Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサードリンク

ブラッククローバー

【ブラッククローバー】最新話181ネタバレ予想!フィンラルが勝つか

投稿日:2018年11月11日 更新日:

 

 

ブラッククローバー180話ではついにフィンラルとランギルスの戦いが幕を開けました。

ランギルスの魔法は、自動で盾となる魔法を繰り出すので攻撃派のジャック・ヤミでもなかなかてこずっていましたね。

フィンラルも「堕天使のはばたき」で対抗しますが、ランギルスの魔力量が大きすぎて半分しか相殺できていませんでした。

この圧倒的な力を持つランギルスに、3人はどうやって挑むのか?

ブラッククローバー181話のネタバレ、あらすじ、考察をたっぷりお伝えします。

 

スポンサードリンク

ブラッククローバー180話のあらすじ

ブラッククローバー181話の内容に入る前に、前回の180話のあらすじを紹介していきます。

181話のことを知りたい!という方は、ブラッククローバー181話ネタバレへ。

 

 

フィンラルの空間魔法でランギルスに攻撃するヤミとジャック。

しかし、ランギルスの空間魔法はさらに格上で、二人の攻撃を相殺します。

さらに、ランギルスの空間魔法は自動防御で常に発動する盾となっていて、かなり高いレベルのもの。太刀打ちするのが非常に難しい状況です。

 

フィンラルは、父親とフィーネスに「ここはオレ達に任せて行ってくれ」と伝えます。

父親は、黒の暴牛の運び屋のオマエがランギルスに敵うわけがないと言いますが、フィンラルはそれを遮ります。

「黒の暴牛の運び屋も金色の夜明けの副団長も関係ない 今オレが戦うのはアイツの兄だから」と決心した顔で伝えるフィンラル。

 

ここでヤミが間に入り、ささっとフィンラルの両親を空間魔法に放り込みます。

フィーネスは残るフィンラルに対して、生きて戻ってくるようにと伝え、離れます。

 

そんなやり取りを見ていた国王は「余をまず逃がさんかあぁーー!!」と叫びます。

国王の前にフィンラルが空間魔法を出して逃がそうとしますが、ランギルスが相殺してしまいます。

「待てよ オマエはオレがバラバラに削り飛ばしてやる」と冷酷に見つめるランギルス。

 

そんなランギルスを見て、久しぶりに裂き甲斐があると喜ぶジャックは「裂断魔法 デスサイズ・狂い裂き」を発動!

しかしこれもランギルスの空間魔法によってえぐられてしまいますが、おかげで国王の背後の壁が壊され、そのまま国王は落ちていったのでひとまず脱出には成功しました。

 

そして、ランギルスVSフィンラル・ヤミ・ジャックが始まります!

 

「身の程を知れ」とランギルスは自動で空間魔法の防御をはりながらも、「空間魔法 大天使の撃墜」という超大量の攻撃魔法を繰り出し、攻撃を開始します。

フィンラルが「空間魔法 堕天使のはばたき」で同じく大量の空間魔法を出して相殺しようとしますが、ランギルスの方が圧倒的に魔力の総量が高く、半分も防げません。

「残りどうにか避けてください!」とヤミとジャックに伝えます。

 

ヤミは「闇魔法 黒穴」で対抗し、ジャックは「強化魔法 脚力上昇」で逃げ切ります。

そしてヤミが「闇魔法 闇纏い・無明斬り」でランギルスに反撃しようとしますが、ランギルスが空間魔法でさらに反撃を試み、それをフィンラルがヤミをサポートして助けるという、息が乱れる間もないほどの連続攻撃。

 

ヤミがランギルスを分析します。ランギルスの防御空間を何とかしないことには接近戦は無理で、攻撃をされてもフィンラルの空間魔法では防ぎきれない。

一気に決着をつけるしかない、勝負は一瞬と判断しますが、そのためにはランギルスの防御空間を打破するための手段が必要です。

 

そこで、ジャックの出番です。

ジャックの刃は、自身の“裂きたい”という欲望のために、魔法の性質そのものをジャック自身の天性の感覚によって変化させることができます。

そして今回も本領発揮!ランギルスの特異すぎる空間魔法であっても、“裂きたい”という欲求が向上して見事に切り裂くことに成功しました。

 

ジャックは「裂断魔法 デスサイズ」を、ヤミは「闇魔法 闇纏・次元斬り」を繰り出し、ランギルスの最強の盾をはがすことに成功します。

 

これにランギルスも驚きますが、防御をはがしただけで一手足りないと、即反撃に応じます。

 

フィンラルの空間魔法では攻撃も防御もろくにできないと非難するランギルス。

フィンラル自身も、自分の魔法では敵を倒すことはできないと自覚しています。

 

しかし、「仲間と一緒にランギルスを救う」という目的達成のために、フィンラルは防御を止め、ランギルスの攻撃をくらっていたジャックとヤミをランギルスの目の前に移動させます。

最強の防御がはがされた状態のランギルスの懐へ飛び込んだジャックとヤミ。

 

出典:ブラッククローバー

 

しかし、「自分の方が早い!」と確信しているランギルスですが、果たして――。

 

ブラッククローバー180話の感想

180話の感想としては、圧倒的な強さを持つランギルスの最強具合が本当ヤバいですよね。

こちらはヤミ・ジャック・フィンラルの3人がかりでもどう勝機を見つけるか大変そうだったのに、余裕で攻撃をし続けるランギルスの不敵さが邪悪すぎます。

 

空間魔法は今まで移動手段としての利用でしたけど、こうして攻撃や防御にも換えて対応するというのがバリエーション多くてすごい展開ですよね。

 

最終的にはスピード対決となりましたね。ランギルスは余裕に心がくらんでいるので、天性の才能を発揮しているジャックと冷静なヤミが一枚上手で優っているのではないかと思うのですが…。

181話ではこの戦いがどうなるのか、楽しみですね!

