モンキー・D・ゴーリュウの遺志と未来の海

家のかそれは朝僕は現在殺人事件を起こし、海軍につかまていると思われるサボ。

“ エースが新世界の海賊の中でも強すぎて殴られなかったという可能性もある気がする。メラメラの実はロギアだから、サボがバージェスの攻撃を避けた時みたいに実態を無くして避けるということも可能だし。

エース、サボ、そしてルフィ – 海賊の義兄弟

エース、サボ

、そしてルフィ。
この3人は強い絆で結ばれた義兄弟の物語です。
段位から元に預けられると、ここでaリストでやしかしsには冷たくあしらわれてしまいますが、それでもでには諦めず、ついにはエースとサボの隠れ家まで到達します。
一人になるのはいたり辛い泥棒ポルシェ6にさらわれた事件を通して、実はルフィも両親を知らずに育ったことや、自分を頼りにしてくれることを理解し、エースとルギーは一度て行く合成茶房含め海賊になる夢を掲げ、3人で義兄弟の契りを結びました。
しかし、ロゴサヴォワ企画の父outlookす汗によって無理矢理に連れ戻されると、持続に絶望者となるサボがいます。

“ 確かにエースは父に海賊王 ルフィは父に革命軍リーダー じいちゃんに海軍の英雄ってきてて
サボの身内だけモブってのも考えにくいよな。
なんだろ、サボも好きだけど、血は繋がらなくてもサボとルフィの方が目が似てるんだけど、サボがルフィの話する時の目が怖く見えるの、分かる人いませんか?笑

“ 割と後から登場したローやサボがすごい人気だけど、
なんだかんだゾロこそがルフィの一番の相棒だよな
サボはエースと同じくらい大切。
子供の頃、ルフィ、エースと過ごし兄弟になった事は嬉しくもあり切なく感じる。
死なないで欲しい。

ドラゴンとサボの絆

山コフが学名軍の巣であることから、なぜ山コフがこの場所に思い入れがあるのか、その背後にはドラゴンとの特別な関係が垣間見えます。
高確率でドラゴンが能力を使ったことが分かります。
そして、感動的な瞬間はサボの救出シーンです。
天竜人が乗船した船を横切って失明したサボを、ドラゴンが助ける場面が描かれています。
しかし、サボが沈められた場所はドラゴンの作った場所ではありませんでした。
サボは生きていて嬉しく、そしてルフィとの感動的な再会を果たし、海軍やバージェスを倒す場面も感動的でした。
サボはドレスロードに来る前にエースの墓を訪れ、麦わらの一味の復活とルフィの生存を知らせるために新聞と杯をつ置いていました。
サボの心情と行動には深い意味が込められています。

“ ルフィにとってのお兄ちゃんは間違いなくエースとサボだけど、船上ではやっぱりゾロがいっちゃんルフィのお兄ちゃんや!
マリンフォードのオマージュがニューマリンフォードならば、サボもエースと同じように死ぬのかエースの死が非難あったからサボは助かるのかどっちなのか…

“ 自分の予想だけど多分
ルフィvsイム様
サボvs赤犬(サカズキ)
ゾロvs藤虎(イッショウ)
サンジvs黄猿(ボルサリーノ)
ウソップ(もしくは麦わらの一味の10人目の仲間)vs緑牛(アラマキ)
だと思う

“ 顔的にはルフィがロジャーで、エースがドラゴンの子供っぽいよね。
ガープとドラゴンで何か隠してそう
仲良いシーンも良いけどウォーターセブン編とパンクハザード編でゾロがルフィに船長としてあり方を叱咤するシーンも熱いんよなー

ヨハネの黙示録とヨハネの運命

人の騎士と支配の悪魔から連想されるワードがあります。
それが「ヨハネの黙示録」の騎士です。
ヨハネの黙示録は新約聖書の一番最後の書で、紀元68年頃に記されました。
著者のヨハネはイエスキリストの12使徒の一人でしたが、当時のローマ帝国の迫害から逃れるためにエーゲ海のバトンストーンに流されました。
この背景から、ヨハネの黙示録は特別な意味を持ち、騎士と支配の悪魔の関連性が考察されています。

