ルフィと革命軍の運命 – 新たなる戦いの幕開け

天竜人とは、ワンピース世界において特権階級を象徴する存在です。

“シャンクスもDの一族であり 天竜人の正統血統かよ😅
でも自由と平和を主義に掲げる点は ルフィと同じ😊

“ ナミは天竜人じゃ無いと思う、Dの一族と思う、ローも子供の頃いきのびてるしどっちも恩人殺されたし共通てんあるとおもう

“ 他の海賊も天竜人相手だと一瞬怯んだりしそうなんだが、麦わら大船団の皆は躊躇なくやりそうと思ってたから想像通りのことしてくれてスッキリ

天竜人とルフィの可能性

<a href="https://amuse-labo.com/channel/watch/onepiece-kakumei-tenryubito?vidd=39V9N4Wmkyk&t=0#attachment_天竜

人の違い” style=”color:#0068b1 !important; text-decoration: none !important; font-weight: 900 !important;” >天竜人

とは、世界政府を支配する特権階級である。
彼らは世界中の権力を握り、その存在は多くの者にとって恐怖と差別を生む原因となっている。
しかし、天竜人にも個々の特性や信念が存在し、すべてが悪いわけではない。
この記事では、ルフィと天竜人の関係について考えてみたい。

天竜人は悪い奴らばかりではない?
天竜人と言えば、多くの人々にとって悪党の代名詞のように思われています。
しかし、必ずしも全ての天竜人が悪いわけではありません。
中には差別や不正義に反対し、社会を変えようとする者も存在するのです。

ルビーの実の父、モンキー・D・ドラゴン
ドラゴンは革命軍の総司令官であり、世界最悪の犯罪者とも言われています。
革命軍は天竜人の支配に反対し、天竜人の傲慢さと差別を許さない存在です。
しかし、ルフィとサボ、イワンコフなどとの関係や、ロビンと革命軍との関係を考えると、革命軍とルフィたちが敵対する可能性は低いでしょう。
親子対決が実現すれば、一大盛り上がり間違いなしです。

天竜人との友情
フィッシャーマンアイランド編では、ルフィは魚人たちと交流し、友情を育んでいます。
天竜人に対する差別を撤廃し、共に平和な世界を築くことを目指しています。
ルフィの行動から分かるように、彼は単なる差別主義者ではありません。

天竜人が悪いわけじゃない、その証拠がある
天竜人がすべて悪いわけではないことが示されています。
ルフィの行動や革命軍の存在からも、天竜人にも善良な者がいることが分かります。
ルフィが彼らと共に世界を変える冒険に挑む姿勢は、差別を撤廃し、平和な世界を築くための大きな一歩と言えるでしょう。

“ ルフィの母親が「天竜人or貴族に生まれて恥ずかしい」って言ったのかもね
サボの言葉に対する「とうとう子どもにこれを言わせるのか」って反応につながる
民衆を監視し、政府に反する思想を持つ者を裁く五老星。
神を監視し民衆の力に加担しようとする天竜人を裁く神の騎士団。
…🤔

“ てことはルフィが最初(1話)から覚醒してた説がブレるねえ
シャンクスがあの時すでに懸賞金10億だったのは天竜人の裏切り者だったからとも読める

“ ルフィ「天竜人を殴ってよわほしを助けた?よくやった!」
麦わら一味「しらほしが無事なら良かったよ」
子分の身勝手が許される超ホワイト企業

シャンクスとの関係 – 新たな展開の予感

シャンクスは、ゴッドバレー事件をきっかけに一瞬見捨てられた過去を持ちます。
しかし、それが偶然ではなく、ロジャーに拾われた運命の一部だった可能性が考えられます。

シャンクスの新たな目標
シャンクスは現在、天竜人との関係性を持っていないと考察されます。
彼はロジャーの意志を継ぎ、新世界を目指す海賊としての道を歩んでいます。
また、フィガーランド系がシャンクスを取り戻そうとしていないことから、彼らには既に跡取りがいる可能性が高いと考えられます。

最終章の展望
そして、物語は最終章へと進んでいます。
五老星やイム

様が新たな動きを見せ、ラフテルへ向かうシャンクスの決意も物語の展開を予感させます。
一方で、現時点でロジャーと天竜人との敵対描写は存在しておらず、海賊としての自由さを追求したロジャーの性格から、わざわざ天竜人と対立する理由がなかったのかもしれません。
一体、これから物語はどのような展開を迎えるのでしょうか? 4

“これだけ天竜人や五老星が悪で描かれていると、逆にかつての大国が実は悪でイム達が正しかったことも想像できちゃうなぁ
尾田先生が一巻でボスが登場しているとおっしゃっていましたよね?シャンクスが天竜人の血筋でボスは天竜人って事ですか?

