフィとのタイマンでは及ばず、ルーフィングを予定しているようです。ヤマトの真の役割にはまだ謎が残っています。
以上が、最新のワンピースの展開についての考察です。物語がますます複雑に絡み合っており、これからの展開が非常に楽しみですね!

“ ヤマトを実写化するなら最低三部作くらいじゃないと描き切れない
本当にヤマトじゃなくてもいい作品
ヤマトを冠したキムタクのPVでしかない

“ ガミラス突入の戦闘機で兵器のセンサーを引き寄せてからのヤマトの落下しながら艦砲射撃で的撃破してワープで離脱の戦術シーンだけは良かった

“ 母がこれを見せてくれてヤマトに惚れました。(その時10歳)それからというもの第二次世界大戦の戦艦が好きになり。ミリタリー好きになった俺氏

「ヤマトの能力と役割」

ヤマトの能力は、はの国の守り神の力であるとされています。この能力は代々受け継がれてきたものであり、前任者も同様にその能力を持っていた可能性が高いです。そのため、同じ能力を手にするためには苦労が必要だったと考えられます。この能力ははの国の守り神であるため、ヤマトがそれを使ってはの国を救うことにつながる意味が大きいでしょう。ワノ国およびヤマトの解放に向けて、時代が変わりつつあることが示唆されています。

“ ヤマトはあの壮大な音楽も必要不可欠なんだよねぇ。
宮川泰、羽田健太郎両巨匠による名曲の数々は今も、そしてこれからもファンの心の中で生き続ける。
そういう意味では実質リメイク版の2199、2202、2205は素直に受け入れられた。

“ 学研の「学習」の付録ではヤマトタケルが熊襲平定の際に乙彦公と一緒に女装し熊襲タケルを殺さずに屈服させた設定になっていますね。人見倫平氏の漫画でした。

「ヤマトタケルの九頭竜伝説」

ヤマトタケルの伝説における九頭竜は、鬼泪山に住む9つの頭を持つ巨大な大蛇でした。この大蛇は村人を襲い、オロチによって退治されました。オロチは大蛇に丸呑みにされましたが、その中から大蛇王を真っ二つに切り裂いたとされています。九頭竜の頭も全て切り落とされ、これがヤマトタケルの九頭竜伝説です。
この伝説がヤマトの能力や役割と関連している可能性が示唆されており、物語がさらに興味深くなっています。ワンピースの謎が次第に明らかになり、今後の展開が楽しみですね!

“ ヤマトタケルは、伝記などの本では、下総国で、死んだとされていますが?地元千葉県の松戸に、ヤマトタケルを祀る神社、松戸神社があります。

“ クマソタケルの弟の熊襲の穴は、女の娘になったヤマトタケルに掘られたんですねw
多分、穴戸の神の穴も・・・

ヲウスのウスい本ができてしまう・・・

ま・さ・か、オオウスのお兄さんも実は掘られ・・・

「ヤマトとヤマトタケルの類似性」

まず、解説者様が指摘された通り、ヤマトとヤマトタケルには類似性が見受けられます。ヤマトは兄大臼を殺すなど、正義感を持っています。また、熊襲健という強豪な兄弟にも物怖じせず立ち向かうなど、豪胆な性格が窺えます。さらに、おでんやおでんの仲間に立ち向かう姿勢も見受けられ、ヤマトは勇敢な性格を持っていることが分かります。

「ヤマトのモデルと日本武尊」

ヤマトのモデルとして日本武尊

が考えられる理由は、いくつかの根拠があります。まず、ヤマトの父親が有名な傾向電脳であることから、日本武尊の父親との共通点が指摘されています。日本武尊の父親である景行天皇も美人姉妹愛媛と乙姫を妻にするために大須に技を使わせたとされ、ヤマトの父親との共通点が見られます。また、日本武尊は美人姉妹との食事の席を取り持つ役割を果たし、ヤマトの父親と同様に食事の席に関わるエピソードが共通しています。
以上から、ヤマトのモデルとして日本武尊が選ばれた可能性が高く、日本神話に登場する伝説的な人物としての共通性が示唆されています。

“ヤマトタケル尊の血筋が、その後の天皇家のすべての天皇になっているのは特別な理由があった人物では!?と思ってばかりでした。
ヤマトタケルってカッコいい名前なんだけど、女装したり、友情を利用して騙し討ちしたり卑怯な手を使うんよね。