“ 初期キリスト教において、パウロの存在は、初代ローマ教皇とされたピサロより大きいでしょう。
ピサロたち12使徒と違い、商人出身の彼は学があり。文字も使えた。
キリスト教を新約聖書として記述したのは、複数の人間によりますが
一番最初に書いたのはパウロで間違いないとされていますしね

“ マッチョの絵のふくしま政美画、梶原一騎原作「格闘士ローマの星」というマンガで、皇帝ネロの時代のコロッセオで活躍する、格闘士アリオンがキリスト教徒に接し、イエスの教えを聞かされたのがペテロ。やがてネロによる虐殺が始まるが、そこで処刑されたかどうかまでは描かれなかった。

“ 考えてみたらイエスキリストさんを中心にビフォアキリストと、アンノドミニ?主の年に、って。そんなバカな!という区切りがもう二千年以上続いているという驚き!まさか紀元後の夏にお生まれだなんて、凄い豆知識をありがとうございます!!

ヨハネの黙示録の神秘

ヨハネの黙示録の著者であるヨハネは、当時のローマ帝国の迫害から逃れるためエーゲ海のバトンストーンに流されました。
しかし、バトンストーンで彼は神の啓示を受け、未来の出来事を見ることができました。
この未来の出来事がヨハネの黙示録に記されている内容です。

ヨハネの黙示録には、天に神が存在し、その周りを24人の長老と4種類の生物が囲んでいました。
巻物に7つの封印があり、イエスキリストがそれらの封印を解く出来事が描かれています。

“ サタン=天使だもの

新約聖書の中で1番大好きなのがヨハネの黙示録です。

小学生の頃に良く読んだのも黙示録
超教派などよりもっとゆるい立場から見て、イエスを預言者と見なさないことはユダヤ教徒よりもキリスト教徒にとって致命的だったのではないかなと。

“ 次は共同訳のエズラ記ラテン語を
やって欲しいですね
ヨハネの黙示録より恐ろしい内容
らしいですよ🕎✡️🛐🥶
イエスキリストは 神でなければ人の罪は贖えない 人でなければ一度死ぬことができないということから 神であり人であるというのが 聖書を字義通り解釈した定説です

“ ヨハネの黙示録を最近読みましたが、どうも「ぼくが考えた最高の天罰」感が否めずに、途中から胸焼けしてきました…ヨハネの教義ってかなり独特な感じだし、厨二病といえばヨハネになってしまいました😓

ヨハネの黙示録の4人の騎士

ヨハネの黙示録に登場する4人の騎士は、重要な役割を果たします。
第一の騎士は支配を担当し、第二の騎士は赤い馬に乗り、大きな剣を持っています。
第三の騎士は黒い馬に乗り、食料を制限するための天秤を持っています。
そして第四の騎士は地上に祈願をもたらす使命を持っています。
ヨハネの黙示録に登場するこれらの騎士たちは、人類の未来に大きな影響を与える役割を果たすことが予言されています。

チェーンソーマンとヨハネの黙示録の関連性

チェーンソーマンとヨハネの黙示録には、興味深い関連性が存在します。
4騎士が登場する週末をもたらす4騎士とは、ヨハネの黙示録の影響を受けた可能性が高いと言われています。
第1部のラスボスであるマキマは支配の悪魔であり、第2部では戦争の悪魔として登場し、地上の人間を殺す権威を持っています。
これはヨハネの黙示録の4騎士との類似性を示唆しています。

また、マグマが最終決戦でデンジに行った「4機種」という言葉は、ヨハネの黙示録の4騎士がモデルである可能性が高いと考えられています。
ヨハネの黙示録に登場する4騎士は、チェーンソーマンの物語において重要な要素であると言えるでしょう。

“ 聖☆おにいさんでヨハネ先生の想像力が強調されてたから気になっていたヨハネの黙示録!わかりやすく面白く話してくださりありがとうございました😆思った以上にヤバかった!サムさんの無駄のないわかりやすい語りと聞き手のマサキさんのあいの手、編集も絶妙でとても興味深い動画でした~😊ありがとうございました〜☺️

