鬼ヶ島のヤマトと将軍モモの助の新展開

1001巻を読んでいると、ブルックとゾロのコンビが確定的に登場することが予想されます。

“ 最初は日和様が託されたけどゾロに受け継いでいるってことか、おでん絶対喜んでる受け継ぎがいて、おでん様子見してるって感じしてそう

“ サンジ「ナミ役ぴったりじゃん」
ナミ「本当!?」
ウソップ「金好きそうだもん」
ナミ「おい」
ゾロ「クスッ」←ここすき

ゾロとバギーの因縁:意外な関係性?

ゾロとバギー、尾田先生の中で何かしらの因縁や深い関係性があるのではないかという噂が広まっています。
実際、尾田先生は裏設定としてその可能性を残しているようです。
ゾロの父親である嵐と海賊バギーが何らかの関係性を持っていた可能性は、考えてみても不思議ではありません。

“霜月とミホークが何かしら関係性あって、ミホークはゾロから霜月の何かを感じ取って弟子にした可能性ないですかね。
キャラ愛で思いっきりゾローー❤
強いももちろん大事やけど好きなキャラ使うのめちゃたのしいーー(*^^*)

“ ゾロも最初はただの海賊狩りだったんだもんなぁ
それがこんなに強くなってるって思うと普通に涙出てきた
ゾロの左目については、覇気をどこかに溜めてるキャラ今までいなかったと思うし、せっかく隻眼になったのに開眼する必要もないと思う。

“ 動画とはあんまし関係ないですけど
ニカとカイドウとゾロだったらどれに優先的に欠片使うべきですかね?
三体とも80レベにはなってます
昔リョーマが左目を、左目無くした自分の子供に移植して、それが子孫代々受け継がれて最終的にゾロの左目に移植されるってありか?(。・ω・)y-゚゚゚

バギー兄弟の因縁

バギーとゾロ、なぜ彼らにはこんなにも因縁があるのか、その理由について考えてみましょう。
まず、ゾロの斬撃が切れないことに関連して、ウソップのファイアの鳥星が登場します。
これによってゾロの斬撃を阻止することができる可能性が浮上しています。
果たしてこれが真実なのでしょうか?
さらに、について考える際、バギーの海賊団が立ち上げられた時期とゾロの年齢に注目すべきです。
バギーが自ら海賊団を結成したのはロジャー処刑の直後の24年前であり、ゾロは現在21歳です。
嵐がゾロが生まれた頃には既に海賊行為を始めていた可能性が考えられます。

興味深いことに、初期設定にはゾロがバギー海賊団の用心棒として描かれる予定だったという事実があります。
尾田先生がこのアイデアを検討した末に辞めたとはいえ、なぜゾロとバギーにはこのような関係性が想定されたのでしょうか?

“ ゾロの技かっこよすぎます!!。僕は獅子歌歌やっぱ見開きの迫力が圧巻でしたwその後に、礼を言う俺はまだまだ強くなれるが最高に好きなシーンです、大辰撼とかはゾロ強すぎるってなりましたね〜✨

“ このBGM、最強最強最強だっけ?
ゾロもそうだけど、やっぱり剣士キャラにピッタリな曲やなぁと思う!🐔🐔🐔🐔🐔

バギーの強さと謎

バギー兄弟について考える際、彼らの強さと謎に注目すべきです。
初登場時にはバギーは巨大な金を切り裂くほどの力を見せ、さらに黒糖の一振りで氷山を破壊するなど、その力は非常に強力でした。
しかし、スピードに関してはあまり描写されていないことが特徴です。

特に注目すべきは、ゾロとの対峙シーンで、バギーは一瞬のうちに細切れにされたことです。
そのスピードは驚異的であり、バギー兄弟の力の源には何か謎が隠されているかもしれません。

さらに、バギーはイエティクールブラザーズの攻撃を受けて急に意識が朦朧とし、眠気に襲われる場面がありました。
このような状態を引き起こす武器である「kypガス団」というものが登場し、ゾロさえも眠ってしまうほど酒に強いことが示唆されました。
バギー兄弟の謎はまだ解明されていないようですが、今後の展開が楽しみです。

トレークの謎とゾロの出生

まず、トレークについて考えてみましょう。
彼は最後に102話で洗浄決戦が集結して鬼ヶ島でホーキンスとの言葉を交わしましたが、その後音信不通になってしまいました。
占っていたと言っていた男とは一体誰なのでしょうか?彼の行方にはまだ謎が多く残っています。

次に、ロロノア・ゾロに焦点を当てましょう。
彼は麦わらの一味の一員であり、出身地はイーストブルーの霜月村であることが明らかになっています。
しかし、彼の両親については判明しておらず、彼はボイコット王国で拾われたという経緯を持っています。
ゾロの家系にも謎が多いことがわかります。

“ ゾロまとめありがとうございます👏
タ毛シさん、恐らくですが、ミスマンデーの「眉間」ではなく「こめかみ」では…?

