世界政府とロックスの対決 – ルフィと黒ひげの未来

サテライトの仕組みについて考えてみましょう。

ベガパンクロゴの謎

ベガパンクの新しいロゴについて考えてみましょう。
このロゴは、人間をロボット化したものなのか、それともロボットを人間化したものなのか、というのがポイントです。
最初にロボであることを前提とせずに進んでしまい、申し訳ありませんが、パシフィスタやセラフィムなどの人造人間がいることから、彼ら以外の欲望はまだベガパンクにはコントロールされていない可能性が考えられます。

さらに、新しい島であるエッグヘッドにはボスがいない可能性があります。
しかし、誰かと戦うことがあるとすれば、目がパンクかセラフィムなどが考えられます。
ただし、麦わらの一味との関係を悪化させたくないという思いもあるため、バルジマーの人々は純粋な研究を続けてほしいと思います。
それは政府に身を置く理由でもあります。

したがって、ベガパンクは純粋な研究力のために尽力しており、その努力が今もなお続いていることを願っています。

ルフィ、黒ひげ、そしてイム様の未来

今後、ルフィと黒ひげ、あるいは世界政府と黒ひげがぶつかるような段階では、ロジャーの過去編やロックスの過去編が詳しく描かれる可能性が高いと思われます。
特に注目したいのはイム様の存在です。
彼の登場は確認されていますが、彼自身の発言は一切ないため、ほぼ未登場と言っても差し支えないでしょう。

イム様は90巻の906話で初登場し、マリ以上の冷凍室のような場所で巨大な麦わら帽子を見つけました。
その後、空の玉座に座っている場面もあり、他のキャラクターが彼に伏せるほどの存在であることが示唆されています。
彼の存在は世界にとって新たな謎であり、ロックスとの関連性がある可能性が高いです。

ロックスが世界政府の最高位にいるイム様を倒すことを考えていた場合、彼はイム様の存在に迫っていた可能性が高いでしょう。
今後の展開がますます興味深くなりそうです。

“はい、違いますね…
あの名前のアンという名前は、何だったの??
ネロナ家ってイム様と同じ同士って感じ…猫と犬みたいに…セラフィムの関係性とネロナ家とイム様、天竜人
十二支のような考えが思い浮かびそう…

“ ルフィ=太陽
イム=月
ルフィ=自由
イム=支配
で対局している
点もあるし、、、、

スターフェリー第62 – 海部目の平和を保つ

スターフェリー第62の情報を共有しますが、ネタバレに注意してください。
前に進む前に動画を確認してください。

この物語は海部目の平和を保つためにスパイたちがスターフェリーを舞台に活動する内容です。
架空の国家が描かれていますが、実際の国としてはドイツとイギリスがモデルとなっています。
物語は1960年から1970年代の時代を想定して描かれており、モテる国家として描かれている点が興味深いです。

この物語がどのように展開していくのか、スパイたちの活動がどのように海部目の平和に影響を与えるのか、今後の展開に期待が高まります。

“ イギリスじゃなくてイングランドじゃないの?それから金髪青目よりブラウンヘアにブラウンアイの方が多く感じた。ドイツよりフランス。
15年フランスで生活しています
イギリスを嫌ってますがドイツとは仲がいいですよ
EUをぬけたからフランスは喜んでます

“ 現在お国の経済がしっかりしてるのはドイツ。イギリスはヘッジファンドのポンド売りに応戦して国庫を空にしてしまった
ドイツの主要企業のバランス悪すぎる
ここに載ってないだけで製薬とか部品も強いけどバランスの良さはイギリスだね

“ SPY×FAMILYのモデルってイギリスかな?
でも東西に分かれてるからドイツにも見えるんだよな。
イギリスは戦争に負けない国という点では、たいしたものだと思う。その様な歴史的観点からの知恵が、脈々と受け継がれているのであろう。

スパイファミリーの背後に潜む歴史的背景

ヨーロッパにおけるスパイファミリーの物語は、東西冷戦時代の背景に犠牲となったドイツのレクシーと関連しています。
有名なベルリンの壁が建設された時期と物語が重なり、主人公と阿蘇倍にまつわる「byeパン型ナビ騒動」には実際のイギリスとo2をマージして隠された要素が存在します。
このような歴史的な共通点から、スパイファミリーの物語はさらに楽しめることでしょう。
今回は、作中に隠された緻密な舞台設定を紹介し、歴史的背景から今後の展開について考察していきます。

