考察 – ワンピースの謎 ビビ、ロー、そしてドフラミンゴ

しかし、なぜ世界のバランスを保つ四皇クラスと渡り合える強大な組織が存在しないのか、それが神の騎士団の謎です。

世界政府の裏の顔

世界政府は表と裏の顔を持つ複雑な組織です。
その裏の顔は、世間に好評を得られない事件を隠蔽し、情報操作を行い、空白の00年や古代兵器に関連する事件を読み取ります。
これらの役割を果たすのは、世界に認知されていない真の勢力です。
それが世界最高権力の五老老性に仕え、世界の創造主であるイム様です。
ゴロテスラもイム様の部下であり、世界のバランスを保つために動いています。
さらに、第793話では五老星の上にさらなる勢力が存在する可能性が示唆されており、それが神の騎士団かもしれません。
海軍は民衆を守るための正義の役割を果たし、CPゼルは闇の正義の役割を担っており、世界のバランスを保つために表と裏の勢力が協力しています。

イム様とDの関連

イム様は「D」を名前に持つ者たちが現れる日に言及しており、それが空白の100年の終焉と関連していると考えられます。
この日の出来事がなければ、ポーネグリフや「D」の意志など、巨大な王国に関わるものは存在しなかった可能性が高いと思われます。
また、一色なbやチタンといった用語についても説明があり、身分や意味について考察されています。

“さすがです👏ちなみに、コールドスリープしている100年間の空白で、イム様等はどういうことをしたんですかね?
イムの行動見たらこの説ないってすぐ分かるなあ…意思ありきの行動しとるやんけ、機械化ってとこだけおもしろかった

“イム=ミホークは有り得ないと思ってるけどもしそうならシャンクが政府とパイプ繋いでても違和感無いんだよな

シャンクスの行動

シャンクスはワンピースを目指す宣言をし、赤髪海賊団を率いています。
彼の行動は世界政府にも把握されており、ワンピースを目指すことは「D」の医師や世界の歴史を呼び起こす行為であると指摘されています。
また、シャンクスが特権階級のフィガーランド家の血筋である可能性が高いため、彼の行動を家族が黙って見過ごす可能性は低いと考察されています。
シャンクスとガーリング性が率いる者たちの関係についても触れられています。

これらの要点から、次にイム様と県展関係についての説明が行われ、世界の王になる可能性について考察される予定です。

イム様の謎と共通項

イム様については、彼女の特徴的な目と帽子の形以外にほとんど情報がありません。
左目に3本の傷がある可能性や、シャンクスの海賊旗の傷との共通項が指摘されています。
また、シャンクスとティーチの戦いにおいて、3本の傷がつけられたことも注目されています。
これらの事実から、イム様の謎についての線が濃厚になっています。
彼女がその謎を解く鍵として重要な存在である可能性が高いとされています。

レイリーの強力な覇気

シャンクスと共に注目されているのは、シャンクスの能力に匹敵する強力な覇気を持つレイリーの存在です。
彼は武装色の覇気を駆使して相手に切り傷を与え、武装色の応用技術を用いて鍵を身にまとい、相手に触れることなく弾き飛ばすことができます。
さらに、彼は内部破壊ができる覇気も使えると言われています。
これらの能力は、彼がどれほど強力であるかを示すものであり、流用可能な技術としても注目されています。

ドフラミンゴとツールの関係

ドフラミンゴの幼少期に関連する謎として、北の果てという家で育ったとされることが挙げられます。
同ツールがドフラミンゴの幼少期を共有している可能性が考えられます。
この仮説の根拠として、以下の3つのポイントが示されています。

ドフラミンゴがドラミングを捕まえることに執着していたこと:以前、ドフラミンゴは「俺たちの居場所を嗅ぎつけて追ってきた本部」に対して、ドラミングを追いかけ回していたことを述べています。