“ついにこの古代日本史シリーズも日本武尊の父君景行天皇の御代まで来ましたね
収益化停止などもありましたがこれからも制作に励まれますよう応援していきます

“ 『日本誕生』自体が、日本武尊命(やまとたける)と須佐之男命(すさのお)を三船敏郎が1人二役なので、ただでさえヤマトタケルとスサノオの物語がごっちゃになりそうなのに、『ヤマトタケル』ではヤマトタケルとスサノオをごっちゃにした設定&物語なのでなおのことややこしい。

「ヤマトと鬼の子たち」

まず、釈迦が「ありがとう」と述べ、島を脱出する際、ヤマトも同行することが決まりました。これにより、島を脱出する仲間が増えていく様子が描かれています。ヤマトが仲間に加わらないかと思った瞬間、STUSSYも乗り込んできたり、予測不可能な展開が続いています。
また、「鬼の子」という表現は過去にも作中で使用されており、ヤマト以外にもエースやルフィーなどのキャラクターが「鬼の子」と呼ばれています。大和ロジャー

やドラゴンを父に持つエースやルフィーは、血統的にも鬼と呼ぶにふさわしい存在であることが示唆されています。
さらに、街道が人間とは仲良くなれないと述べた場面では、スカイピアの発言が引用されています。これにより、魚人族と人間との対立や差別問題が示唆され、物語に深い要素が含まれていることが分かります。

“ 2199リメイクバージョンでこの場面が再現されなかったことに未だ納得がいきません。
戦艦大和とゼロ戦は技術大国日本の誇りのままな筈なのに

“ 蝦夷と言っても一枚岩ではなく、大和と激しく戦って敗れ、山奥に隠れ住んだアシタカみたいな部族もいれば、大和と友好的に交易や朝貢をしていた部族も多くいたらしいです。
私の地域の蝦夷も、古くから朝廷に昆布などの海産物を献上しており、大きな争いもなくとても栄えたとの文献が残っています。

“ 前方後円墳の原型は2世紀後半には出来ていただろうし、やっぱり倭国大乱って北部九州勢VS大和政権派の勢力だったんじゃないかな?

「ヤマトタケルの女装と性別」

ヤマトタケルは女装して相手を油断させることで、口バスを炊けるの家に侵入し、叩き倒すことに成功します。また、ヤマトの性別についても触れられており、初登場時には男性として自己を語っていますが、実際には女性であることが明らかにされています。ヤマトは自身の性別を偽っていた背景には、おでんに憧れて男性のように振る舞っていたことが示唆されています。
ヤマトの性別や行動には深い心情や背景が関連しており、そのキャラクターの複雑さが魅力的に描かれています。

“ヤマトタケルの漫画読んでたから最初自分も霊夢みたいな反応してたけど内容知ったらめっちゃ見たくなった( •̀ω•́ )

“ この映画も好きだったなぁ…
アニメの方のヤマトタケルも好きだったけど、どんなストーリーだったか覚えてないから解説待ってます!

「麦わらの仲間問題とヤマトの期待」

物語が進行する中で、新しい仲間が必要だと感じる瞬間があることは確かです。仲間を選ぶ過程や、麦わらの一味のメンバーたちが新しい島に行くことについての期待が描かれています。10人の仲間の問題は、物語が進むにつれて再び考えられるでしょう。最終的に、麦わらの一味は何人の仲間になるのか、ヤマトが加わることに期待を寄せるファンたちの心情が示唆されています。

“ ヤマトの実写版のデザインは本当によかった!
船体の巨大感を出すために構造物が細く小さくなり、金属感と重量感を感じられるシルバー塗装になり、エンジンノズルがF-35のようなギザギザなのが特によかった!

「ヤマトタケルのモデルとしての大和」

大和のモデルがヤマトタケルである理由を説明します。まず、父親との不仲、白い鳥、性別を偽る、豪胆な性格、九頭竜伝説の要素が、ヤマトタケルと大和に共通して見られることが挙げられます。特に、大和が女装している場面や、おでんに憧れる姿勢がヤマトタケルの要素を反映しています。
また、大和の振る舞いや性格から、将来の将軍にふさわしいと考える要素も見受けられます。これらの要素が、大和がヤマトタケルのモデルであることを裏付けています。
また、街道の発言により、自身がおでんだと名乗る大和と、ヤマトが鬼の子だと自認していることが対照的に描かれており、物語におけるキャラクターの複雑な心情が浮かび上がります。