 

 

スポンサードリンク

ブラッククローバー最新話181話の予想・ネタバレ

ここからはブラッククローバー最新話181話の予想とネタバレをお伝えします。

 

ブラッククローバー181話予想:大接戦の行方

ヤミ・ジャック・フィンラルVSランギルスは超接近戦となっていますが、この一撃で終わってしまうとは到底思えないのです。

仮にジャックが相当早い裂断魔法を放ったとしても、ランギルスにはまだ奥の策が残っているような、そんな表情です。

 

そして、フィンラルは防御を解いてまでヤミとジャックをランギルスの目の前に移動させましたから、フィンラル自身にランギルスの攻撃が届いてしまったら一発で終わりです。

ここで状況が最悪に陥らなければ…とは思うのですが、どうなるか。

 

ブラッククローバー181話予想:フィンラルが覚醒する

ここまでの戦いで人間側が覚醒して強くなっているので、フィンラルが今回のランギルス戦で覚醒するのは十分にあり得ます。

今まででいうと、フエゴレンは精霊・サラマンダーを味方につけ、ノエルは母の様に鎧をまとった姿に覚醒しました。

アスタも新しい剣術の使い方をマスターできたかと思うので、今回はフィンラルがレベルアップする戦いとなるのではと期待します。

 

実際はランギルスの攻撃が一歩早く、防御を解いているフィンラルを立て続けに攻撃が襲ってしまいます。

そこでフィンラルは窮地に陥るのですが、ランギルスを助けたいという想いが力となって覚醒を導くのでは?と予想します!

 

ブラッククローバー181話予想:ランギルスが自分の意識を取り戻す

今のランギルスにはラトリが転生しているのですが、ラックのときやシャーロットのときの様にランギルスの魂がなお残っている可能性もあるので、ランギルスが意識を取り戻したら抵抗できるかもしれません。

 

兄を異常なまでに毛嫌いしているランギルスですが、今のフィンラルはランギルスを救おうとするただ一心のために動いているので、その気持ちが少しずつランギルスに届いていくのではないでしょうか。

 

ラトリの執着心は相当なものですが、兄弟の深い絆には敵わないはず!

兄フィンラルの想いがランギルスの心を癒し、意識を取り戻してさらなる反撃に出ると予想します。

 

 

スポンサードリンク

ブラッククローバー181話ではフィンラルとランギルスの関係がさらに浮き彫りに?

フィンラルとランギルスの兄弟関係が上手くいくきっかけがあればこの戦いも終わるかもしれませんが、さらなる過去が浮き彫りになっていく可能性もありますね。

今までの二人の確執を見ていきましょう。

 

出典:ブラッククローバー

 

フィンラル・ルーケライスはもともと貴族ヴォード家の長男でありながら、名字を「ルーケライス」と改め、黒の暴牛の運び屋として活動しています。

一方ランギルス・ヴォードはフィンラルに代わってヴォード家の当主となり、さらに金色の夜明けの副団長という面もあります。

 

ランギルスは幼い頃から勉強も運動も魔法もフィンラルを優に抜くほど才能が高い少年でした。

一方でフィンラルはそこまでの能力がなく、両親からはことごとくバカにされます

 

しかし、ヴォード家の許嫁であるフィーネスが「フィンラルの方が優しい騎士」と言った際に、ランギルスは相当に怒ります。

どうやらランギルスは、自分の能力しか見てくれない両親に気づいていて、一方で兄フィンラルには友人が多く両親以外に評価してくれる人が多いことに不満があったのです。

 

ランギルスはフィンラルに勝つことだけが両親に愛される唯一の手段と思い込み、そのプレッシャーと、フィンラルへの周囲の評価から、フィンラルを憎むようになりました。

しかし、いつも変わらずにランギルスに優しくするフィンラル。

ますます嫌いになるランギルス。

その繰り返しだったのです。

 

ロイヤルナイツ戦では、「母親は違うけどオレ達は兄弟だ」とランギルスを制止しようとするフィンラルに対し、ランギルスは容赦なく倒そうとしましたね。

この頃には既に、同じように他者を憎むラトリと同調してしまい、今のような状況になってしまったのでしょう。

 

やはり、ランギルスを制するには、どこまでも優しいフィンラルがとにかく守ろうとする意志を伝え続けるかどうかにかかっていると思います。

フィンラルの想いが届くといいのですが…。

 

スポンサードリンク

まとめ

ブラッククローバー最新話181話のネタバレ・予想・考察を180話までの状況を含めて紹介しました。

ラトリが転生し、さらなる強さを発揮しているランギルスをどうやって抑え、制するのか。

やはり兄弟であるフィンラルにしかこれはできない役目ですよね!

この戦いがどういう風に幕を閉じるのか、楽しみですね!

 

スポンサードリンク

友だち追加

LINE@で最新情報配信中!

-ブラッククローバー

Copyright© スイッチ漫画! , 2019 All Rights Reserved.