“ 20の王国の名前が全て出てくれたら…また考察の幅がふえますね。むしろ天竜人からの…地上へ降嫁した人達とかは、いそうですよね。
シャンクが天竜人だから敵対するって予想が多かったけど天竜人だからこそ世界政府に因縁があって共闘する流れは全然あるんじゃないかなと思ってる、というかそうであってほしい

“ どっかで見た「天竜人の命を使ってイム様砲を放てるようになる」という考察が正しいのであれば、ミョスガルド聖がその犠牲になった可能性もあるのかな😢
考察ありがとうございます!
面白いです!
五老星と天竜人が会話してるところ見てみたいですね笑

技の謎 – 天竜人の特別な技

天竜人が持つとされる「神が死ぬ技」は、その名前からして非常に特別で強力な技であることが伺えます。
この技にはどのような意味や目的が込められているのでしょうか?
「神が死ぬ技」とは?
この技の名前から考えると、それは神を倒すための技である可能性が高いです。
その威力からして、単なる通常の技ではなく、特別な場面で使用されることを示唆しています。
また、高貴な人が崩御するという意味から、天竜人など高貴な存在に対して使用される特別な技である可能性も考えられます。

奴隷制度の重要性 – 革命軍の立場とフラグ

奴隷制度はワンピースの世界において重要なキーワードの一つです。
天竜人が支配する支配の象徴とも言える奴隷制度について、その重要性と関連性を考えてみましょう。

奴隷制度の重要性
奴隷制度は天竜人の支配の象徴であり、その大事な動力源と言えます。
奴隷として生きる者は、早朝に天竜人による烙印を押され、その支配下に置かれます。
これは天竜人が支配階級であることを象徴しています。

立場とフラグ
革命軍に所属するサボやコアラは、奴隷制度に対する立場を共有しています。
また、サボがコアラに帽子をかぶせるシーンや、2人の距離感の近さから、彼らのカップル成立のフラグが立っていると言えます。
さらに、覇王色の能力は血統に関連しており、天竜人の血を引く者であるドフラミンゴやシャンクスも覇王色を持つことが示唆されています。

奴隷制度と立場、そしてフラグの存在は、物語の展開において重要な要素となりそうです。
天竜人の支配を打破し、平和な世界を築くために、革命軍とその仲間たちは奴隷制度に立ち向かう決意を持っています。

“ コメントにいた20人の反逆者 あり得ないけどいいなぁ
聡明で反逆してきたし、身体的に強すぎたから洗脳教育でヨイショしまくってダメ人間にさせているとかあってもおかしくない
天竜人ってそれくらいの意味ないとなんでダメ人間で野放しにしているのか理解できない部分もある

自由とジョイボーイの謎 – 世界政府の打倒

現在のワンピースの世界は、世界政府によって天竜人が奴隷を持つことが許され、自由が大きく制約されています。
しかし、この状況を打破し、自由な世界を築くためにはどのような条件が必要でしょうか?
世界のひっくり返し
世界がひっくり返るというのは、何愚かが歴史を背負い、世界政府を倒し、世界政府や天竜人による支配を終わらせることを指します。
つまり、新たな秩序を築くための大きな転換期と言えるでしょう。

自由な世界の条件
自由な世界を築くためには、大きく3つの条件が存在します。
まず、世界政府を倒す必要があります。
現在のワンピースの世界では、世界政府と天竜人による支配が続いており、自由が大きく阻害されています。
そのため、世界政府を打倒することが不可欠です。