ロシナンテが情報を提供していたこと:ドフラミンゴを保護し育てていたロシナンテは、ドラミングに関する情報を持っていた可能性があります。

ツールがドフラミンゴを子供扱いしていたこと:ツールがドフラミンゴを子供扱いしていたことから、彼との関係性についての謎が浮かび上がります。

仙石とロシナンテの関係

について、以下のポイントが挙げられます。

仙石は、ロシナンテを保護したのはドフラミンゴが父親を殺した直後だと予想されています。

仙石は覇王色の覇気を使いこなす強力な能力を持ち、ロジャー野手連携など伝説級の海賊と対峙しました。

仙石はロックスたいと九段が壊滅した事件を知っており、ロシナンテを引き取り育てました。

ロシナンテは、仙石の命令でスパイ活動を行い、その中でドフラミンゴとの接触を持っていました。

これらの要素から、仙石とロシナンテの複雑な関係や彼らの過去についての情報が明らかになっています。

ドレイクとロシナンテの関連

ドレイクがロシナンテと何らかの関連がある可能性が示唆されています。
具体的なポイントをまとめると以下のようになります。

ドレイク投稿日の前後にロシナンテも合言葉で会合に参加していた可能性がある。

ロシナンテもスパイ活動を行っており、戦国を統括する存在であった。

現在、騒動を統括している人物は「ahkah犬」である。

また、ドレイクは海賊王ゴールド・ロジャー、ローアグニューゲートと渡り合ったと言われる一方、パラミシア系の悪魔の実の能力を持っており、空飛ぶ海賊としても知られています。
彼の外見は、金獅子の異名通り、銀髪に金色のアゴ髭を生やしています。

“ ロシナンテはドフィと同じ地獄を見たのに善人でいられるのはセンゴクの愛のおかげだと思うから、兄弟でファミリーに入ったらロシーも壊れてたかもしれない
かと言って優しくないコラさんを想像しようとしても脳が拒否する…

チャルロセとワンピースフィルムレッド

チャルロセはワンピースフィルムレッドに登場し、エレジアの歌を聴いて奴隷になる場面があります。
彼は歌が気持ち良く、人々が言えないことを代弁します。
しかし、歌ワールドでは自分の好物であるソフトクリームに変えられるシーンもあります。

また、625話ではノストラル土星に魚人の奴隷たちが解放されたことを伝える役割を果たし、魚人たちが国に帰る情報を伝えます。
その中には元奴隷の者たちも含まれており、和解のために取り計らう場面が描かれています。

初登場は76巻763話で、彼はドフラミンゴとロシナンテの兄弟の父親であり、天竜人の地位を捨てて地上に降りた天竜人であることが明らかにされています。

“ 引っ込み思案だし、兄とは真逆で「人として」天竜人を口にもしなかった「人」だから
そりゃ天竜人だから悪いってならない、自分にしかできない抑止力してたら
ガープに対してセンゴクが天竜人嫌いなんて口が裂けても言えない

“ コラソンの親父はいい人なんは間違いないが、やり方が甘い
あの魚に育てられた天竜人のおっさんみたいに地位捨てずにやらなあかんな

“ あの41歳が途中でコラさんの裏切りに気付かない訳がないからまじで最後の最後自分の目で見るまで信じたくなかったんだろうな…天竜人って立場で産まれてなきゃすごいいい兄貴になってたのかもなぁ

トラファルガー・ローの活動

トラファルガー・ローは、自分の兄を止めるために海兵のスパイとしてドンキホーテファミリーに入り、二代目コラソンとして活動しました。
ロシナンテを信用し、深い追求はしていませんでしたが、トラファルガー・ローがファミリーを離脱し、ロシナンテがいなくなるとパタッと開閉の追跡が止まり、疑念を抱くようになりました。
最終的には、ドフラミンゴの教団に倒れる運命となりました。
しかし、ローのおかげで自分の命は救われ、オペオペの実の能力を渡さずに済みました。
そして、ドフラミンゴを打倒するために戦国との対話も行いました。

ビビと政府

ビビは空の玉座において政府の秘密を知ってしまい、消息不明となっています。
しかし、彼女は生きており、将来的に巨大な戦いに参加する可能性が高いと考えられます。
ただし、ビビは基本的に政府に協力的な立場にあり、ルフィたちとすぐに仲良くなることは難しいでしょう。
スモーカーたちが研究所に立ち寄る際に登場する可能性が高いです。

“ キッドがシャンクスにやられた所
ローが黒ひげにやられたところ
ルフィが海軍と戦争しそうになる所

それぞれはどう思うんだろうか

“ キッドが兎丼でルフィの誘い蹴った時、エースどんな気分で見てたんだろ?てか、お玉助けてたしキッド結構エースからの好感度高そう。

関連 投稿