“ 日本、ドイツ、アメリカ、イタリアの視線でWWIIを見ることはあったけど、
イギリスの視線で見ると、結構異なって見えるんだな。
日本に勝ち目が会ったようにすら見える。

“ 作中の首都の名前がバーリント(berlint)でドイツの首都のベルリン(berlin)を明らかに用いてますね
知り合いのイギリス人は、フランスもそうですが、よくドイツの悪口を言っているイメージです。
※本当に嫌っているわけではなく、冗談を言うようなノリで

“ 西ドイツ、東ドイツのベルリンの壁がなくなって、1つの国になったように、スパイファミリーも壁がなくなり、最終話はハッピーエンドで終わってほしいですね。
バーリント(ベルリン?)やニールバーグ(ニュルンベルク?)を見ると、何となくドイツがモデルかなとは思うけどね・・・

スパイファミリーの通貨と文化

物語の中でアーニャが売店でお菓子を買おうとするシーンで、通貨単位が明らかになりました。
実は、この通貨単位は190年代の東ドイツの流通通貨を思わせるものです。
当時の東ドイツでは通貨に関する課題があり、通過補助単位が得難い状況でした。
東ドイツマルクは丸い形状で、「党略」などで市場で取引されました。
つまり、スパイファミリーの世界における「ダーレク」と「ペン」は東ドイツのマルクトぺー日に相当する通貨単位と考えられます。

さらに、物語には暮らしに関連する文化も描かれています。
このように緻密な設定が物語の奥深さをさらに引き立てています。
物語の舞台設定と歴史的背景が絡み合い、今後の展開にどのような影響を与えるのか、楽しみであり、注目すべき要素と言えるでしょう。

“ SPY×FAMILYに出ている車🚙に
東ドイツのトラバントがあったように思います。

東西ドイツ統一直後、アウトバーンをノロノロ走って、ポルシェやベンツに抜かれていたのを見た記憶があります。汗

“ 東かい!
廃墟から復活しないと(使命感)
あとどうでもいいけど
東ドイツの軍歌いいよね

“ アニメのオープニングで出てくる車がかつての東ドイツの車、トラバントにそっくりですね!ニ話に出てくるバンもワーゲンタイプⅡですし、密輸グループの車もフォルクスワーゲンのカルマンギアに見えます。ドイツを意識してるのはまちがいなさそうです。

オーストリア、東ドイツの料理と作中の隠し味

オーストリアと東ドイツは地理的に隣接しており、それぞれの地域では特有の料理が親しまれていました。
作中で登場する「杭アーチ」という料理も、実際に存在する料理に由来しています。
さらに、この料理には隠し味としてサワークリームや目玉焼きが使われていました。
実は、これらのトッピングはオーストリアや東ドイツ独自の調理法であり、物語の背後に歴史的な文化要素が取り入れられていることが分かります。

また、物語の登場人物であるコニールバーグは、ドイツのニュルンベルク地域の出身とされています。
この地域はオーストリアと隣接しており、夜にサワークリームや目玉焼きをトッピングにしたことは、彼の出身地に関連している可能性が高いです。
このように物語の背後にはキャラクターの背景や文化が緻密に組み込まれており、興味深い要素となっています。

“ はじめまして!

自転車暴走シーンや音楽が素敵です!
わたしもドイツへ移住計画中なので、リアルな街並みなど見れて嬉しいです!
こらからも動画楽しみにしてます!

