【ワンピース】ニュース 麦わらの一味の未来予想と世界政府の秘密解明!

わね、いずれにせよ、ドラゴンの過去が描かれるのは今後の大きな楽しみポイントですよね。

ルフィとクマの再会と火の戦士の希望    

高さんKさん、こんにちは。
Kです。
今日はルフィとクマについてお話ししましょう。
私は将来、ルフィとクマが再び出会うことがあると思います。
なぜなら、ルフィは火の戦士としてクマを救ってほしいと思っているからです。
この願いは本当に強いものであり、私たちはそれを期待しています。

ルフィの物語の予想と伏線の回収    

ね、ルフィの物語は最初はコンパクトでしたが、作者が渋を入れたことで物語は伸びました。
これは、作者が自分が描きたいことを妥協せずに描く性質を持っていたからです。
そのため、物語は予想以上に伸びたと思います。
そして、すべての伏線を回収しないで終わる可能性も考えられます。
しかし、終わった後もファンはこの物語を楽しむでしょう。

ロビンの夢と歴史の真実    

些細なヒントも大事なきっかけとなりますので、お気軽にコメント欄にご意見ください。
今、私たちはロビンの夢について話しましょう。
彼女は歴史の真実を知りたいという夢を抱いています。
そして、ルフィたちとの壮大な冒険を通じて、彼女はその夢を叶えるでしょう。
ロビンは空白の100年に関する重要な答えを示すかもしれません。
これがワンピースの真実を知る鍵かもしれません。
ネタバレには注意が必要ですが、ロビンの夢の結末はワンピースの真実を知りたいという彼女の願いと関連しています。

アーロン編の重要性と物語の展望    

でしょうか、次に進みましょう。
この考察の超重要部分は、物語の最終段階である「ベースとなる前半の海の物語」に焦点を当てます。
ピースピース最終巨大な戦い編のベースは、ズバリ「イーストブルーのアーロン編」です。
なぜなら、このアーロン編が物語の最終局面を予想する上で非常に重要だからです。

アーロン編には、ワンピースという物語の根幹を形成する要素が散りばめられています。
例えば、1対1の戦闘が初めて描かれ、ルフィVSアーロン、ゾロVSはちゃん、サジVSクロビウソップ、中敵も味方もそれぞれのキャラクター性が際立つ瞬間がありました。
これらの描写が物語の象徴である麦帽子を決戦前に誰かに預ける場面と結びついています。

“ この先ゾロが10億レベルまで強くなることを察してしっかりと強敵と認識するアーロンさんかっこよすぎ!!!!
アーロンも本物たちとずっといたからゾロの傷を見た瞬間に本物に付けられた傷と分かり素直に心底ゾロの気の強さに驚嘆するのはやはりアーロンも本物の強さを持った男だったと改めて分かるシーン

“ 「だからあれ程足元には気を付けろって言っただろ?」って言いながら海に落ちたルフィを助けてくれそうなアーロン
このシーンの何がいいかって、グランドラインでも戦えるアーロンがゾロの傷を見てビビってるからしっかりとゾロの強さが分かるのよ

“ まだ1話しか見てないけど、ルフィvsアーロンは個人的に大好きなバトルだからこの辺りの話を実写で見れるのマジで楽しみ
これ元スレ及び続きのスレをぜひ読んでほしい
ifCP注意だけど良い書き込みが多く、特にこの世界線のアーロンについてルフィに聞くジンベエのインペルダウンSSは必見です

大宴会と懸賞金の始まり    

大宴会は今ではお馴染みの要素となりましたが、このアーロン編で初めて地元の住人を巻き込んだ大宴会が描かれました。
また、金ルフィに初めての懸賞金がかかり、当時は3000万ベリーという金額でしたが、東1番の悪として扱われました。
アーロン編は重要な出来事が多く起こる章であり、物語の展開に大きな影響を与えています。

“ アーロン「おい麦わら!もしてめぇらがナミを泣かしたら、俺がお前の首を獲ってやるからな!!分かったな!!!!」
いや~
トレジャーバトルでアーロン使いまくってたな~🤣
キリバチ!!大回転!!!
シャークオンダーツ!!!

ミホークが強すぎた😭

“ 奴隷商人に村人人質に取られて奴隷にされて辞めた海賊を無理やりさせられるアーロンとアーロンを買うために泥棒するナミが見たい。
ベルメールさんが別の事件で死んでしまい、ナミとノジコを引き取り無愛想ながらにも育てていき、ルフィと旅立つ時に「勝手に行きゃいい、ばか娘が」とか言うアーロン

“ ジンベエが仲間になったのを聞いた時にアーロンも魚人海賊団を率いて、麦わらの傘下について、一緒についてきそう。
あの数秒だけでもアーロンの憎たらしさが伝わってくる
そしてそんなアーロンをルフィがぶっ飛ばすシーンはいつ見てもスカッとする