“ 真面目なまとめに動揺して観るの遅れた…
基本的に僅差でサンジの方が好きなんだけどこういうの観るのやっぱゾロだわってなるなー

“ 今更ですが、ゾロについて20分語り続けるのって凄いことですよね
ノスケさんがいつも当たり前のようにやってますが、単なるワンピファンじゃできませんよね。改めて凄いなぁと

ゾロと死神の謎

ゾロと死神についても考えてみましょう。
彼が戦いの中で「死神」と言っていたことがありましたが、実際に戦闘中にそれがどのように現れたのか、その真相は不明です。
この出来事は本当にあったのか、それとも幻覚だったのか、謎が残っています。

また、ゾロは101巻と1023話で川松と兵庫に牛丸に似ていると言われました。
この言葉には何か意味があるのでしょうか?ゾロの過去や出自についての謎がまだ解明されていないことから、これからの展開がますます興味深くなることでしょう。

ゾロの物語はまだ終わっていないようであり、黒糖の条件と同様に、彼にまつわる謎が多く残っています。
今後の物語でこれらの謎が明らかにされることを期待しています。

ヤマトの秘密とポーネグリフの謎

ヤマト、麦わらの一味の新たな仲間として登場し、彼女にはまだ解明されていない秘密が多くあります。
まず、ヤマトは「ヤマト」と名乗っており、上の国の人々が危険にさらされる際、彼女は臆病者として自己を称しています。
その正体や過去についての謎が明らかにされていない点が興味深いです。

さらに、1055話でヤマトが案内してくれた地下にはロードポーネグリフが存在していました。
しかし、このポーネグリフの内容や意味については明らかにされていないままです。
ヤマトが知る情報や秘密が、物語の展開にどのように影響するのか、まだわかりませんが、これからの展開が楽しみです。

ヤマトの多様性と大切な人の死

ヤマトが麦わらの一味に加わることによって、一味の多様性がさらに推進されることが期待されます。
なぜなら、麦わらの一味には女性キャラクターがナミとロビンの2人しかいないため、ヤマトの加入により性別の垣根を超えた仲間が増えることになるからです。

また、ヤマトは大切な人の死を経験しており、彼女がエースと戦った後、エースの死に対して深い感情を抱いています。
この経験がヤマトのキャラクターにどのように影響を与えるのか、今後の物語で注目されるでしょう。

最後に、ヤマトの能力である「時間制限」について考えてみましょう。
この能力はスピードや大富豪に関係し、効果が切れることは考えにくいですが、効果が切れた場合、ヤマトの戦力が元に戻ることを避けるべきでしょう。
そして、ヤマトが戦闘でどのように活躍するのか、今後の展開が楽しみです。

ヤマトの鬼である可能性

ヤマトが鬼である可能性について、いくつかの根拠が考えられます。
まず、彼女が「ヤマト様」と呼ばれていることが挙げられます。
また、ヤマトが鬼姫

と呼ばれていたことも注目すべきです。
鬼ヶ島

での発言から、ヤマトが鬼の存在であることが示唆されています。

さらに、彼女が鬼ヶ島を拠点としていることも考慮に入れるべきです。
鬼ヶ島は鬼が本拠地としている場所であり、ヤマトがこの場所で活動していることから、彼女が鬼である可能性が高いと言えます。

最後に、金棒を武器として使用していることも、鬼の特徴と関連付けられます。
鬼に関することわざで「鬼に金棒」という表現があるように、金棒は鬼の武器とされています。
さらに、ヤマトと大和の両方がカナブ(金棒)を武器として使用していることから、彼女が鬼である可能性が高まります。

これらの5つの理由から、は高いと考えられます。

“ 真神ヤマトは閻魔ゾロに強くて閻魔ゾロは緑シャンクスに強くて緑シャンクスは真神ヤマトに強いと考えると超フェスしてるから雑魚ではない(なおアタッカー三すくみ)

ゾウとジョイボーイの謎

ゾウの存在についても謎が多く残っています。
ゾウは罪を犯したという発言があり、命令に従って歩くことしか許されているとされています。
さらに、モモの助が受任者が近くにいることを示唆する発言をしています。
これらの情報から、ゾウに関する不明な要素が物語に影響を与える可能性が高まっています。

また、おでんとのやり取りにおける意味深な描写も注目すべきです。
おでんが口を押さえて言葉を遮った瞬間について、その意味や背後に隠された情報が気になります。
おでんが残した公開日誌も重要な情報源となりそうで、これからの展開に大きな影響を与えるかもしれません。

ワノ国編における重要な要素

ワノ国編では、いくつかの重要な要素が登場し、物語に影響を与えています。
その中で注目すべきポイントをいくつか紹介しましょう。

まず、将軍モモの助の覚悟が感じられる瞬間があります。
彼の覚悟は物語の中で重要な役割を果たし、彼の成長と冒険への決意を示しています。

次に、ホーキンスが占っていた「ある男」の正体についての謎が解けた瞬間が挙げられます。
ホーキンス自身がその男であることが明らかになり、これによって物語の展開に新たな要素が加わりました。

さらに、ヤマト仲間入り論争の決着が1057話で描かれました。
ヤマトがルフィたちのもとに行こうとする際、彼女が海へ出ることを決断した瞬間が物語の展開に影響を与えるでしょう。

これらの要素がワノ国編をより魅力的なものとしていると言えます。
物語が進行するにつれて、さらに多くの驚きや展開が期待されます。

“外国の方が、日本語分からないけどルフィが笑ってないからきっと深刻な話に違いありません。ってコメントしてるの可愛い笑
ルフィ → ナミ or ビビ
ゾロ → ナミ or 日和
サンジ → ナミ or プリン

だと思う、やっぱりナミが圧倒的ヒロインなんだよな

麦わらの一味の仲間問題

は、物語における重要なテーマの一つです。
ワノ国編が終わり、再び航海に出る段階で、麦わらの一味の仲間が増える可能性について考えられています。

特に、ヤマトが仲間に加わる可能性が注目されています。
彼女はエースから事前に聞いていたエピソードを持っており、一味に加わることが示唆されています。
新しい仲間の加入が物語にどのような影響を与えるか、これからの展開が楽しみです。

また、麦わらの一味の仲間数が最終的に何人になるのかという疑問も残っており、これが物語の展開において重要な伏線となっています。
今後の物語で仲間たちがどのように成長し、冒険が進展するのか、期待しています。