Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ画バレ最新話考察あらすじ感想!

投稿日:2019年3月10日 更新日:

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

 

週刊少年ジャンプの人気漫画『ぼくたちは勉強ができない』最新話102話のネタバレと感想考察、展開予想です。

 

テレビ番組がきっかけで、桐須先生は一躍時の人となりました。

そんな中、フィギュアのオファーが来ます。

 

桐須先生は、このオファーを受けるのでしょうか!?

そして成幸がある行動に…?

 

前回の話はこちら!

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102ネタバレ:前回101話感想考察

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

 

今まであまり語られてこなかった、桐須先生の過去が明らかになりましたね。

今の凛とした姿とは正反対の、にこやかで優しい先生の姿に驚きます。

 

そして教師という道を選んだ理由も出てきました。

それは、もう一度青春をやり直したい、というものでした。

その頃の先生の気持ちを考えると、とても切なくなります。

 

友達が楽しく学校生活を送っているのに、自分は参加することができない。

それはとても辛いものだったでしょう。

大切なフィギュアという道を捨ててまで、青春を味わいたくなったのですね。

 

そして教師になり、今の氷の女王が誕生するきっかけも明らかになります。

それは全て生徒のためを思ってでした。

どこまでも優しく、不器用な人なんだと思います。

 

だからこそ、自分のために、自分が幸せになれるように生きてほしいと思います。

成幸が何か思いついたみたいなので、それがうまくいくといいですね!

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102話ネタバレ

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

 

それでは、『ぼくたちは勉強ができない』最新話102話

「黄昏に氷の華は[X]と舞う③」のネタバレが下記となります!

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102話ネタバレ:スケートリンク

桐須先生は2日も仮病で休んでしまうなんて、と落ち込んでいました。

そこへ成幸が訪ねてきます。

遠出するから着替えてほしい、と成幸は言いました。

 

成幸が桐須先生を連れて来たのは、スケート場でした。

桐須先生はスケートの衣装に着替えています。

 

この貸切のスケートリンクや衣装は、美春が用意したものでした。

成幸が協力をお願いすると、ノリノリで提供してくれたのです。

 

一体どういう意図なのかと桐須先生が問いかけた瞬間、成幸の叫び声が聞こえて来ました。

スケート靴を履きリンクへ一歩踏み出した成幸は、そのまま後ろに転んでしまったのです。

 

せっかくだから個人レッスンを、と成幸は言いました。

そんな暇あったら勉強するようにと桐須先生はため息をつきます。

 

しかしそれは建前で、悩んでいる先生に、思いきり体を動かしてみてほしいと成幸は思ったのでした。

それはうるかのアドバイスから思いついたものでした。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102話ネタバレ:懐かしいもの

桐須先生は、大きく息を吸い込みます。

懐かしいにおいに、鼓動が早くなります。

そして同時に、かつて親に反対された時のことが蘇りました。

 

桐須先生は、その場にしゃがみ込んでしまいました。

自分には出来ない、と顔を伏せます。

 

その姿を見た成幸は、フィギュアといえば、と慌てて音楽をかけます。

成幸のスマホからピアノの旋律が聞こえて来ました。

 

自分はリンクへ足を踏み入れる資格がないのだ、と桐須先生は言います。

みんなの期待を捨て、その挙句何もできなかった。

選手としても、教師としても自分は中途半端なんだと桐須先生は膝を抱えました。

 

しかし、そうではないようですよ、と成幸は言います。

その言い方に桐須先生は引っ掛かりを感じました。

それと同時に、ずっと流れ続けていたピアノ曲が、懐かしいものであると気づきます。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102話ネタバレ:氷の華

成幸のスマホ画面に映っていたのは、かつての教え子でした。

 

彼女は音大には失敗したものの、今はインディーズバンドでピアノを任されているそうです。

毎日楽しい、それは先生のお陰だと彼女は言いました。

自慢の先生なんだから、もっと胸を張ってやりたいことをやるように、と画面の向こうの教え子が微笑みます。

 

成幸は彼女を探すため、色んな人に掛け合ったそうです。

いい生徒に愛されてるねと言われ、慌てた成幸はまた体勢を崩してしまいました。

 