ルフィの左目の謎と織田先生のネタバレ    

と考えればやはり物語完結後のルフィの姿と非常に合致します。
そして、最も重要なのはルフィの左目が見えていないことです。
ワンピース考察好きな方なら、織田先生の数少ないネタバレコメントを知っているでしょう。
物語の終盤で1度だけ登場する眼帯をした海賊が、この扉にルフィの左目を隠していることには明確な意図があるように感じます。

アーロン編の戦闘と展開    

まずはアーロン編をざっと思い出しましょう。
ルフィがアーロンとの壮絶な戦いを繰り広げたこの章では、多くのエピソードが展開しました。
最初に描かれたのは、海牛モムを使った「ゴムゴムの風車」技で下っぱたちを吹き飛ばすシーンでした。
しかし、ルフィはプールの底に沈められ、仲間たちが敵幹部と1対1で激しい戦闘を繰り広げました。

麦の一味は勢いに乗ってアーロンに挑みますが、圧倒的な力に返り討ちに遭います。
しかし、ゾロだけはアーロンに脅威を与え、ルフィがプールから脱出するきっかけを作りました。
ルフィVSアーロンのタマバトルが始まり、物語は緊迫感溢れる展開に突入します。

ルフィたちの新たな冒険と夢の結末    

はい、すぐに目につくのはこの2つの違和感です。
そして、次に注目したいのはロゴの下に書かれた文章です。
「プランニングニューアドベンチャー 新たな冒険の計画中」という文言があります。
ここで結論をお伝えします。
ズバリ、この37話の扉には麦の一味のそれぞれの夢の結末を表したイラストであると考えます。
プランニングニューアドベンチャーは、ワンピースという壮大な物語を終えたルフィたちがそれぞれ目指した夢の結末を迎え、さらにその先の新たな冒険を計画しているという意味が込められています。
ただし、初めに言っておきますが、これは全てのキャラクターの結末が完璧に分かったわけではありません。

ゴア王国と壁の中の社会    

高い壁を作り、ゴア王国内部を明確に分離することで、王族や貴族が住むエリアと他の人々が住むエリアが形成されました。
壁の内側は非常に綺麗で、ゴミなどは存在しません。
人々は贅沢な生活を楽しんでおり、隔離社会が完全に形成されました。
しかし、ゴア王国の王は壁の内側のことだけを考え、壁の外のことは気にかけませんでした。
さらにひどいことに、天リビの視察がある際には、壁の内側だけを案内せず、わざわざ壁の外のグレイターミナルを燃やして、見栄を張ろうとしました。
そして、それが天竜人から称賛されたのです。
この事実は、ゴア王国内の社会的格差と天竜人の傲慢さを浮き彫りにします。

“ 五老星VS4皇、海軍VS革命軍、麦わら海賊団
 天竜人VS下々民・海軍寝返り軍団

と個人的には予想する。
 マッチングは色々あると思うけど。

麦大仙団と伏線の回収    

この描写をスケールアップさせると、古文逆月麦大仙団の存在が浮かび上がります。
つまり、玉砕覚悟で立ち上がった一般市民や国家の暴走を麦大仙団が止めることになる可能性が考えられます。
与作とジョニーがかつて単独でアーロンたちに挑んだように、麦大仙団も誰かを救うために世界政府に単独で立ち向かう姿が描かれる可能性もあるでしょう。
考察会では有名な麦大仙団がいつか巻き起こす歴史に名を刻む1大事件という伏線が、この辺りで回収されるのではないでしょうか。

ロックス一族の謎    

これは結構不思議ですね。
ルフィが「モンキー・D・ルフィ」であるのは、モンキー海賊団の黒ひげが「マーシャル・D・ティーチ」と呼ばれていることと同じです。
単純に呼びやすいからではないかと思うかもしれませんが、ワンピースという作品で、特に最重要な要素であるロックスに関連していることを考えると、何かしらの伏線があるのではないかと感じます。
苗字を全面に押し出す理由を考えると、現実世界の2つの一族が思い浮かびます。
ロックフェラー家とロスチャイルド家は、都市伝説や経済界でよく知られた一族です。
これらの一族の名前は、ワンピースの対立の歴史を物語る要素と結びついている可能性があるのです。

“デルバンコが銀行の語源って言われてますよね。ロスチャイルドやロックフェラーですら名前を出しちゃダメな気がするんですけどこのチャンネル攻めてますね
聞いたことがあります、シェルバーンは知りませんでしたが

ロスチャイルド(ユダヤ人)を使い貸金業をさせてた貸元はスイスの貴族だったと

“オープニングから笑った🤣
ロックフェラー家とロスチャイルド家。
世界を牛耳る二大富豪一族。
そもそも、12貴族はロスチャイルド家とロックフェラー家を含めて「12家」なんだけど .
内容が完全に間違ってますよー

“ ロスチャイルド家、ロックフェラー家よりも上の存在がいるなんて衝撃です怖い😱ですシェルバーン一族新しい組織待ってました👏一族がたくさんいて謎が深まります気になる👀組織動画個人的好きです✨

関連 投稿