“ 仮にもしモンキー家がジョイボーイの子孫であるのなら、なぜ天竜人や世界政府などの人達がガープや、その祖先たちを消さなかったか、という事が疑問になってきますね。

ジョイボーイの謎 – dの一族の可能性

ジョイボーイは自由を愛し、天竜人の天敵とされています。
この2つの根拠から、ジョイボーイはdの一族の先祖である可能性が高いと考えられます。
つまり、dの一族が持つ思想はジョイボーイノー思想が受け継がれたものであると考えられます。

奴隷制度との関連性
また、世界政府を倒すことにより、結果的に天竜人の特権も失われる可能性があります。
これは差別をなくすきっかけにもなります。
しかし、ロックスはジョイボーイにはなれなかったことから、ジョイボーイの末裔は天竜人の徹底的な敵とされるでしょう。

自由な世界の実現は、ジョイボーイとdの一族の思想が大きな鍵となりそうです。
それによって、世界政府と天竜人による支配を終わらせ、新たな自由な秩序を築く可能性が広がっています。

“顔の出てこなかったゴア王国の元国王や逃げ出したフレバンスの王とかが天竜人になっている可能性もあるかもしれんってことか…

革命軍対神の騎士団 – ドラゴンの予測通り

ルッチや核はエグメト事件で無限の一味に一時寝返りをしているため、CP0も革命軍に向ける戦力を持ち合わせていないと予測されます。
そのため、現実的にも天竜人たちの一刻も早い解放のためにも観客致死団がドラゴンの予測通り動き出すしかない状況と言えるでしょう。
高い確率で革命軍対神の騎士団の戦闘が描かれることを考察できます。

現実の環境省との比較
現実の環境省には自然環境保全の中に野生動植物保護という仕事がありますが、ワンピースの世界でも様々な生物が存在します。
その中でも海王類は物語と密接な関係があり、環境大臣と同じような役割を果たすと思われます。
また、トップワンウォーキー戦が担当する法務本部新は、法務省と同様の役割を持つ組織と考えられます。
法務省は国の法律を定め、処罰を行い、社会復帰の援助をする役割を果たしています。

街道の怒り – 自由への願望

79巻の700九州コアの回路の発言や、99巻のビッグ6との会話の中での発言から、街道は自由な世界を実現しようとする強い意志を持っています。
彼は幼少期に国から金を奪われ、天竜人に売り渡された経験から、この世界に対する疑問と怒りを抱いています。
彼の言葉は、自由な世界を築くために突き進む姿勢を示しており、彼の存在は物語に大きな影響を与えそうです。

天竜人との対立 – 派閥と食べられる存在

天竜人を倒したいと思う人々と、天竜人たちとの関係を改善したいと考える派閥が既に存在することがあります。
25巻の表紙に描かれた槍が紙を食べていたことから、新大久保4人は神エヴァンピースの世界において、天竜人を食べる存在と考えられます。
これは、中身の身ではなく神の天竜人を食べているというイメージを示しています。
また、現在の物語においては、イム様が重要な役割を果たしており、古代ペルシアの世界を支配した王様との類似性が指摘されています。
この王様は800年以上にわたり、世界政府と天竜人とを結びつける役割を果たしていました。

“ 床砕けるくらい強くぶつけておいて
ノーダメージのステリー強い
もはやジェネリック天竜人だろコイツ

神の騎士団 – フィアーの条件

神の騎士団は、独立した組織であり、特権を持つ国内で自由に移動できるという特典を持ち、天竜人のいざこざに介入できる存在と言えます。
この騎士団は世襲制を採用せず、優秀であれば出自にとらわれず誰でも受け入れる方針をとっており、多くの若者から憧れられています。
しかし、入団試験条件は非常に厳格であり、危険が伴うため、入団は容易ではありません。
また、物語中にはドラゴンや竜などが登場し、ドラゴンと竜の違いも明確に描かれています。
これらの要素が物語の展開に影響を与えていると考えられます。

“ 表向き 五老星(天竜人最高位) 神の騎士団(聖地マリージョアの司法、検察)

裏向き イム様(神) 五老星(イム様の操り人形) 神の騎士団(イム様の騎士団)

“ 天竜人がかぶってるシャボンデーのコーティングは、毒殺が流行った過去があるのかも

五老星も毒には凄く敏感に成ってるし