“ パスタ好きなのでイタリアの隣がいい(個人の感想デス)…てかドイツと近いとゲルマン民族と混ざって優秀な部族誕生しそうだな

スパイ関連のエンターテインメントと共通点

スパイを描いたエンターテインメント作品において、ジェームズボンドは最も有名なキャラクターの一つです。
実際、黄昏が所属するビルの外観は、イギリス情報局秘密情報部2処(MI6)の建物と酷似しています。
さらに、物語にはスパイ関連ではないものの、名門パブリックスクール「d敦煌」が登場します。
この学校はイートン校に類似しており、生徒の多くは富裕層の出身であるとされています。
これらの共通点は、スパイファミリーの世界観を構築し、物語に奥行きとリアリティを与えています。
こうした要素が作品をより楽しませ、観客を引き込んでいるのでしょう。

“ 前回、私がコメントした「イーデン校はイートン校、背景はイギリスぽいともある」を取り上げて貰って感激です💓
アーニャの存在が、鉄のカーテンを開けて、フォージャー家が幸せになる結末を見たいなぁ〜

ドイツとイギリスのモチーフと独特の世界観

この物語は、ドイツとイギリスの文化やスパイ活動に触発されており、独自の世界観を演出しています。
これまでに、作中での共通点やモチーフについて紹介してきました。
ここからは、歴史的な背景をもとに、主人公と黄昏に迫る危機について考察していきたいと思います。
物語は、160年から170年代の東西ドイツの世界観をベースにしていますが、その中には一つの危険が存在します。

“ でもイギリス人の友人と話してたらフランスは嫌いな人多いけどドイツは遠い国だからよくわからないって言ってた

密告と国家保安局の存在

物語の舞台となる東ドイツでは、国家保安局が民間人を監視し、国賊とみなされる可能性のある人物を摘発していました。
この監視はプライバシーを侵害するものであり、非常に厳格なものでした。
物語の中でも、第41話でユーリが登場し、監視活動を行っていたことが明らかになります。
そして、ユーリが所属する国家保安局が最も危険視している人物がパソです。
つまり、今後、パソが最大の危険人物としてクローズアップされ、黄昏の存在が密告などにより明らかにされる展開が予想されます。

このように、物語の背後にはスパイ活動や監視、密告などの要素が絡み合い、緊張感のある展開が期待されます。
黄昏とパソの対決が物語を一層魅力的にしている要因の一つであることは間違いありません。

“個人的にはユーリがフランキーを検挙して、
そこから流れでヨルさんに黄昏暗殺指令が出るも殺せず、、、と思ってる
他に似てる人居ないかなーって改めて見てたんですけど骨格と、口元と鼻筋でみると秘密警察のユーリの同僚?上官?に似てるなーって思いました

“ 偽ユーリがユーリのことを知っていたのでやはりロイドかと思えます(ただマンホールの上から声をかける上司とも思えますし、正解が早く知りたいですね)。

“ 男性にユーリという名前が付いてるのはロシア語圏ではよくあることだし、プーチンのファーストネームであるウラジーミルもロシア語圏ではよく見かける男性の名前だそうだし、プーチンは東独の諜報機関に勤めていた、という歴史的事実もあるから多分スパイファミリーのユーリのモデルはプーチンではないかと推測される

東ドイツの秘密警察と民間人の監視

物語の背景には、東ドイツに存在した秘密警察であるシュタージが重要な役割を果たしています。
シュタージは情報機関の統括を行い、スパイを派遣し、民間人を厳重に監視していました。
さらに、シュタージは民間人を公式協力者と秘密情報提供者に分類し、相互監視を行っていました。
このような体制により、スパイの存在が密告によって報告され、逃れる余地がありませんでした。
当時、秘密警察に関与した関係者は、総人口の15%以上に達したと言われています。

フランキーの裏切りとシュタージアーカイブ

物語の中で、フランキーが裏切る可能性が示唆されています。
しかし、現時点では彼が完全にウエスタリスの側についているわけではなく、中立を保っています。
物語的には、フランキーが裏切った場合、ロイドが最もダメージを受ける展開になると予想されます。
さらに、歴史的な根拠として、シューターアーカイブが登場します。
シューターアーカイブは、東ドイツの秘密警察が保管していた市民に関する膨大な記録文書を指します。
この記録文書には誰が誰を密告したかなどの詳細な情報が記録されており、その総量はなんと168キロメートルに及ぶと言われています。
東西ドイツが統一された際に大きな問題となったのが、このアーカイブの処理でした。

これらの要素から、物語の展開においてはスパイ活動や裏切り、秘密情報の重要性が強調されており、緊迫感あるストーリーが描かれていることが分かります。

関連 投稿