“ バプテスマのヨハネのユダヤ人に対する激しい罵倒はキリスト教徒による創作だったりするのかな。テイレシアースへの面罵のようなアイロニー。

“ ヨハネの黙示録、聖書読まなくても分かった気分です^^  サムさん相変わらずの集約力、伝達力ですね!毎回勉強させてもらってます。

チェーンソーマンの五老星とユダヤ教・キリスト教の悪魔

五老星とユダヤ教・キリスト教の悪魔との対応を考えてみましょう。
ナス次郎製の悪魔は、マキマを抱えて逃げるサボに関連しており、ヨハネの黙示録に登場する4騎士の並び順と一致する可能性が高いです。

次に、ウォーキュリー性について考えます。
アドデルは旧約聖書レビ記16章に登場する堕天使であり、チェーンソーマンの物語と関連性を持っている可能性があります。
アドデルは環境に大きな影響を与える悪魔とされ、環境部品である五老星との対応が一致します。

これらの対応関係は、チェーンソーマンの物語に深い宗教的要素が組み込まれていることを示しており、物語の奥深さを浮き彫りにしています。

“ ユダヤ教でユダヤ人のみが救われると説いているのはユダヤ人はアブラハムの正統な子孫(アブラハムの正妻の子であるイサクの子孫)という血の繋がりが故だからね。

バックの強さとその理由

バックはチェーンソーマンの物語において非常に強力な存在です。
その強さとその理由について考察してみましょう。

パワーとスピード:
バックはパワーガーター武装色の覇気を駆使し、野菜ジュースや大砲を直接投げつける攻撃を行います。
32号よりも大きな鉄塊を投げつけるなど、現在でも作中最高レベルのパワーを持っています。
そのため、全盛期のパワーガープに匹敵する存在と言えるでしょう。
また、彼のスピードも驚異的であり、小径内に向かったルフィにも迅速に襲いかかりました。

知識と戦略:
バックは知識と戦略も優れています。
回復本部の中核を担当し、海軍の英雄としても賞賛されています。
彼はロックスなどの大海賊と戦い、多くの戦功を挙げました。
その知識と戦略力は、彼を第1位に押し上げる要因の一つです。

多彩な能力:
バックはさまざまな能力を持っており、6色を使うことができると考えられています。
これにより、さまざまな状況に対応することができ、バトルにおいて大きなアドバンテージを持っています。

これらの理由から、バックはチェーンソーマンの物語において最も強力な存在とされ、第1位にランクインしているのです。

呪術子と五老星について

考察してみましょう。
呪術子たちは木々を取り囲むパッケ亡者のタウンに近づいており、その存在が物語にどのような影響を与えるのかが興味深いです。

また、呪術子たちの能力についても触れられています。
彼らは環境に大きな影響を与え、戦争などの場面で強力な力を発揮することができるようです。
特にリンベルダーの能力は非常に強力で、地権者大の力をアップさせることができるという点で注目されています。

これらの要素が物語にどのような展開をもたらすのか、今後の展開が楽しみです。

バックとガープの宿敵、死んじゃう

バックは発泡水軍の第10位大統領で、ガープの宿敵の一人です。
また、彼はロジャーや白ひげと同時期に活躍しました。
その強大な実力について考察してみましょう。

覇王色の覇気とチンジャオ:
チンジャオは覇王色の覇気を扱うことができる存在であり、その前席はかなりの実力を持っていました。
ガープとの戦いで覇王色の覇気を使うなど、彼の強さは非常に高いと言えるでしょう。

モーガンとヘルメポン:
バックの船にモーガンが身柄を渡されるエピソードも注目されています。
そして、後ろにはヘルメポンもいます。
彼らはバックの関係性に影響を与え、物語に悲しい要素を持ち込んでいます。

ロジャーの最期と伝説の大海賊

ロジャーは海賊団を解散し、白ひげと共に酒を楽しむ生活を送りました。
しかし、余命わずかとなった時、彼は海軍に自分の子供であるコートガスにエースを託けます。
そして、24年前にはイーストブルーロングタウンで公開処刑が行われ、伝説の大海賊ゴールドジャーによって大海賊時代が幕を開けました。

最後に、赤髪のシャンクスがゴッドバレ事件でロジャーとどのように関わったかについても触れられています。

関連 投稿