しかし、桐須先生が成幸を受け止めます。

成幸の手を握り、個人レッスンをするのでしょう、と言いました。

その姿の美しさは、まるで氷上に満開の花が咲いたようだと成幸は思いました。

 

そんな中、桐須先生は成幸に尋ねます。

自分に教師を続けてほしいのか、それともフィギュアに戻したいのか。

成幸の答えは、どちらにしても、先生が幸せな道を選んでほしいというものでした。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102話ネタバレ:復帰

後日、桐須先生は教師として復帰します。

相変わらずの氷の女王っぷりでしたが、変化もありました。

 

成幸を見つめた桐須先生は、今まで見たことないような、とても優しい微笑みを浮かべます。

成幸は思わず赤くなってしまいました。

 

その後、桐須先生は屋上でこっそり美春に報告をします。

フィギュアに戻らないのは残念だが、声が明るくなって嬉しい、と美春は言いました。

 

美春との電話を終えた桐須先生は、別のところへ電話をかけます。

その相手とは、母親でした。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102ネタバレ展開予想

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

 

ここからは、『ぼくたちは勉強ができない』最新話102話、103話以降で起こりうる展開を予想をしたものを載せています。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102ネタバレ展開予想:氷の華

うるかの悩んでいるときは体を動かすといいという助言から、成幸は何か閃きました。

そしてその為には、桐須先生の妹、美春の協力が必要と言います。

 

美春の協力が必要ということは、それはフィギュア関連だと思います。

もう一度桐須先生にフィギュアをしてもらうのでしょうか。

 

そしてそれはオファーとは関係なく、観客もいないスケートリンクで行うのでは、と思います。

そのことにより、かつての気持ちを思い出し、自分の本心と向き合うことができるのではないのでしょうか。

 

そして最終的には、教師を続けることになると思います。

しかしそれも今までとは少し違い、たまに微笑むくらいの変化は出てほしいと期待しています。

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新刊が今すぐ無料で読める方法

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

ここまで『ぼくたちは勉強ができない』最新話についていろいろ書いてきましたが、やはり絵付きの方が面白いですよね!

ただ、漫画村やzipなどの違法アップロードで読んでいる方は危険性も多いので、今から紹介する方法に変えましょう!

最近は、若者の間で大流行している電子書籍+動画配信サービス【U-NEXT】が一番オススメです!

漫画の品揃えが160,000作品と非常に充実しているだけではなく、アニメの見放題も2,000作品ととても多いことでも話題のサービスです。

 

そして今回、U-NEXTをオススメする理由は!!!

31日間無料トライアルキャンペーンという非常にお得なキャンペーンを展開中!

且つ登録直後にもらえる600ポイントですぐに最新刊を1冊無料で読めるからです!

 

私も実際に無料トライアル期間ということで登録し、体験してみました!

そして31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした!

 

↓↓【U-NEXT】を今すぐチェック!↓↓

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

読める漫画の種類も豊富ですし、見放題の動画もあるU-NEXTのサービスは非常に充実しています。

『ぼくたちは勉強ができない』最新刊が読みたい方は、この31日間無料トライアルキャンペーンを絶対逃さないようにしてくださいね!

今回の内容は2019年3月時点のものになるので、最新配信状況はU-NEXT公式HPにて確認してみてください。

ただ、31日間無料トライアルキャンペーンがいつ終わるかというのは分からないので、この機会に是非利用してみましょう!

 

スポンサードリンク

ぼくたちは勉強ができない最新話102ネタバレまとめ

ぼくたちは勉強ができない102ネタバレ最新話

 

桐須先生が教師を選んだのは、青春をやり直したいからでした。

 

しかし実際教師をやってみると、自分は憧れていた先生のようにはなれないと知ります。

自分に出来ることは生徒の才能に寄り添う事であると、氷の女王と呼ばれる道を選びました。

 

一方成幸は、桐須先生の為にと、美春に何かをお願いします。

この内容が奇跡を起こしましたね!

 

次回の『ぼくたちは勉強ができない』第103話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-ぼくたちは勉強ができない
-, , ,

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.